BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

雨の範囲はすこし狭まり、関東南部の雨はいったん小康状態。
陽射しは西日本の日本海側と北日本の一部のみですが
東京都心は17.0℃まであがり真冬の寒さはすこしだけ解消。

台風21号は超大型に成長して、さらにパワーアップ中。
各地で記録的な大雨となるおそれもありそうです。

きょうも雨雲の下

台風の警戒時間帯

太平洋高気圧の縁を進む

台風北上中

きょうは南岸低気圧の影響でまた冷たい雨降りの一日。
東京都心は終日雨となり、最低気温は9.9℃と10月中旬としては31年ぶりの低温。
日中の最高気温も12.3℃と12月中旬並みの寒さ。
季節の前倒し現象や極端化が一層顕著になっている感は否めません。

終日冷たい雨 @新宿

前線上を低気圧が通過

関東~近畿にかけては久しぶりの青空となり、
たまった洗濯物を一気に解放すべき1日となりました。

早くも西から天気は下り坂で、午後からは再び雲が増量。
夕方からは西日本全域で雨が降り出しました。
台風21号の通過後まで、また長ーい雨のトンネルに入りそうです。

束の間の青空

いったん前線南下

東・西日本の太平洋側にかかっていた前線の雨雲は南下して
太平洋沿岸で降っていた冷たい雨もようやく止みました。
東京都心は5日ぶりに陽射しが戻ってきました。

きょうは北日本も低気圧が近づき、天気はぐずつき模様。
寒気に覆われて冷え込んでいるため、釧路や旭川では早くも初雪となりました。

初雪:旭川(平年比-6日)、釧路(-24日)

ひさしぶりの陽射し

気圧配置に変化なし

きょうも本州の南岸に停滞する前線の影響で東・西日本でシトシト雨。
東京都心の最高気温14.3℃は夜中に記録したもので
日中12℃台で推移というのは、なんと12月中旬並みの寒さ。

きょうも雨、雨…

前線位置変わらず

東・西日本は秋雨前線の影響で雨雲がべったり、しとしと雨降りの一日。
先週までのお出かけ週末からは一転してインドアな休日です。
陽射しは東北北部と北海道のみで、洗濯物もたまってしまいます。

すこし色づきも

前線に伴う雨雲の帯

北高型+前線停滞

沖縄中心に記録的な暑さをもたらしている夏の空気と
大陸から張り出す冷たい初冬の空気が日本付近でがちんこのぶつかりあい。
この先しばらくは前線が停滞して、ぐずついた天気&低温が続いてしまいそうです。

どんより (大阪御堂筋)

季節間の争い

季節を隔てる前線が太平洋側まで南下し、一夜にして夏日から初冬へ切り替わり。
東京都心は午前0時が最も気温が高く、昼にかけて右肩下がりに急降下。
日中は15℃台で推移して一気に11月下旬の肌寒さとなりました。
日本海側に停滞していた雨雲も南下して、関東は終日冷たい雨に…

冷たい雨 (新大阪駅)

前線南下で季節前進

秋雨前線の影響で日本海側を中心に雨となりました。
北日本には冷たい空気が流れ込み、道東の三国峠などでは積雪して早くも冬景色。
夕方には前線南側の関東でも、大気が不安定になりにわか雨となりました。
あす以降は前線帯が停滞して、しばらく陽射しがおあづけになってしまう地域が多くなりそうです。

少しずつ秋色へ

きょうで青空とはお別れ?

前線後面から寒気流入

東北地方は前線が横切って雨となり、おうし座流星群はおあづけでしたが
関東から西の各地は陽射したっぷりで気温も上昇。
東京都心は28.6℃まで上がり、ひと月前くらいの汗ばむ陽気で
京都、甲府、岐阜、高知などでは真夏日となりました。

夏空の那覇市内

これから帰ります

前線が東北を横断

北日本には前線がかかり道北中心に雨のところもありましたが
きょうも移動性高気圧に覆われて東~西日本ではお出かけ日和でした。

滞在中の沖縄は、10月とは思えない記録的な暑さが続き
与那国島で33.9℃、多良間島と下地島で32.8℃は10月の記録を更新。
高気圧の縁にあたり東風が強めで波も高めでした。

