BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

梅雨前線は引き続き本州の南岸~九州南部を横切る形で停滞。
鹿児島県内はきょうもぐずついた天気で、断続的に激しい雨となりました。
しかし昨日に比べると幾らか小康状態で、飛行機は無事に飛びました。

朝から強い雨 (屋久島安房川)

すごい密度

前線すこし南下

梅雨前線の活動は引き続き活発な状態で、九州ではきょうも断続的に激しい雨。
また未明には和歌山県内で猛烈な雨を解析しました。
その活発な雨雲が移動して来て、関東地方も午前中は梅雨空となりました。

02時40分和歌山県で記録的短時間大雨
すさみ町付近で約110ミリ
02時50分和歌山県で記録的短時間大雨
古座川町付近で約110ミリ
串本町付近で約110ミリ

熊本県内で雨雲発達

屋久島も雨雲の中

前線への暖湿流続く

梅雨前線の活動が活発化して、九州南部で激しい雨。
特に鹿児島県内には夕方から活発な雨雲がかかり、薩摩川内市では猛烈な雨。
梅雨後半、末期は大雨シーズンとなるので警戒が必要です。

【最大1時間降水量】
1 鹿児島県 八重山 80.0mm/h (18:51) [観測史上1位の値を更新]
2 鹿児島県 中甑 78.5mm/h (17:32)
3 鹿児島県 溝辺 63.5mm/h (19:07)

九州南部で雨雲発達

前線位置は変わらず

梅雨前線は九州南部を横切り、屋久島種子島では断続的に激しい雨。
一方、前線から離れた地域では晴れて気温が上がりました。
大阪府豊中市で33.3℃、群馬県館林市で32.8℃など

晴れてますが

警報級の大雨予告

前線は九州南部をうろうろ

きのう関東~四国に激しい雨風をもたらした低気圧は東海上に退散。
太平洋側は雲が多いものの陽射しも戻りました。

きょうは沖縄で梅雨明けが発表されましたが、梅雨前線の活動は依然として活発で、
けさ未明には種子島・屋久島地方で70mm/hを超える猛烈な雨を観測。
引き続き局地的な大雨には警戒が必要です。

山に登りたい (奥多摩町)

前線南下

梅雨前線上を低気圧か通過し、太平洋側の各地で激しい雨、
和歌山県内などでは局地的に猛烈な雨となりました。
静岡県内の大雨により東海道新幹線は東京~新大阪間で運転見合わせ。

【最大1時間降水量】
1 和歌山県 日置川 89.5mm/h (10:05) [観測史上1位の値を更新]
2 和歌山県 西川 84.5mm/h (10:17) [観測史上1位の値を更新]
3 静岡県 静岡 67.0mm/h (13:51)

24時間雨量は和歌山県古座川町(西川観測所)で433.5mmに達しました。

関東首都圏も午後は横殴りの激しい雨となり台風さながらの天気。
羽田発着の飛行機のダイヤも大きく乱れました。

雨雲が発達

嵐過ぎ去り

暖湿流が集中

きのう関東に雨を降らせた低気圧は東に抜けて、また青空が戻りました。
沖縄は梅雨空で激しい雨となりましたが、北海道~九州は陽射したっぷりで気温上昇。
京都や名古屋で34.0℃の猛暑日手前、東京都心も30.5℃まであがりました。

天気回復

低気圧は東の海上へ

梅雨前線上に発生した低気圧が発達しながら東海沖を北上、
関東南部は昼過ぎから雨雲がかかり、ひさしぶりに本降りの雨となりました。
北寄りの風も強まり、半袖だとかなりひんやり。
その他の地方は今日も晴れておでかけ日和でした。

