BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

高気圧の中心は日本海にあって北偏する形。
関東地方には湿った北東気流が流れ込んで雲が多く、陽射しもないためひんやり。
その他のエリアは陽射したっぷりで穏やかな秋晴れとなりました。

どんよりひんやり

北高型

低気圧や前線の雲は東に移動し、東・西日本の天気は回復基調。
気圧配置は今季初めて?の冬型の気圧配置で日本海側には筋状の雲も。
北日本は寒気の影響で時雨れて冷たい雨に。
西日本の朝は冷え込みんで、四国の石鎚山系では霧氷で白化粧化。

天気は回復傾向 @石川県加賀地方

関東は大気が不安定

寒気が流れ込む

日本付近を南北に連なる気圧の谷が通過。
北日本から西日本、特に日本海側を中心に冷たい雨。
陽射しは東海と北海道のごく一部のみ。

北陸も終日雨

のどぐろ大好き

寒冷前線が通過

高気圧に覆われてほぼ全国的に晴天となり、気持ちのよいお出かけ日和。

関東甲信地方は北東気流の影響で曇りがちで気温はあがらず。
東京都心の13時の気温は22.9℃で、ほぼこの時期の平年並みですが
暑かった昨日と比べると10℃も急降下。乱高下で体調壊しそう…

大気が不安定 @台湾桃園市

東海以西は晴れ @木曽三川

高気圧はやや北偏

台風25号は午前3時には日本海で温帯低気圧に変わりました。
ただ雨や風の威力はそのままで、北日本は午前中を中心に大荒れの天気。
青森県八戸市で34.8m/s、登別市では24時間で126mmの大雨。

きょうは特に関東地方で気温が上がり、10月としては記録的な暑さに。。

【各都市の最高気温】
静岡市清水区 34.2℃ [10月の1位の値を更新]
茨城県土浦市 33.2℃ [10月の1位の値を更新]
神奈川県海老名市 32.7℃ [10月の1位の値を更新]

東北で暴風

胆振地方も激しい雨

きょうも夏晴れ

低気圧で北日本接近

台風25号は朝鮮半島南部を通過後、午後は日本海を北東進。
台風が熱帯の空気を持ち込み、特にフェーン現象が起こった日本海側の各地で気温上昇。
新潟県三条市では、10月としては国内観測史上最高となる36.0℃の猛暑となったほか、
全国112の観測点で、10月としての過去最高気温を記録。

陽射したっぷりの東京都心は29.3℃まであがり、昨日より10℃近くも気温アップ。

夏空の戻り

朝鮮半島に上陸

台風25号は東シナ海を北上、沖縄の雨や風のピークは越えたものの
台風の東側を取り巻く湿った空気がぶつかる、宮崎、高知、紀伊半島南東部などで雨。
関東も結構しっかりとした雨になってしまいました。

先週の台風24号通過時の塩害による送電線からの出火が相次ぎ、
京成電鉄はほぼ終日全線で運転を見合わせ。

08時58分ころ、胆振地方中東部を震源とするM5.3の地震で震度5弱の揺れ。
あすで本震からちょうど1ヶ月というところでの最大の余震。

関東も北東気流の雨

再び強い地震

東シナ海を北上

台風25号は夜に沖縄地方に最接近、渡嘉敷村では40.3m/sの暴風。
先週に引き続き2週連続の襲来で沖縄県内では2万4000戸余が停電。

また台風に吹き込む湿った空気がぶつかった宮崎県でも大雨。
24時間降水量は宮崎市田野で272mmに達し、土砂崩れや浸水被害も。

台風本体の雲がかかる

台風は沖縄へ

21号、24号と各地で記録的な暴風に見舞われた傷も癒えないまま、
早くも次の台風25号が日本列島に近づきそうで
沖縄本島地方では早くもあす~金曜日にかけて雨と風が非常に強まりそうです。

東~西日本は高気圧に覆われて、関東は雲が多めながらもまずまずの天気。
北海道は寒気の影響で大気不安定によるにわか雨。

天気下り坂の雲

今回はすこし離れて通過

高気圧で穏やか

台風24号は未明に本州中部を十分し、朝には北海道の太平洋側に達しました。
夜半から未明には関東で猛烈な風が吹き荒れ、
東京八王子市45.6m/s、羽田空港で39.6m/sなど観測史上最大の暴風を記録しました。