シーサーも暑さでぐったり

ビーチも眩しい

高気圧が優勢

きょうは高気圧に覆われて全国的に秋晴れ。
関東から西では多くの地点で夏日となり、一部では真夏日となりました。

各地で運動会などのイベントが行われていますが
朝晩の気温差や熱中症には気を付けましょう。

積雲並ぶ多良間島

夏空の竹富島

移動性高気圧

低気圧に伴う雨雲は北日本に移動。
また本州の内陸部も寒気の影響で夕方からは不安定な天気。

東京都心の雨は未明までで、昼から天気は回復。
きのうは11月下旬並みの肌寒さだったのが、平年並みの22℃台に持ち直し。
このところ記録的な高温が続いている沖縄地方ですが
那覇市では33℃に達して、10月としては観測史上最高の気温を記録。

夕暮れの高積雲

北日本で雨

北日本の寒気は抜けつつありますが
けさは放射冷却が強まり北海道釧路の川湯では-2.2℃まで下がりました。

移動性高気圧の中心は日本の東に移動していき
西からは気圧の谷が接近して天気は下り坂。
夜には四国や中国地方で雨雲が広がりました。

都心は秋晴れ

上層雲は下り坂のサイン

高気圧通過中

西高東低の冬型の気圧配置となり北~東日本には寒気流入。
北陸からの北の日本海側ではしぐれ気味の天気。
東海から西の太平洋側は陽射したっぷりで、夜は中秋の名月も。

秋の色付き (九州大)

呼子烏賊のランチ

海風強め (福岡県糸島市)

一時的に冬型

一連の気圧の谷は離れつつあるものの
寒気の流れ込みもあって日本海側ではしぶとく雨が残りました。
東~西日本の一部では陽射しが出ましたが、雲は多めで回復は遅れました。

陽射し戻る (佐賀県唐津市)

二段構えの前線

きょうは西から低気圧や前線が接近し、広い範囲で雨模様。
湿った空気の流れ込みにより、九州などでは局地的に激しい雨となりました。

まとまった雨雲

関東も下り坂

深い気圧の谷

秋晴れの週末をくれた移動性高気圧は東へ移動、
西から天気は下り坂に向かい午後から雲が増えてきました。

山の上は早くも冬支度といったところですが
10月はひと雨ごとに季節が前進となりそうです。

アルプスは早くも最盛期

遠くに富士山を拝んで

高気圧は東へ退散

9月最後の週末は移動性高気圧に覆われて秋晴れのところが多くなりましたが
東北地方は寒気を伴った気圧の谷の通過により、雷雨となりました。

太平洋側で雲多め

昼から青空に

秋の移動性高気圧

低気圧の通過により大気の状態が不安定。
関東南部では発達した雨雲が通過し
局地的に猛烈な雨で浸水被害や交通機関に影響。

【最大1時間降水量】
1 千葉県 大多喜 91.0mm/h (07:26) [観測史上1位の値を更新]
2 神奈川県 三浦 87.0mm/h (05:40) [観測史上1位の値を更新]
3 静岡県 天城山 81.5mm/h (04:53) [9月の1位の値を更新]

06時20分千葉県で記録的短時間大雨
富津市付近で約100ミリ

07時30分千葉県で記録的短時間大雨
いすみ市付近で約100ミリ
大多喜町付近で約100ミリ

三浦・房総で猛烈な雨

スカイツリーも雲隠れ

深い気圧の谷

きょうも高気圧に覆われて全国的に晴天基調。
湿った空気の影響で四国や東海の一部では局地的ににわか雨となりました。
あすは西から天気が下り坂となりそうです。

大山から伊勢原の眺め

阿夫利神社でお詣り

高気圧圏内

きょうは大陸からやってきた移動性高気圧に覆われて
東~西日本の太平洋側含めて全国的に秋晴れ。
ただ上空の寒気の影響で、関東や北海道の一部で夕立ちがありました。

やや不安定な空

茨城県内で激しい雷雨

前線はやや南下

南岸に停滞する秋雨前線の影響で、九州~関東の太平洋側で雲が多い天気でしたが
その他は全国的に秋の晴天に恵まれてお出かけ日和となりました。

雲が多めでムシムシ (荒川自然公園)

移動性高気圧

関東南岸の低気圧は次第に東の海上に離れ、雨は朝のうちに止みました。

天気図上にはないですが、北日本は寒気を伴った気圧の谷が通過し
北海道では大気の状態が非常に不安定となり激しい雷雨となりました。
石狩市では20時40分までの1時間に40ミリの雨を観測したほか
札幌市では月寒川が一時氾濫危険水位をこえ住宅浸水などの被害も。

