BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

きょうも湿った空気の流れ込みにより東~西日本の広範囲で大気が不安定。
広島市や金沢市で42mm/hの激しい雨となり、一時大雨警報も発表。
関東も夕方にスコールラインが通過し、昨夜に続いて連日の雷雨。

怪しい雲行き

関東連日の雷雨

前線は山陰沖に北上

高気圧の縁をまわって湿った空気が流れ込み、
東~西日本の広範囲で大気が不安定。
広範囲で雨雲が発達し、各地で激しい雷雨となりました。

【各都市の1時間降水量】
1 沖縄県粟国村 76.5mm/h (05:16) [8月の1位の値を更新]
2 新潟県長岡市栃尾 73.5mm/h (15:56) [観測史上1位の値を更新]
3 新潟県魚沼市大湯 69.5mm/h (17:10) [8月の1位の値を更新]
4 神奈川県相模原市中央区 66.0mm/h (21:09)
5 和歌山県和歌山市 57.0mm/h (15:43) [8月の1位の値を更新]

広範囲で雨雲発達

関東も夜は激しい雷雨

晴天の名古屋駅

前線も形成

きょうは高気圧に覆われて、九州や北日本の一部を除いて晴天。
岐阜県多治見市で37.2℃など猛暑は続くも、一時期より涼しく感じるのは気のせいなのか。。
沖縄近海で雨雲が発達するも、夕立ちは関東甲信や近畿などの一部で限定的。
海上も穏やかと思われた若狭湾の波は少し荒めでした。

穏やかな海岸線 @福井県美浜町

波は威力あり

高気圧の勢力下

台風10号は日本海を北上し、午後9時に北海道の西で温帯低気圧に変わりました。
近畿地方では朝まで激しい雨が残りましたが、活発な雨雲は夜には北海道にかかりました。
広大な強風域を保ち続け、関東も沿岸部も終日強い風が吹き荒れました。

関東の夕焼け

強風域は大きいまま

松江市で25.7m/s(瞬間風速)

離れていても強風

前線伴い温低化の途上

台風10号は豊後水道を北上し、15時過ぎに広島県呉市付近に上陸。
四国や紀伊半島で大雨となり、高知県馬路村では800mmを超える雨量。
高知県室戸岬では最大瞬間風速41.9m/sを記録。

またフェーン現象で新潟県胎内市では40.7℃まであがり、今季全国トップの最高気温。
新潟県糸魚川市では最低気温が31.3℃までしか下がらず
国内観測史上1位の記録を塗り替えました

(最高気温は全国15地点、最低気温は42地点でこれまでの観測記録を更新)

広島上陸時の雨雲分布

19時に松江市付近を通過

西日本を縦断

フェーン現象により日本海側の各地で気温があがり、
新潟県では今夏全国ではじめて40℃を超えました。

【各都市の最高気温】
1 新潟県上越市高田 40.3℃ (12:54) [観測史上1位の値を更新]
2 新潟県上越市大潟 39.7℃ (13:53)
3 新潟県三条市 39.5℃ (13:24)

台風10号は四国の南海上をゆっくり北上。
強風域が西日本をすっぽり覆い、暴風域の一部が九州南部にかかりはじめる。

ゲリラ雨

スコール雲が散在

西日本が強風域に

台風10号は昨日から超大型サイズとなり、
強風半径は850kmは日本列島がすっぽり入ってしまうくらいの大きさ。
台風の遠い影響なのか関東も時折スコールがあり、久々のお湿りで余計にムシムシ。

【各地の最高気温】
1 愛知県豊田市 38.9℃ (12:14)
2 新潟県魚沼市小出 38.6℃ (14:16) [観測史上1位の値を更新]
3 岐阜県郡上市八幡 38.5℃ (14:13)

流れる積雲

発達したスコール雲

超大型へ

台風が高気圧を強めることで日本列島は猛暑に拍車がかかり
きょうは京都府福知山市38.2℃、京都市で37.7℃など近畿地方を中心に酷暑。

これだけの暑さで各海水浴場は大賑わいのようですが、
千葉県勝浦市の海水浴場では一時40人が沖に流され、男性1人が死亡したのをはじめ
海や川の事故で全国で少なくとも16人が死亡とのこと。
台風が連続かつ大型で、太平洋側にはうねりが到達しているのでくれぐれもご注意を。