昼から本降りの雨

前線上の低気圧発達

きょうも沖縄は終日梅雨空でまとまった降水になりましたが
その他のエリアは高気圧に覆われてカラッとした晴天。
大気の状態が安定して、にわか雨もありませんでした。

ここまで雨が降らないとなると、梅雨入りの時期を訂正した方がよいのでは

おでかけ日和

気象予報士会

安定した晴天

きょうも東・西日本は前線北側の晴天エリアで、静岡市で33.5℃まで上がりました。
寒気の影響で東北や北関東では局地的に激しい雷雨となりましたが
東京都心はお湿りはなく晴天が続いています。

晴天続き

快適な気温

前線位置変わらず

梅雨前線は引き続き沖縄付近に停滞中。
関東から西はきょうも梅雨の晴れ間で半袖の陽気。
北日本は寒気を伴った低気圧の影響で雨や雷雨となりました。

梅雨なのに (東京大手町)

北日本に低気圧接近

きょうも沖縄は梅雨前線が横たわり激しい雨となりました。
北~西日本は陽射したっぷりでカラッとした晴天です。
北海道と福島県内で局地的に雷雲が発生しました。

梅雨なのに

見上げれば

梅雨はまだ北上せず

沖縄は梅雨空で、発達した雨雲により断続的に激しい雨となりましたが
その他のエリアは高気圧に覆われて梅雨の晴れ間となりました。

関東だけは例外で、高気圧の鞍部(風の収束部)に豆低気圧が発生し雨雲が増殖。
こちらは梅雨の雨ではないのですが、梅雨らしい空模様となりました。

雨雲下のスカイツリー

梅雨前線は南下中

きょうは日本海の寒冷低気圧の影響で、
北陸や東北、北海道で雨や雷雨となりましたが、
関東以西はあまり雨雲がかからず夏空となりました。

低気圧に向かって南風が吹き込み、各地で気温も大幅上昇!
和歌山県新宮市で33.2℃、東京練馬で32.1℃など真夏日となりました。

雨雲の帯が通過

きょうも青空

健康気象アドバイザー認定講座

寒気を伴った低気圧

東・西日本は南海上に中心を持つ高気圧に覆われて、もう梅雨の中休みです。
東京都心の最高気温は28.1℃でしたが、最小湿度が50%と高めで、
体感的には先週よりもムシムシするようになってきました。

上空の寒気の影響で、夕方からは関東北部で雷雨、北日本も天気が崩れました。

夏の暑さ (白金高輪)

寒気で不安定

昨日一斉に梅雨入りした中国~関東地方ですが
近畿・東海は傘の出番で、東北・北海道も別の低気圧で雨となったものの

山の影となる関東は雨予報に対して青空が広がりました。
梅雨時期の予報はあたらなくて、手直しが多くなるためほんとに困ります。

青空覗く多摩川

梅雨空ではなく夏空

二つの要因で雨

きょうは九州地方と山口県で梅雨入りが発表されました。
九州南部は平年より6日遅く(昨年に比べて13日遅い)、
九州北部(山口県含む)は1日遅い梅雨入りとなりました。

天気崩れなし(東京 大手町)

高気圧退散中

きょうも高気圧の圏内で、東北を除いてほぼ青空の1日。
空気がカラッとして、陽射しの割にはあまり暑さは感じず。
ただ上空寒気の影響で、関東南部では夕方から雷雲が発達し
都心を含めて激しい雷雨となりました。

日中は晴天

夕方から大気不安定

都心で激しい雨

まだ高気圧の圏内

きょうも昨日と大差のない気圧配置で
東北や北日本ではぐずついた天気となったものの、
東~西日本は陽射したっぷりで絶好のお出かけ日和でした。

清々しい青空 (川崎市)

バイオクリマ研究会の総会

昨日と変わらず

梅雨前線は引き続き沖縄付近に停滞。
東~西日本はきょうも高気圧に覆われて穏やかな晴天でした。
湿度が低くカラッとした爽やかな空気でした。

来週にはいよいよ梅雨入りが近づいてくるので
この晴天を有効に使いたいところです。

さわやかな1日(大阪 枚方市)