吉野先生を偲ぶ会

低気圧は東へ

本州の南海上に横たわる秋雨前線上を低気圧が東に進み
九州南部で降っていた強い雨域も次第に東に移動。
関東は高気圧後面の暖湿流の影響もあって、昼過ぎからにわか雨となりました。

関東でも強い雨

南岸を進む低気圧

きょうは北日本で降っていた雨もあがって
移動性の高気圧に覆われて晴れたところが多くなりました。

ただし秋雨前線に近い九州では
九州南部から奄美にかけては局地的に強い雨となりました。

秋の装い

新宿も快晴

横たわる秋雨前線

台風18号から変わった低気圧はオホーツク海で行き止まりとなり停滞。
それに巻き込まれる形で、日本海からは渦を巻く規模の小さな低気圧が近づき
そこからのびる寒冷前線のような雨雲の帯が北~東日本を通過。
日本海側を中心ににわか雨や雷雨となりました。
関東から西の太平洋側もどんより雲の多い天気でした。

胴体がスカスカ(台湾西岸)

宮古島上空で沸く雲列

北日本の寒冷渦

気圧の谷が通過

台風18号は昨夜21時に温帯低気圧となって北海道の北に出ましたが、
またもや行く手をブロックされ、オホーツク海で停滞気味に。
全国的に天気は回復しましたが、北日本は夕方ころまで風が強い状態が残りました。

コロンボの街並み

スリランカ上空

北日本で強風

台風18号は日本海で再び勢力を盛り返し暴風域も復活。
発達した雨雲と暴風域を伴って北海道に再々上陸し縦断しました。

南東風が吹き込んだ北海道の十勝地方で記録的な大雨となり、
広尾郡大樹町で85mm/h、3時間169mmは観測史上最大。
青森県八戸市では最大瞬間風速41.7m/sの猛烈な風。

台風が持ち込んだ熱帯の空気で関東・東海は気温上昇。
静岡県清水市や茨城県水戸市、土浦市で34.5℃を記録。

02時10分山梨県で記録的短時間大雨
富士山西部付近で約100ミリ

未明は関東~東北で激しい雨

稚内に到達

ようやく陽射しの南国

波が高めのアラビア海

台風は温低化で再発達

台風18号は11時30分頃に鹿児島県南九州市付近に上陸。
その後は西日本を縦断する形で兵庫県明石市付近に再上陸しました。

台風本体の発達した雨雲がかかり、西日本各地で局地的に猛烈な雨となりさ
宮崎県田野では降り始めからの降水量が600mmを超える大雨。
河川の氾濫や人的被害が相次ぎました。
暴風も吹き荒れ、高知県室戸岬で47.8m/sを観測。

【最大1時間降水量】
1 兵庫県 家島 91.0mm/h (20:37)
1 三重県 尾鷲 91.0mm/h (15:30)
3 大分県 宇目 89.5mmm/h (14:17) [観測史上1位の値を更新]

09時大分県で記録的短時間大雨
佐伯市佐伯付近で約110ミリ
佐伯市鶴見付近で約110ミリ
佐伯市米水津付近で約110ミリ

20時40分兵庫県で記録的短時間大雨
たつの市付近で約110ミリ

21時30分京都府で記録的短時間大雨
京丹後市網野付近で約90ミリ
22時京都府で記録的短時間大雨
宮津市付近で約90ミリ
与謝野町付近で約90ミリ
22時30分京都府で記録的短時間大雨
京丹後市丹後付近で約90ミリ
伊根町付近で約90ミリ

中心北側に活発な雨雲

近畿地方も猛烈な雨

モンスーンで雨 @南アジア

九州南部に上陸

台風18号は引き続き東シナ海をノロノロ運転。
秋雨前線の活動が活発化し、西日本の太平洋側で雨脚が強まりました。
東京都心も夕方から雨が降り出しました。

秋雨前線の先行降雨

天気下り坂でどんより @千葉県上空

沖縄近海のかなとこ群

東シナ海を東進

台風18号は非常に強い勢力で宮古島地方に接近。
宮古島では雨風が激しく、下地島で50.9m/s、宮古島で48.3m/sを観測。
ノロノロ運転で長い時間にわたり影響が続き
日雨量は500mmを超える記録的な大雨となりました。
当初は台湾方面に向かうと考えられていた台風ですが、
日本付近に転向する予想に変わってしまいました。