東京電力管内だけでも一時19万戸が停電したほか、
倒木の影響などで台風通過後の朝の交通機関も大きく乱れました。

0時10分静岡県で記録的短時間大雨
富士宮市付近で約120ミリ
小山町付近で約110ミリ
0時50分山梨県で記録的短時間大雨
富士山西部付近で約100ミリ
1時10分山梨県で記録的短時間大雨
富士山西部付近で約120ミリ
1時20分静岡県で記録的短時間大雨
富士宮市付近で120ミリ以上

関東にも発達した雨雲

数年に一度の暴風

一夜明けて

倒木も多数

こちらも (当社スタッフ撮影)

強い勢力で北日本へ

台風24号は非常に強い勢力を維持したまま九州南部を経て、
午後8時頃に和歌山県田辺市付近に上陸。

西日本各地で大雨となり、九州や四国では局地的に猛烈な雨を解析。
岡山県では西日本豪雨で災害となった小田川や高梁川で氾濫危険水位に。
夜には東海や関東でも風が強まり、首都圏の在来線は20時で運転取りやめ。

【各地の日降水量】
鳥取県鳥取市青谷 241.0mm [観測史上最大]
鳥取県倉吉市 218.0mm [観測史上最大]
愛媛県西条市 321.5mm [観測史上最大]

5時30分鹿児島県で記録的短時間大雨
屋久島町北部付近で約120ミリ

8時鹿児島県で記録的短時間大雨
南大隅町付近で約120ミリ

11時宮崎県で記録的短時間大雨
宮崎市付近で約120ミリ
日南市付近で約120ミリ
三股町付近で約120ミリ

19時愛媛県で記録的短時間大雨
新居浜市付近で約100ミリ

22時50分愛知県で記録的短時間大雨
新城市作手高里縄手上で102ミリ

23時30分静岡県で記録的短時間大雨
浜松市北部山間部付近で約110ミリ

23時40分山梨県で記録的短時間大雨
富士吉田市付近で約110ミリ
富士山東部付近で約110ミリ
富士山西部付近で約110ミリ
23時40分静岡県で記録的短時間大雨
島田市付近で約110ミリ
23時50分静岡県で記録的短時間大雨
島田市付近で120ミリ以上
藤枝市付近で約120ミリ
川根本町付近で120ミリ以上
23時50分山梨県で記録的短時間大雨
鳴沢村付近で約100ミリ

嵐の前の。。

四国瀬戸内側で猛烈な雨

スピードアップ

大型で非常に強い勢力の台風24号が沖縄本島に最接近。
沖縄県南城市糸数では56.2m/sの猛烈な風で観測記録を更新。
那覇市でも53.1m/sで大規模な停電も発生。与論島で107mm/h。奄美大島の名瀬港では灯台が逸失。

秋雨前線の活発化により東・西日本も広範囲で雨となり、
湿った空気で大気不安定の紀伊半島では発達した雨雲がかかり
和歌山県新宮市で93.5mm/hの猛烈な雨。

12時30分和歌山県で記録的短時間大雨
那智勝浦町付近で約110ミリ

台風から離れた所も激しい雨

沖縄本島 大きい目の中に

台風は勢力維持

大陸由来の高気圧に覆われて、久しぶりにすっきり爽やかな晴天となりました。
東京都心はきのうより気温が10℃程度グーンと上がって、日中は汗ばむ陽気でした。

大型で非常に強い台風24号は、あす沖縄本島を直撃しそうです。
動きが遅く長時間にわたる雨も暴風の被害が心配です。

爽やか快晴

乾いた高気圧

近畿~東北にかけて昨夜から降っていた雨の範囲は徐々に狭まったものの
東日本の太平洋側は湿った北東風が吹き込み肌寒い陽気。
仙台の正午の気温は13.3℃、東京は16.4℃で11月中旬並み。

曇天続きで人影なし

あすは晴れそうな

またもや列島縦断へ

しぶとい前線

連休が終わると同時に、束の間の晴天も終わり。
前線帯に沿うように雨雲の帯が、近畿~東北に停滞。
この雨雲帯は東に移動し、昼前からは関東でも激しい雨。
神津島で69.0mm/h、八王子市で40.0mm/hなど。