やや不安定

ゆっくりと北上

大型で非常に強い台風9号は未明に中国沿海部の浙江省に上陸し、
大雨や土砂崩れなどにより18人が死亡、14人が行方不明との情報も。

台風8号から変わった低気圧は北海道の東へ抜けるも
その尻尾の前線位相がかかった東北では線状に雷雲が発達し
秋田県や山形県内では非常に激しい雨となり、由利本荘市では朝方に60mm/h超。

6時40分秋田県で記録的短時間大雨
横手市西部付近で約100ミリ

朝から雨雲発達

だいぶ絞られてきた感

安定した晴天

東北で不安定

台風9号は未明に先島諸島を通過し、宮古島市では瞬間風速46.6m/sの猛烈な風。
一方小笠原諸島で足踏みの台風10号は、
各モデルが近畿・四国指向で揃ってきたのでいやな雰囲気。

本州は大気が不安定で局地的な雷雲が発達。
新潟県佐渡市秋津では昼前に68.5mm/hの非常に激しい雨を観測。
東京都心はきょうも35.6℃まであがり4日連続の猛暑日。

【各都市の最高気温】
1 茨城県久慈郡大子町 39.0℃ (14:09) [観測史上1位の値を更新]
2 群馬県伊勢崎市 38.9℃ (15:14)
3 滋賀県東近江市 38.6℃ (15:18) [8月の1位の値を更新]

14時40分栃木県で記録的短時間大雨
日光市今市付近で約110ミリ

17時山梨県で記録的短時間大雨
笛吹市付近で約100ミリ
甲州市西部付近で約100ミリ

21時20分群馬県で記録的短時間大雨
中之条町付近で約100ミリ
みなかみ町南部付近で約100ミリ

猛暑と夏空

10号は停滞

台風9号は大型で猛烈な勢力となって宮古島に最接近。
23時前には沖縄県宮古島市鏡原で最大瞬間風速40.1m/sを観測。

猛暑も手加減なしで、群馬県前橋市と伊勢崎市では38.9℃
また、宮城県栗原市築館で60.0mm/h、岩手県大船渡市で58.0mm/hの局地雷雨も

先島諸島に最接近

猛烈な勢力に

台風8号は朝鮮半島で温帯低気圧に変わりました。
一方の台風9号は発達して大型で強い勢力となり先島諸島は早くも強風域に。
あす夜遅くは石垣島地方でかなりの暴風となる見込み。
ちなみに欧州センターが一貫して近畿上陸を示唆している台風10号も
連休明けに本州各地に大きく影響しそうな予感でかなり心配。。

日本付近は高気圧の勢力下で、茨城県大子町の38.3℃(13:48)は同地で観測史上1位。
午後は本州内陸と九州北部を中心に雷雲が発達し激しいにわか雨。

山の方に積乱雲

こちらも気になる動き

欧州センターは西日本上陸を示唆 (15日9時の予想)

W台風発達中

強い勢力の台風8号は午前5時頃に宮崎市付近に上陸後、九州を縦断北上。
台風はコンパクトながらも引き締まっており、九州は猛烈な雨風。

近畿以東は夏空&猛暑が続き、特に関東は暑さピークで
埼玉県熊谷市では全国トップの38.4℃で10日連続の猛暑日。

【各地の最大1時間降水量】
1 宮崎県延岡市古江 95.5mm/h (08:52) [観測史上1位の値を更新]
2 宮崎県西都市 59.0mm/h (05:42)
3 宮崎県東臼杵郡美郷町神門 57.5mm/h (06:21)

9時宮崎県で記録的短時間大雨
延岡市付近で約120ミリ

9時大分県で記録的短時間大雨
佐伯市佐伯付近で約110ミリ
佐伯市直川付近で約110ミリ

15時福島県で記録的短時間大雨
喜多方市付近で約110ミリ

宮崎市に上陸

延岡市付近で猛烈な雨

遠方のかなとこ雲

怪しげな上層雲

台風が量産体制

台風8号は日本列島を覆う高気圧に阻まれて引き続き西進し、夜遅くには九州へ接近。
サイズはコンパクトながらも強い勢力に発達し暴風域も伴うように。
岐阜県多治見市や山梨県勝沼で38℃超の厳しい暑さ。