東北~九州北部は陽射したっぷりで、東京都心は31.2℃の真夏日。

【24時間最大降水量】
1 沖縄県 城辺 490.5mm (23:40) [観測史上1位の値を更新]
2 沖縄県 宮古島 447.0mm (23:40) [観測史上1位の値を更新]
3 沖縄県 鏡原 371.0mm (23:40) [観測史上1位の値を更新]

都心は残暑

肉厚に発達

宮古島の東を通過

連休中に日本に向かう予想へ

日本付近は高気圧の圏内

日本海を低気圧が進み、北海道~九州にかけての広い範囲で傘の出番。
寒冷前線の南下に伴い、近畿地方では朝方猛烈な雨となりました。

07時奈良県で記録的短時間大雨
田原本町付近で約120ミリ
広陵町付近で約110ミリ
07時10分奈良県で記録的短時間大雨
天理市付近で約120ミリ
桜井市付近で約100ミリ
三宅町付近で約100ミリ
07時20分奈良県で記録的短時間大雨
大和高田市付近で約120ミリ
橿原市付近で約120ミリ
桜井市付近で約120ミリ
07時50分奈良県で記録的短時間大雨
明日香村付近で約100ミリ

発達した雨雲が通過

あすの晴れを約束

寒冷前線が通過

きょうは前線を伴った低気圧が日本海を進み、全国的に下り坂。
西日本の日本海側から降り出した雨は、夜には東北地方まで広がりました。

特に寒冷前線に対応した雨雲により山陰地方で雨脚が強まり、
山口県や島根県で50mm/hを超える激しい雨も。

都心は雲が多め

南風で大気も不安定

西から下り坂

北日本を寒気を伴った気圧の谷が通過し、東北北部で雷雨。
沖縄も夕方は雷雲が発達し那覇で58.0mm/hを観測。
その他は高気圧の圏内で穏やかに晴れて、行楽日和となりました。
出張先の東北仙台は気温こそ28.9℃でしたが、陽射しが強くて暑さが堪えました。

仙台Koboスタにて

母校出身の松井登板で勝利

北日本を気圧の谷通過

移動性の高気圧に覆われて晴れたところが多く、お出かけ日和の週末となりました。
前線北側の秋の空気のエリアで、比較的爽やかな陽気です。

バイオクリマ研究会の会合

爽やかな晴天

きょうは前線が南下し大陸の高気圧のエリアに入って天気は回復しました。
東海地方の一部で雷雲が湧きましたが、かなり限局的でした。

先週テキサス州に上陸し大きな被害を出した「ハービー」に続いて
今度は超大型ハリケーン「イルマ」がカリブ諸国を直撃し、
壊滅的な被害が出ているところもあるようです。
日本近海も海水温がかなり暖まっている状態ですので油断できません。

天気回復の朝 (新大阪駅)

前線南下で天気回復

夏と秋を隔てる前線が南下して、東~西日本の広い範囲で天気が崩れ
局地的には激しい雨となり、福岡県耳納山で71.5mm/hなど。
東京都心の最高気温は24.0℃で平年より低め。

道路が川のように (大阪 枚方市)

秋雨前線が南下

九州南部は依然として大気が不安定で
けさは鹿児島県の屋久島で発達した雨雲が停滞し猛烈な雨。
昨日の喜界島に続いて「50年に一度の記録的な大雨」

九州南部の雨域は、午後には四国や近畿、北陸にまで広がりました。

【最大1時間降水量】
1 鹿児島県 屋久島 117.5mm/h (05:49) [9月の1位の値を更新]
2 鹿児島県 尾之間 96.0mm/h (07:13) [観測史上1位の値を更新]
3 高知県 清水 51.0mm/h (19:44)

都心は陽射しもあり

発達した雷雲が停滞

西からのびる前線

高気圧の縁をまわる湿った空気+上空寒気の影響で
九州南部~奄美地方にかけて大気の状態が不安定。

午後には喜界島で1時間110.5mmの猛烈な雨を観測、
3時間雨量も264mmに達し「50年に一度の記録的な大雨」
土砂崩れや浸水被害が相次ぎました。

14時鹿児島県で記録的短時間大雨
喜界町付近で約120ミリ
16時20分鹿児島県で記録的短時間大雨
喜界町付近で約120ミリ

奄美近海で雨雲発達

高気圧の縁辺で不安定

台風15号はスピードを上げて北海道の東海上に退散。
日本付近は高圧に覆われて晴天のところが多くなりました。
沖縄はきょうも全国トップの気温で厳しい残暑&不安定な天気。