分厚い雨雲

雨雲が発達

深い気圧の谷

連休中日は西日本で薄雲が広がったものの、東~西日本はまずまずの晴天。
昨夜からの北海道の雨の範囲も次第に少なくなりました。

9月に入ってから週末はぐずつき気味の天気が続き、すっきり晴れたのはひさしぶり。
各地行楽客で大賑わいだったのでしょうか。

1時10分北海道で記録的短時間大雨
登別市付近で約100ミリ

秋分の晴天 @島根県松江市

前線はさらに南下

このところ秋雨前線がくすぶってすっきりしない天気が続いていた東~西日本ですが
北陸~近畿で降っていた雨は昼前までに止み、ようやく青空が広がりました。

一方の北日本は対照的に、低気圧が近づき雨模様に。。
地震が被災地の胆振地方では強い雨となりました。

秋の雲 @鳥取県智頭町

前線南下

秋雨前線が本州付近に横たわり、関東はきょうも終日雨、雨。
北東気流で気温はあがらず、東京の日中の気温17℃台は11月中旬並みの肌寒さ。
21時に南海上で台風24号が発生、来週末に影響の可能性も。

山陰地方にも前線の雲

秋雨前線が停滞

西から秋雨前線の活動が活発となり、東~西日本の広い範囲で雨。
関東も昼頃から降り出し、夕方以降は本降りの雨となりました。
湿った南風が入った九州で激しい雨となり、熊本では猛烈な雨も。

15時20分熊本県で記録的短時間大雨
益城町付近で約110ミリ
15時30分熊本県で記録的短時間大雨
御船町付近で約120ミリ
西原村付近で約110ミリ
山都町矢部付近で約110ミリ

広範囲で雨

都心もどんより

前線のびる

きょうは高気圧に覆われて全国的に晴天。関東の夕立ちもなしです。
西からは前線が伸びてきて、天気は下り坂。
西日本は午後から雲が厚みを増し夜には雨が降りだしました。

朝は晴天 @広島市内

琵琶湖もくっきり

全国的に晴天

上空5,000mには-6℃の寒気が居座り、きょうも関東平野では夜から激しい雷雨。
茨城県鉾田市で49.5mm/h、東京都心で38.5mm/hの激しい雨。
また17:11には茨城県南部を震源とするM4.3の地震により、埼玉県加須市で震度4の揺れ。

21時30分茨城県で記録的短時間大雨
鹿嶋市付近で約100ミリ

晴天の福山城

海風爽やか @広島県尾道市

牡蠣がプリプリ

きょうも大気不安定

高気圧勢力下でも寒気影響

きょうは北陸~九州北部にかけて雲の多い天気のほかは晴天。
ただし上空の気圧の谷の影響で大気が不安定となり
関東南部では夕方から雷雲がかかり激しい雨。
東京都世田谷で51.5mm/h、神奈川県日吉で29mm/hなど

朝は晴天@山口県宇部市

雨もぱらつく @山口県長門市

関東南部 夜は激しい雨

本州付近の前線の活動は弱まり、雨の範囲は縮小。
ただ北日本を通過した寒冷前線に対応して東北地方は夜になって広範囲で雨。
昨日は22℃止まりだった東京都心は27℃まであがり、ムシムシ感もやや復活。

フィリピンのルソン島を直撃した(今季最強のスーパー)台風22号は
強い勢力を維持したまま華南にも上陸し死傷者が多数との情報も。

東京湾の漏斗雲(?)

秋雨前線は姿消す

秋雨前線は九州北部から四国を横切る形で停滞、
四国や中国地方は湿った空気で大気が不安定、
島根県浜田市で44.5mm/hの激しい雨。

16時20分高知県で記録的短時間大雨
土佐清水市付近で120ミリ以上

台風22号は猛烈な勢力を維持、最大瞬間風速は80m/s

局地的に雨雲が発達

今季最強勢力905hPa

再び西日本で前線北上

ようやく秋雨前線が南下し秋の空気に入れ替わり。
東京都心の最高気温は昨日の30.6℃から今日は一気に23.9℃に。
北海道の稚内ではけさは-0.9℃まで冷えこみ今シーズン初の冬日に。