16時40分富山県で記録的短時間大雨
富山市大山付近で約110ミリ

都心は快晴

渦はしっかり

九州に接近

きょうも高気圧の勢力にしっかり覆われて、広い範囲で安定した夏空。
各地で気温があがり九州北部や近畿などで38℃を超える猛烈な暑さ。
(東京都心の最高気温は33.7℃)
午後は内陸山沿いを中心に雷雲が発達し、局地的に激しい雨も。

【各都市の最高気温】
1 福岡県久留米市 38.4℃ (14:52)
2 京都府京都市 38.2℃ (14:50)
3 福岡県太宰府市 38.0℃ (14:50)

安定した夏空

局地的に雷雲発達

熱帯擾乱量産中

8月に入っても日増しに暑さは酷くなるばかり。
大阪豊中市と岐阜市で38.5℃、東京都心でも35.1℃の猛暑日。
沖縄や奄美では寒冷渦の影響で雨雲が発達し、沖縄県渡名喜島で92.5mm/hの猛烈な雨。

10時30分沖縄県で記録的短時間大雨
渡名喜村付近で約110ミリ

けさ9時に南鳥島近海で発生した台風8号は、
日本付近をどっしり覆う高気圧に阻まれて簡単には近づけないため、暫くは西進する予想。

うだる暑さ @大阪茨木市

安定した高気圧

昨日の東北地方南部に加え、きょうは東北北部でも梅雨明け発表。
これで梅雨のない北海道を除いて、8月を前に全国的に夏本番の到来。
すでに気温は危険な領域に達していて、岐阜県多治見市では37.7℃を観測。

夕立ちも局地的に激しい雨となり、
静岡市葵区梅ケ島で61.5mm/h、群馬県伊勢崎市で58.0mm/hなど。

都内もうだる暑さ

大きな変化はなし

きょうは関東甲信地方で梅雨明け。
平年より8日遅く、昨年よりは30日も遅い。

全国的に暑さが厳しくなり岐阜県揖斐川町で37.2℃、岩手県釜石市で37.0℃
70地点の観測所で35℃以上の猛暑日、728地点で真夏日となりました。
都内だけでも121人が熱中症とみられる症状で搬送。
今年は梅雨時期が涼しかっただけに、暑さ慣れしていないので要注意。

午後は局地的に激しい雷雨で群馬県伊勢崎市で62.5mm/hの激しい雨。

都心も夏本番

高気圧の勢力下

台風6号から変わった熱帯低気圧は関東地方を東進。
朝方は新潟県村上市高根で64.5mm/h、宮城県東松島市で42.5mm/hなど激しい雨。

一方で天気回復の東海地方では梅雨明けの発表。(平年より7日遅く、昨年より19日も遅い)
九州はどっぷり高気圧圏内で大分県日田市で36.9℃など厳しい暑さとなりました。

南国宮崎市は夏空

熱低は東の海上へ

台風6号はけさ7時に三重県南部付近に上陸。
小粒ながらも周辺部にはしっかり雨雲を伴い、東海や紀伊半島などでまとまった雨。
潮岬では最大瞬間風速25.0m/sを観測。

また台風本体とは別に湿った空気の影響で中国地方などで午後から雷雲が発達
兵庫県佐用町で52mm/hの激しい雨。新潟県胎内市中条は37.2℃の猛暑

三重県南部に上陸

渦状も雨雲

関東にもアウターバンド

小粒台風

紀伊半島の南海上で熱帯低気圧が発達し台風6号が発生。
台風のアウターバンドに伴う活発な雨雲がかかり、夜には東海などで激しい雨。
静岡県菊川市で55mm/hの激しい雨を観測。
またフェーン現象により日本海側各地で昇温し、富山市で37.2℃。

梅雨明けはお預け @つくば市

台風の北東側に発達した雲

台風の渦巻き

台風6号が発生

きょうは中国地方で平年より4日遅く、昨年比16日遅く梅雨明けとなりました。
京都市35.6℃、鳥取市35.5℃、福井市35.2℃など猛暑日になったほか
また局地的な雷雲の影響で、徳島県美馬市で68.5mm/h、奈良市で54.5mm/hなどの激しい雨。

16時50分奈良県で記録的短時間大雨
明日香村付近で約120ミリ
橿原市付近で約110ミリ

関東も厳しい暑さ @茨城県守谷市

奈良県内で猛烈な雨

熱低が北上

九州南部、九州北部(山口県を含む)、四国、近畿、北陸で梅雨明け発表。
九州南部は平年より10日、九州北部は5日、四国は6日、近畿は3日遅くなり、
各地方ともに昨年よりは15日も遅い梅雨明けでした。
いかに太平洋高気圧のパワーが不足(南偏)していたかということが言えそうです。
暑さも一気に本格化し、岐阜県多治見市で36.1℃、京都市で35.5℃