緑を生かした街づくり

快適暮らし方セミナー

北日本は天気ぐずつく

上空寒気による雷雲は、けさにかけて東北に移動。
北日本中心に日中は雨が続き、沖縄も梅雨空となりました。

東・西日本は気持ちの良い晴天。
空気が入れ替わり清々しい青空が広がりました。

快適な晴天

寒冷L 動きゆっくり

日本海には上空に-21℃以下の寒気を伴った低気圧があり大気は不安定。
夕方からは西日本で発達した雷雲が南下。
東京都心でも昼過ぎは雨雲急発達で天気急変となりました。

発達した雨雲が通過

午前中は青空

都心も天気急変

寒冷低気圧

上空には寒気が流れ込んで大気が不安定となり
夕方以降は山陰から北陸にかけて雷雲が発達しました。
長野県聖高原では49.0mm/hで観測記録を更新する激しい雨。

夜から雷雲発生

AIのシンポジウム

お世話になった方の送別会

上空寒気で不安定

きょうも高気圧に覆われて各地で晴天。
島根県津和野市では35.1℃で猛暑日! その他全国277地点で真夏日に。
60地点で5月としては最も高い気温になりました。

晴天の東京駅

取引先と懇親会

南から高気圧に覆われる

きょうは北日本も含めて全国的に青空となり
夏の陽射しがどっぷり降り注ぎました。

気温は西に行くほど高まって、九州では軒並み真夏日となり
大分県竹田市は33.1℃で5月の新記録となりました。

日中は陽射したっぷり

上空寒気いったん抜ける

きょうも北日本では寒気の影響が残りぐずつき気味。
一方関東から西は晴れて気持ちの晴天となりました。
昼間の陽射しは夏仕様ですが、夜は半袖だと涼しいです。

今週は高温予想

役満あがって大勝

移動性高気圧

日本海の寒冷低気圧は北日本に接近、
それに伴い雨雲も北日本に移動し、東北や北海道を中心に雨。
関東から西の地方は爽やかな晴天でお出かけ日和となりました。

まだ不安定な雲

気持ちよい青空 (東京 大手町)

寒冷渦近づく

低気圧の雲がかかり、関東は朝から強い雨。
その雨はいったん昼過ぎに止んだものの、
日本海にある寒冷低気圧の影響で、本州中部~東北で雨雲発達。
北陸や東北でも強い雨となり、各地で発雷も検知しました。

雨雲の中 (東京 大手町)

東北や北陸で雨雲発達

寒冷Lの渦巻き

南岸Lと寒冷L

前線帯に相当する帯状の雨雲が本州に沿ってかかり
本州中部エリアを中心に雨模様となりました。

関東は山の影となり天気の崩れは小さめで、都内では雨はぱらつくのみ。
最高気温は24℃止まりだったものの、湿度が70~80%あってやや蒸し暑さを感じました。

気象学会開催中 (東京 参宮橋)

梅雨の走り?

気圧の谷の影響で雲が増えて気温の上昇は落ち着いてきていますが
湿気が多くなり若干蒸し暑く感じます。

雲多めで暑さ和らぐ

西から下り坂

きのうよりは若干気温は下がりましたが
引き続き陽射したっぷりで群馬県や福島県中心に厳しい暑さ。
群馬県館林市は34.2℃で2日連続の全国トップとなりました。

よいお天気でした

高気圧エリアは東へ

きょうも南海上に中心をもつ高気圧に覆われて、梅雨の沖縄と道北を除いては晴天。
群馬県館林市では35.3℃の猛暑日、東京都心も30.9℃で今季初の真夏日となりました。

前線北側なのでカラッとした暑さではあるものの、
まだカラダが馴化せず運動会シーズンということで熱中症のリスクが高いです。

晴天続く

南風で昇温

きょうは移動性の高気圧に覆われて全国的に晴天。
大気も安定してにわか雨のところもありませんでした。
陽射しは夏仕様なので、大分県日田市で31.5℃、北海道の女満別で30.8℃など
道東地方はフェーン現象も重なりかなり気温があがりました。
空気は乾燥しているので、まだ過ごしやすいですが…