一方、台風22号は暖かい海で猛烈な勢力に発達。

北高型でどんより @東京大手町

気象庁の講習会

秋の高気圧

西日本の7月豪雨以来の大雨はようやく峠を越し
高知県や鳥取県では300mmを超える大雨。

秋雨前線はようやく動き始め、それに伴い雨域も東にシフト。
午後は東海地方、夜には関東でも激しい雨。静岡県御前崎市で64mm/hを観測。

朝は陽射しもあり

夜は関東で雨脚強まる

膠着状態に出口が

きょうも活発な秋雨前線に伴う帯状の雨雲が本州をなぞるような形で停滞し
北海道の太平洋側、東北、北陸、近畿、中国、四国、九州までまとまった雨。
特に西日本では大雨となり、高知県香美市繁藤で24時間雨量が280mmに達しました。
中国地方も7月豪雨以来の大雨で、鳥取県鳥取市や智頭町などでも降り始めから150mm超え。

2時50分鹿児島県で記録的短時間大雨
南さつま市付近で約120ミリ

発達した雲が継続

関東は暑いが秋の気配

夏と秋のせめぎあい

夏と秋の勢力攻防が激化、秋雨前線の活動が活発で、雨雲が発達。
未明には近畿地方で猛烈な雨、夕方は四国でも非常に激しい雨。
前線北側は涼しい空気で福岡県内の高校体育祭では30人余が低体温症で搬送。

3時大阪府で記録的短時間大雨
能勢町付近で約100ミリ
3時京都府で記録的短時間大雨
亀岡市付近で約100ミリ
3時兵庫県で記録的短時間大雨
猪名川町付近で約110ミリ
3時10分京都府で記録的短時間大雨
南丹市八木町八木大橋で92ミリ

季節の分け目で雨雲発達

東~西日本で大気不安定

中国地方も雨

7月豪雨時と類似

東・西日本に秋雨前線が停滞するさなか
北日本には別の低気圧と前線が近づき、全国的に天気悪化。
気圧の谷の通過タイミングで激しい雨となり、広島県呉市で62.0mm/hの非常に激しい雨。

この土日は西日本豪雨時と似た気圧配置
(しかし当時よりも暖湿流は弱い)となるので、広範囲で大雨に警戒です。

南西風場でレンズ雲多数

西日本で激しい雨

秋雨前線が停滞

けさ午前3時8分頃、北海道胆振地方中東部を震源とするM6.7の地震があり、
厚真町鹿沼で震度7※、安平町で震度6強、新千歳空港で震度6弱
の激しい揺れを観測しました。(※事後発表)

北海道のほぼ全域295万戸で停電となったほか、
震源に近い厚真町では大規模な土砂崩れが発生し
多数の方の安否が確認できていないという情報があります。
(19時現在で8人死亡、20人安否不明)

道内のJR線も運転見合わせ、新千歳空港も終日欠航となりました。

道央で激しい揺れ

アメダスも欠測に

秋めいた雲

涼しい空気に

台風21号は正午ごろ徳島県南部に上陸し、14時頃に神戸市付近に再上陸。
非常に強い勢力として上陸したのは25年ぶりのこと。

最強勢力でスピードアップして駆け抜けたため、近畿各地では記録的な暴風と高潮。
第二室戸台風を上回る過去最大級の潮位となり、
和歌山県御坊市で3m19cm、神戸港で2m30cm
関西空港は滑走路が水没、連絡橋にタンカー衝突で、空港島が孤立。
また車の横転や看板や屋根が飛ぶなどの被害も多数。関西電力管内で160万戸が停電。
この台風により7人が死亡、300人余りがけが。

東京~広島で新幹線が運転見合わせ、飛行機は800便が欠航。

【各都市の最大瞬間風速】
関西空港 58.1m/s 南南西 (13:38) [観測史上1位の値を更新]
和歌山市 57.4m/s 南南西 (13:19)
大阪市 47.4m/s 南南西 (14:03)
※全国で最大風速44地点、最大瞬間風速は78地点で観測記録を更新

12時10分香川県で記録的短時間大雨
東かがわ市与田山で90ミリ

14時50分京都府で記録的短時間大雨
左京区付近で約100ミリ
14時50分滋賀県で記録的短時間大雨
大津市北部付近で約90ミリ
15時10分滋賀県で記録的短時間大雨
高島市付近で約90ミリ

17時40分山梨県で記録的短時間大雨
富士山西部付近で約100ミリ
17時40分静岡県で記録的短時間大雨
富士宮市付近で120ミリ以上

徳島県南部に上陸

大阪湾周辺で猛烈な風

関東も南風が強まる

先週の20号に続き

未明には東海地方で大気が不安定で局地的に激しい雨。
前線の尻尾がかかった関東も昼過ぎまでしぶとく雨。
一方西日本では穏やかな晴天。

台風21号は依然として非常に強い勢力を保ったまま南大東島の東を北上。
北寄りに転向中でいったんスピードダウンも、
ジェット気流にのる明日はスピードアップで近畿接近のおそれ。