また東日本中心に今日も大気が不安定で、局地的に雷雲が停滞発生したことから
福島や栃木などの一部では猛烈な雨となりました。

15時20分福島県で記録的短時間大雨
二本松市付近で約100ミリ
17時20分福島県で記録的短時間大雨
白河市付近で約100ミリ
18時40分栃木県で記録的短時間大雨
日光市藤原付近で約120ミリ
19時栃木県で記録的短時間大雨
塩谷町付近で約120ミリ

【各地の最大1時間降水量】
1 福島県白河市 94.5mm/h (17:32) [観測史上1位の値を更新]
2 福島県郡山市湖南 77.5mm/h (15:13) [観測史上1位の値を更新]
3 兵庫県朝来市生野 61.5mm/h (15:07)

局地雷雲で猛烈な雨

関東も不安定

西日本で梅雨明け

東日本中心に下層の湿った空気と上空の寒気が残り東北~近畿は大気不安定。
個々の雷雲はコンパクトながらあちこちで激しい雷雨。
静岡県浜松市では34.9℃まであがり猛暑日一歩手前。
太平洋高気圧がパワーアップして、いよいよ梅雨明けカウントダウン

【各地の1時間降水量】
1 富山県黒部市宇奈月 62.0mm/h (06:24) [7月の1位の値を更新]
2 滋賀県甲賀市信楽 61.0mm/h (17:15) [観測史上1位の値を更新]
3 群馬県桐生市 58.5mm/h (23:25)

関東天気回復

局地雷雲多数

寒気を伴った低気圧

台風5号にぶら下がる線状降水帯がかかり続け
九州北部(福岡県や佐賀県)では未明から断続的に猛烈な雨を観測。
一昨年の豪雨災害と近接した地域でまた記録的な大雨。

【各地の最大1時間降水量】
1 福岡県久留米市 90.0mm/h (05:41) [観測史上1位の値を更新]
2 佐賀県鳥栖市 81.5mm/h (05:59) [観測史上1位の値を更新]
3 福岡県朝倉市 65.0mm/h (04:58)
4 佐賀県佐賀市 60.5mm/h (04:45) [観測史上1位の値を更新]

05時50分福岡県で記録的短時間大雨
久留米市付近で約110ミリ

05時50分佐賀県で記録的短時間大雨
鳥栖市付近で約110ミリ
みやき町付近で約110ミリ

九州北部の線状降水帯

都心は曇り

西日本に湿った空気

台風5号の東側に南北に連なる線状降水帯がかかり長崎県壱岐などで記録的な大雨。
10:05に長崎県五島、上対馬、下対馬に大雨特別警報が発表されました。
その雨雲はゆっくりと東に移動し、夜は九州各地でも激しい雨。

08時40分長崎県で記録的短時間大雨
対馬市美津島付近で約110ミリ
10時30分長崎県で記録的短時間大雨
五島市付近で約110ミリ

【各地の12時間降水量】
1 長崎県南松浦郡新上五島町 344.5mm (10:00) [7月の1位の値を更新]
2 長崎県北松浦郡小値賀町 322.5mm (11:30) [観測史上1位の値を更新]
3 長崎県五島市福江 312.0mm (10:10) [7月の1位の値を更新]
4 長崎県対馬市厳原 274.0mm (13:30) [観測史上1位の値を更新]

壱岐対馬で猛烈な雨

台風は朝鮮半島へ

台風5号は東シナ海を北上し、それに伴い梅雨前線もやや北上。
西日本の大雨は峠を越えるも、湿った空気の影響で四国の南斜面で強雨。

数日前まで冷涼だった関東は全国トップの暑さ&湿度も高く
埼玉県鳩山町で33.5℃、東京練馬で32.7℃など。

いよいよ夏らしく

前線はゆっくり北上

台風5号は昼前に石垣島付近を通過後、沖縄の西海上を北上。
久米島では最大瞬間風速30.3m/sを記録。
また刺激された梅雨前線も活発化し、九州や四国を中心に広範囲で激しい雨。