気象研究所のシンポジウム

フェーズドアレイレーダー

久しぶりのつくば市

夜は会社テニス

全国晴天域

上空の寒気の影響で、関東地方は朝から大気が不安定。
平野部のあちこちで雷雲が湧いて、昼過ぎは首都圏でも激しい雷雨となり
横浜市日吉で33.5mm/hなどを観測。
出張先の大阪など、名古屋以西は快晴でした。

朝から雲が発達 (横浜市内)

大阪は視界良好

首都圏で激しい雷雨

関東以外は晴天

梅雨前線は沖縄を通って本州南岸に停滞。
関東から見ると高気圧の中心が北に偏る「北高型」の気圧配置で
終日どんよりした天気で気温も20℃に届かず。
上着がないと少し肌寒いくらいの陽気でした。

陽射しはお休み (東京 銀座)

ひんやり空気のエリア

梅雨前線の活動が活発化して、沖縄は昨日より断続的に強い雨。
未明には国東村で60mm/hの非常に激しい雨を観測。
北日本はきょうも不安定が継続し局地的に強い雨となりました。

緑の遊歩道

前線に伴う雨雲

大勢は変わらず

きょうも動きの遅い寒冷低気圧の影響で北日本中心に大気が不安定。
東北や北海道では雷を伴った雨となり、関東も終日雲が多めでしたが
西日本は晴れて気温も上がりました。

どんより (東京 新大久保)

上空寒気通過中

1月に沖縄からスタートしたサクラ開花前線は、本日ようやく釧路に終着。
その道東では記録的な低温となり、上標津では-0.3℃で冬日となったほか
日中も5℃前後までしかあがらず、札幌市で20.5m/sなど暴風も吹き荒れました。

西日本は陽射しかあって暖かくなりましたが、
東・北日本は寒気の影響で雲の多い天気でした。

雲が取れず

寒気を伴った低気圧

九州地方に激しい雨を降らせた雨雲が東に移動し
きょうは東北~近畿にかけてまとまった雨となりました。
寒冷前線に対応する発達した雨雲が通過し、沖縄でも激しい雨に。
沖縄では平年より4日遅く、奄美地方では2日早く梅雨入りが発表されました。

関東は1日中雨

雨雲は東日本へ移動

九州にのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定。
特に九州南部で雨雲が発達し、鹿児島県内では猛烈な雨を観測しました。

【最大1時間降水量】
1 鹿児島県 中甑 107.5mm/h (14:26) [観測史上1位の値を更新]
2 鹿児島県 阿久根 66.0mm/h (18:28) [5月の1位の値を更新]
3 鹿児島県 川内 58.5mm/h (17:03) [5月の1位の値を更新]

九州で雨雲が発達

テーパリングクラウド

取引先と決起会

前線に向かって暖湿流

きょうは低気圧が東の海上に抜けたものの
北海道には寒気を伴った別の低気圧が居座ったまま。
全国的に西よりの風が強まり、東北の日本海側や北海道ではシグレました。

関東から西の地域は陽射しが戻り気温もあがりましたが
大気が不安定となり、関東や近畿・山陰などの一部でにわか雨あり。

青空戻る

都心の夕暮れ

AI・IoTの展示会

寒気の影響でしぐれ気味

きょうは低気圧の通過により、関東地方は朝方まで雨。
しかしその後も気圧の谷が残り、東北~九州ではしぶとく雨が残りました。

東京都心は17℃前後しかあがらず、平年比5℃ほど低温になり
上着なしではすこしひんやり感じます。

あいにくの雨

気圧の谷が通過

東北地方で強い西風が吹き荒れて、東北~関東北部で山火事が相次ぎ
宮城県栗原市では民家など11棟を全焼したほか、
岩手県釜石市、福島県会津坂下町、栃木県那須町などでも火災が発生しました。
山越えのフェーン現象による強風と乾燥が原因でした。