昼から陽射しも

台風が転向中

前線の南下に伴い、山陰地方で未明に猛烈な雨。
島根県浜田市では0時過ぎに86.0mm/h、3時間で140mm/hを観測。

台風21号は日本の南海上を猛烈な勢力で北上。
すこしスピードが速まって火曜日には紀伊半島に接近する予想へ。
先日の20号と似たようなコースで立て続けに来襲し、雨も風も気が抜けないです。

きょうも大気不安定

海上から次々と流入

また日本縦断コース

前線南下中

東北地方に停滞していた前線が次第に南下。
午前中は東北南部や北陸を中心に激しい雨となり、
石川県輪島市で77.0mm/h、羽咋市で63.5mm/h
山形県最上川水系で増水や石川県内でがけ崩れなど被害も。

前線は少しずつ南下し、夜には山陰でも激しい雨。
島根県大田市温泉津では3時間で146mmの記録的な大雨で10万世帯に避難指示。

23時20分島根県で記録的短時間大雨
江津市付近で約110ミリ

23時30分島根県で記録的短時間大雨
浜田市付近で約110ミリ

近くで急発達

東北や北陸で大雨被害

太平洋高気圧の勢力に陰りが見えてきたのか
秋雨前線が日本海付近に停滞し、東北南部や北陸では激しい雨。
前線の南側エリアは大気が不安定で、東~西日本でも局地的に雷雨。
(大阪市内や福山市内で激しい雨)

けさ9時には南鳥島近海で台風21号が発生。
これで8月の台風生産は9個目となり、こちらも来週日本に近づくおそれ。。

午後から青空 @島根県雲南市

前線が停滞

きょうも前線の南側は猛烈な残暑。
埼玉県越谷市と三重県桑名市では37.8℃。
東京都心は35.8℃で3日連続の猛暑日。

関東は午後から雷雲が発達し南下。
夜には首都圏も激しい雷雨。
落雷の影響等で一部私鉄が運転見合わせ。

21時東京都で記録的短時間大雨
世田谷区付近で約110ミリ

【各都市の1時間降水量】
東京都練馬区 74.5mm/h (20:32)
東京都世田谷区 60.0mm/h (20:54)
埼玉県さいたま市 50.0mm/h (18:50)

雷雲は都心に南下

激しい雷活動

満月照らす宍道湖

前線の南側で不安定

前線がかかる東北地方はあいにくぐずついた天気。
この前線の北側は涼しい空気で北日本は概ね25℃以下。

一方、前線の南側はきょうも灼熱空間で、関東を中心に猛烈な暑さ。
群馬県伊勢崎市では39.0℃、東京都心36.0℃、横浜でも35.7℃。

空は何となく秋の装い

不気味な発光体

東北の前線が分かれ目

台風の置き土産で熱帯の暑い空気が充満。
関東や九州などを中心に猛烈な暑さが復活。群馬県伊勢崎市で38.9℃。
東京都心は35.6℃まであがり8/3以来3週間ぶりの猛暑日に。

午後2時の気温分布

夕陽が照らす積乱雲

台風から変わった低気圧

台風20号の発達した雨雲がかかり、神戸空港で143mm/hの記録的な豪雨
和歌山県新宮市熊野川町日足地区では熊野川が氾濫。
関東も未明から朝にかけて雨風が強まり、朝の通勤時を直撃。

