BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

引き続き梅雨前線の活動が活発で、
前線の近傍は大気の状態が不安定で雨雲が発達しやすくなっています。
けさ8時すぎには鹿児島県の南大隅町で1時間に113ミリという記録的な豪雨を観測しました。

前線の活動はこのあと一旦小康状態になりますが、
九州南部から本州の南海上にべったり張り付いたままで、
特に九州南部では激しい雨が降りやすい状態が続きます。
大雨による水害や土砂災害には十分ご注意下さい。

午後から青空

午後から青空

危険なにんじん雲 (国交省レーダHP 08:00)

危険なにんじん雲 (国交省レーダHP 08:00)

九州南部のキンクで雨雲発達

九州南部のキンクで雨雲発達

No Comments :(