気持ちがよい山中湖畔

BBQイベント

台風は北海道の沖へ

台風15号は父島近海でウロウロ。
前線のブロックにより台風の暖気流入は阻まれて
きょうも関東はしのぎやすい陽気です。

一時青空も

台風動かず

父島付近で滞留中の台風15号の影響で、きょうの関東は雨模様。
(父島では50年に一度の大雨)
都心の日中の気温も20℃をすこし超える程度でしのぎやすい陽気です。

今年も山登り計画を断念せざるを得ないほど、北~東日本では天候不順の8月となりました。
東京の降雨連続日数は21日間で歴代2位、降水日は27日で過去最大タイ、
日照時間は83.7時間となり、1890年の観測開始以来史上最短。

気温は顕著な「西高東低」で、高気圧が強かった沖縄では過去最高となりました。

都心はどんより

父島付近で迷走中

台風15号の外側をまわる湿った空気により
関東で大気が不安定となり局地的に雨雲が発達。
東京・埼玉県境付近では一時猛烈な雨となりました。
神奈川県丹沢湖でも63.0mm/hの非常に激しい雨を観測しました。

15時20分東京都で記録的短時間大雨
練馬区付近で約100ミリ

発達した雨雲が滞留

出張先の京都は快晴

台風+前線=大雨

現地時間25日(日本時間26日正午)に米テキサス州に上陸したハリケーン「ハービー」
猛威を振った南部を中心に浸水害や洪水被害が発生しているもようで
カトリーナ以来の被害が懸念されます。

日本の方は雨の地点も少なく比較的穏やかな天気ですが、
南海上で発生した台風15号が北上して、あす・あさってと小笠原に近づく見込み。
高波やうねり等に警戒が必要となりそうです。

残暑もひかえめ (東京大手町)

前線が顔を出すように

寒冷前線の南下に伴い、朝にかけては九州北部で激しい雨。
長崎県長浦岳で77.0mm/h、佐賀県唐津市で70.0mm/hを観測。
しかし日中は雨の範囲は縮小し晴れ間も多くなりました。

前線南側のエリアで気温上昇、静岡で38℃の猛暑、千葉県鴨川で36.7℃。

雲が多め (岡山県 吉備中央町)

大きめな南瓜

前線南下

寒冷前線の南下に伴い、北陸地方では一部猛烈な雨となりました。
また昨日の大雨で秋田の雄物川上流部が氾濫してしまい、大曲花火大会の会場も浸水。
前線の南側にあたる関東は猛暑で、千葉市で36.3℃、東京都心34.9℃など。

09時富山県で記録的短時間大雨
富山市山田付近で約110ミリ
砺波市庄川町付近で約100ミリ

厳しい残暑 (大阪市内)

時間経って出水

北陸で猛烈な雨

季節を分ける前線が南下

きょうは二十四節季の「処暑」
そろそろ暑さも収まってくる頃…なのですが、今年はいまさら残暑が戻ってきました。
横浜で35.1℃は2週間ぶりの猛暑日。都心も33.7℃、仙台も32.7℃で暑さ復活でした。

くもりベース (東京品川)

遅ればせながら高気圧パワー

きょうは寒気を伴った低気圧の影響で
日本海側中心に広範囲で大気の状態が不安定。
東北や東海、山陰などで激しい雷雨となり
愛知では落雷が原因とみられる火災も発生。

東京もひさしぶりに夏の蒸し暑さが復活、
仙台は8月に入って初めて30℃越えの真夏日になるも、連続降水日記録は更新。

不気味な乳房雲 (名古屋支店から)

雷雲の境目 (名古屋支店から)

広範囲で大気不安定

地上の湿った空気と寒気を伴った気圧の谷の影響で
東日本、特に関東地方で雷雲が発達し、局地的に激しい雨。
多摩川花火大会も中止となり、河川敷では落雷で7人が負傷。
東京はきょうで19日連続の雨…

都心方面の雷雲

アーク状のガストフロント

都心で雷雲発達

落雷も多数

寒気トラフが通過