台風は15時には低気圧に変わったものの、東北北部や北海道で大雨。

0時30分兵庫県で記録的短時間大雨
神戸空港で136ミリ

0時10分兵庫県で記録的短時間大雨
神戸市東灘区付近で約110ミリ
神戸市灘区付近で約110ミリ
西宮市付近で約110ミリ
芦屋市付近で約110ミリ

1時10分京都府で記録的短時間大雨
綾部市西部付近で約90ミリ

1時30分兵庫県で記録的短時間大雨
宝塚市付近で約110ミリ

2時兵庫県で記録的短時間大雨
神戸市灘区付近で約110ミリ
西宮市付近で約110ミリ
芦屋市付近で約110ミリ
川西市付近で約110ミリ

2時大阪府で記録的短時間大雨
能勢町付近で約110ミリ
箕面市付近で約100ミリ
豊能町付近で約100ミリ

2時京都府で記録的短時間大雨
亀岡市付近で約100ミリ
北区付近で約90ミリ
左京区付近で約90ミリ
右京区南部付近で約90ミリ
右京区北部付近で約90ミリ

2時20分京都府で記録的短時間大雨
南丹市南部付近で約90ミリ
2時30分京都府で記録的短時間大雨
南丹市北東部付近で約90ミリ
2時50分京都府で記録的短時間大雨
南丹市中部付近で約90ミリ
3時京都府で記録的短時間大雨
南丹市北西部付近で約90ミリ

3時20分福井県で記録的短時間大雨
おおい町付近で約80ミリ
3時30分福井県で記録的短時間大雨
小浜市付近で約80ミリ

兵庫県内で猛烈な雨

ライン状に発達

大阪湾周辺の暴風

W台風で日本海北上

台風20号は午後9時頃に徳島県南部に上陸後、姫路市付近に再上陸。
神戸空港で114mm/h、和歌山県古座川町西川で89.5mm/hなど猛烈な雨を観測。
和歌山県友ケ島で52.3m/s、南紀白浜で43.7m/sはともに観測史上1位。
38.5m/sの猛烈な風となった淡路島では風車が根元が折れるなど、暴風による災害も顕著。

台風19号、20号の2つの台風の東側を取り巻く南風が
山越えの気流となって熱風として吹き下りるフェーン現象で日本海側は記録的な高温。
新潟市では14時11分に39.9℃を観測し、およそ100年ぶりに記録を更新したほか、
全国38地点で観測史上最高の気温を記録。

【各都市の最高気温】(※いずれも観測史上1位の値を更新)
新潟県胎内市中条 40.8℃ (14:27)
新潟県三条市 40.4℃ (14:43)
新潟県上越市大潟 40.0℃ (13:49)
新潟県新潟市中央区 39.9℃ (14:11)
鳥取県鳥取市湖山 39.2℃ (14:21)

15時10分岩手県で記録的短時間大雨
宮古市西部付近で120ミリ以上
宮古市中部付近で120ミリ以上

15時30分山梨県で記録的短時間大雨
道志村付近で約100ミリ

22時30分和歌山県で記録的短時間大雨
すさみ町付近で約120ミリ
古座川町付近で120ミリ以上

雲も流れも早く

台風から離れた地点で猛烈な雨

徳島県上陸時

台風20号 四国へ上陸

先週末は秋の空気が流れ込み涼しくなったと思っていたところですが
台風が持ち込んだ空気とフェーン現象が重なり、再び各地で記録的な猛暑。
大阪府堺市で39.7℃など、全国19地点で観測史上最高を更新!

【各都市の最高気温】
大阪府堺市 39.7℃ (13:51) [観測史上1位の値を更新]
京都府福知山市 39.6℃ (15:03) [観測史上1位の値を更新]
富山県富山市 39.5℃ (14:39) [観測史上1位の値を更新]
石川県小松市 38.6℃ (14:55) [観測史上1位の値を更新]
鳥取県境港市 38.5℃ (15:10) [観測史上1位の値を更新]

2個とも同じ勢力に

似たコースを辿る

台風19号は非常に強い勢力で奄美・トカラ列島に最接近。
トカラ列島の中之島で51.0m/s、奄美大島の笠利では43.2m/sの最大瞬間風速を観測。

紀伊半島や高知県、宮崎県では湿った空気の影響で雨。
また気圧の谷が近づき、北日本もぐずついた天気。

19号の大きな目

関東は蒸し暑い天気

20号の影響時間帯予測

W台風北上中

けさは内陸部を中心に冷え込みが強まり
長野県野辺山(4.2℃)や群馬県嬬恋村(4.7℃)では8月としては記録的な低温。
記録的な猛暑と記録的な冷え込み、何だかすごい夏なこと。。

台風19号は日本の南海上で進路を迷い足踏みしながら勢力増強中。
21時には19号の後を追うように台風20号が発生。
こちらも日本に影響しそうなコースを取りそうで、来週は連続台風で忙しくなりそう。