また気温もあがって、静岡市、甲府市、館林市で31.4℃の真夏日となりました。

【各地の最大瞬間風速】
1 青森県 八戸 31.1m/s 西 (08:46)
2 岩手県 新町 28.4m/s 北西 (10:48)
3 宮城県 白石 27.8m/s 西北西 (12:27)

ベトナム上空の積乱雲

黄砂で霞み気味 (千葉県成田市)

東北で西風強まる

前線の雲は順調に南下して晴天が戻りましたが、
西風にのって大陸から黄砂がやってきました。

また北・東日本中心に上空寒気の影響で大気が不安定となり、
北日本では一部で雨、関東北部も午後は夕立ちがありました。

21時の黄砂実況分布

晴天のシンガポール

各地天気回復

沿海州の低気圧から延びる寒冷前線が日本列島を通過。
日本海側の各地を中心に雨雲がかかり雨もようとなりました。
また、沖縄はきょうも発達した雨雲がかかり局地的に激しい雨となりました。

なお、この低気圧の通過後は西風にのって
日本付近に黄砂が飛来する予想となっていますのでご注意ください。

前線に沿う雨雲

あす黄砂飛来か?

連日のスコール

前線通過で天気崩れる

きょうは西から天気は下り坂で九州北部で雨が降り出しましたが、
全国的にはまだ高気圧エリアの晴天でこいのぼりも気持ちよく泳げました。

沖縄本島では湿った空気の影響で大気が不安定となり、
局地的に雨雲が発達し、名護市西部では局地的に60mm/hの激しい雨を解析。
名護市と大宜味村では川が増水し、行楽客など54人が一時対岸に取り残されました。

滞在中のマレーシアも夜は激しい雷雨となりました。

お昼はよい天気 (マレーシア)

まったりな休日

西から下り坂

西日本の太平洋側は湿った空気の影響で天気がぐずつきましたが
その他のエリアはまだ高気圧の勢力下で五月晴れとなりました。

北日本でさらに気温が上がり道東では気温が30℃を超えの真夏日!!
沖縄よりも暑くなりました。

【最高気温ランキング】
1 北海道 置戸町 31.2℃ (14:26)
2 北海道 美幌町 31.1℃ (13:38)
3 北海道 女満別 30.3℃ (13:11)

休暇で南の国へ

南国らしい雲

虹もお出迎え

高気圧はゆっくり退散中

高気圧の中心は東海上に抜けつつあるものの、まだ勢力圏内。
東日本は上空の薄雲は広がったものの、天気の大きな崩れはありませんでした。

暖かく湿った空気がぶつかり、四国や九州の南東斜面は雨雲発達で雨模様。
博多どんたくの福岡市内では昼過ぎから天気急変で雷雨。
北日本では一気に気温上昇、釧路市阿寒町では28.4℃で沖縄に次ぐ暑さとなりました。

関東は薄雲り

高気圧中心は東海上へ

きょうは大気の状態も安定して、終日気持ちよい青空が広がりました。
九州など西日本では25℃を超えて夏日の所も多かったですが
東京都心は23.3℃で湿度20%はカラッとして心地よい陽気です。
この晴天は2~3日持ちそうなので、連休後半も絶好のお出かけ日和となりそうです。

グリーン並木

移動性高気圧

きょうは上空にこの時期としては強い-24℃以下の寒気が通過。
あさ北陸地方にあった雷雲が、昼過ぎには関東地方でも増殖して、
各地で春雷が轟きましたが、1~2時間で止んで再び青空が戻りました。

線状の雷雲が通過 (14:00)

発雷も多数

-24℃の寒気トラフ

雨のあと

寒気トラフが通過