爽やか行楽日和 @広島市内

瀬戸内海と宮島

台風のろのろ発達中

前線通過後は秋の乾いた空気に入れ替わり
湿度が低くカラッとした暑さに。
猛暑日の地点がゼロになったのは40日ぶりのこと。
北海道の大雪山系では早くも初雪の便りが。

空気が澄んでます

木曽川のみ濁り気味

大陸由来の移動性高気圧

日本海から寒冷前線が南下して、北陸地方などで激しい雨。
寒気を伴った低気圧の影響で北海道(渡島半島)でも激しい雨と初冬並みの低温。
また台風18号の尻尾の雲がかかり先島諸島でも激しい雨。

10時沖縄県で記録的短時間大雨
竹富町西表島東部付近で約120ミリ

11時30分石川県で記録的短時間大雨
かほく市付近で約100ミリ

22時北海道で記録的短時間大雨
厚沢部町付近で約110ミリ

きょうはマリアナ諸島近海で台風19号が発生、
12日に15号が発生してから5日連続となり、1951年以降では初。
来週前半は西日本に接近が予想され気が抜けません。
太平洋高気圧の勢力にも陰りが出てきた感じです。

関東は天気崩れ小さめ

活発な前線が南下

台風15号は午前3時過ぎに宮崎県日向市付近に上陸後、午後には対馬海峡に抜けました。
台風の東側には暖かく湿った空気が吹き込み、四国~東海の南斜面などで雨雲が発達しました。

沖縄近海の熱帯低気圧が台風18号に発達、本島地方で雨風が強まりました。
また前線の影響で東北地方も激しい雨となり、青森県弘前市で57.0m/hなどを観測。

16時10分青森県で記録的短時間大雨
深浦町付近で約100ミリ

九州縦断中

上層雲が卓越

対馬海峡で急旋回

熱帯擾乱のオンパレード

きょうも大気の状態は不安定なものの、昨日のように平野部での雷雨はなし。
雷雲発生は内陸山沿い中心で、岐阜県下呂市宮地で72.0mm/hの非常に激しい雨。

西日本猛暑も変わらずで、
愛媛県西予市宇和と島根県津和野町でともに38.2℃と観測記録を更新。

平野部は雷雨なし

山沿い内陸部中心

小粒台風 九州接近

きょうも東~西日本は上空寒気と地上の湿った空気の影響で大気の状態が非常に不安定。
午前中は北陸地方で雨雲が発達、午後は首都圏でも激しい雷雨となり、
福岡空港も夕方は激しい雷雨で一時運航見合わせ。
山梨県大月市で56.5mm/hなど各地で激しい雨を観測。
東京都心は打ち水効果?で気温は少し下がったものの、湿度があがりムシムシ感はUP。

14時10分山梨県で記録的短時間大雨
都留市付近で約100ミリ
15時20分福井県で記録的短時間大雨
大野市付近で約110ミリ

九州では猛暑が続き、大分県日田市で39.9℃、福岡県久留米市で39.5℃は観測史上最高

猛暑の広島市内

下層雲と対流雲のシア

沸き立つ雷雲

各地で激しい雷雨

台風を回り込む暖湿流

台風14号は未明に宮古島付近を通過。
中心ほとりまく発達した雨雲がかかり
宮古島市城辺で117.5mm/hの猛烈な雨。(観測史上1位)

また関東南部も大気が不安定で、神奈川県内も未明に激しい雷雨。
午前4時過ぎまでに横浜市港北区日吉で46.0m/hなど

02時40分沖縄県で記録的短時間大雨
宮古島市平良付近で120ミリ以上
13時20分香川県で記録的短時間大雨
高松市付近で約90ミリ
15時50分岐阜県で記録的短時間大雨
各務原市付近で約110ミリ
18時30分静岡県で記録的短時間大雨
裾野市付近で約120ミリ

成層圏に達する積乱雲 (岐阜県上空)

関東南部で未明のゲリラ雨

宮古島で猛烈な雨

宮古島の傍を通過

台風量産続く

きょうも大気の状態が不安定で、関東南部や首都圏で雷雨。
低気圧によりまとまった雨となっていた北海道は次第に止む方向。
沖縄は台風14号が近づき、海上中心に大荒れの天気。

17時10分長野県で記録的短時間大雨
飯田市竜東付近で約100ミリ
17時20分長野県で記録的短時間大雨
飯田市竜東付近で約120ミリ

都内で雷雲発生

台風沖縄に最接近