【最大1時間降水量】
高知県幡多郡黒潮町 89.5mm/h (12:47) [観測史上1位の値を更新]
高知県四万十市中村 77.5mm/h (12:54) [7月の1位の値を更新]
福岡県太宰府市 73.0mm/h (19:31)
岐阜県岐阜市 66.5mm/h (17:54)

関東ムシムシ度UP

西日本で激しい雨

九州北部も雨雲発達

台風前面で前線活発化

関東は朝まで雨が残りましたが昼からようやく陽射しが復活。
東京都心で日照時間が3時間超えたのは先月の26日以来3週間ぶり。

さて、昨日発生した台風5号は予想進路がやや東寄りにシフトして
沖縄はもとより西日本での大雨の影響が懸念されます。

東シナ海を北上の予想

ひさしぶりの青空

前線活動も小康

梅雨前線が本州の南岸沿いに横たわり、東~西日本で梅雨空。
関東も未明~午前中を中心にまとまった雨で東京都心は日雨量39mm。
東京の7月前半の日照時間はわずか5.6時間にとどまり、記録的な低温と日照不足が続きます。

陽射し恋しい @東京湾

梅雨前線ど真ん中

きょうは平年より14日遅く奄美地方が梅雨明け。
これは1976年に並び過去3番目に遅い記録で、
名瀬市の梅雨期間降水量975.5mmは平年の1.5倍前後に達しました。

一方梅雨前線の活動が活発になり、九州西海上からは発達した雨雲が流入。
先日大雨に見舞われた熊本や鹿児島では再び非常に激しい雨を観測しました。

【各地の最大6時間降水量】
1 熊本県球磨郡湯前町 202.0mm (22:10) [7月の1位の値を更新]
2 熊本県球磨郡あさぎり町 201.5mm (22:00) [観測史上1位の値を更新]
3 鹿児島県出水市 196.5mm (22:30)
4 熊本県人吉市 176.5mm (22:20) [観測史上1位の値を更新]

再び梅雨空 @広島市内

危険な線状降水帯

危険なにんじん雲

西から活発化

低気圧の接近に伴い、関東や東北にかけてぐずついた天気。
夜は北海道内でも雨となり、寒気の影響もあって雨脚が強まったところも。
西日本は青空が広がるも、再び梅雨前線がのびてきて天気は下り坂。

山陰側はどんより

山陽側は青空 @北広島町

東日本でぐずつく

梅雨前線上を低気圧が東進してきて、西から天気は下り坂。
四国は未明ら雨で、午後には九州全域で傘の出番。
北日本の日本海側では青空で、天気分布傾向は変わらず。

きょうも陽射し控えめ

西から低気圧接近

上空寒気の中心は東日本に移動するも、引き続き大気が不安定。
西日本では局地的に雷雲が発達し高知県では猛烈な雨を解析。
兵庫県宍粟市で44.0mm/h、鳥取県江府町で41.5mm/hなど各地で強雨。

16時10分高知県で記録的短時間大雨
土佐清水市付近で120ミリ以上

きょうも雷雲発達

前線北側で冷涼

梅雨前線に向かって湿った空気が流れ込み、
鹿児島県南大隅町大泊で10時までの1時間に92mmの猛烈な雨。
また西日本の上空には寒気が流れ込み大気が不安定。
中国地方などで雨雲が発達し雷雨。

関東甲信と東北南部には日照不足と低温に関する気象情報が発表され、
今後2週間程度は平年に比べ気温の低い状態が続くもよう。

束の間の

山陰で雨雲発達

寒気を伴った低気圧

梅雨前線上を次々と低気圧が通過し、関東はきょうも朝から雨。
雨粒は小さめでレーダーにはあまり映らぬも、しっかり濡れる降り方。
低気圧の中心が近く北寄りの風が強めで、少々荒れた天気。
東京都心は気温も20℃そこそこで半袖ではひんやり。

西日本や北日本日本海側では七夕の天の川が鑑賞できました。
昨年同時期と比べると高気圧の勢力が弱めであることが分かります。

横殴りの雨

風も強め

梅雨前線や低気圧の影響で東海や関東は朝から雨。
日中いったん雨は止んだものの、次の低気圧の接近で関東は夜から再び雨。
西日本や北日本の日本海側では青空が広がったものの、
東京は6/26以降丸10日間まとまった陽射しに恵まれず…

梅雨空の週末

低気圧が次々通過

九州南部に記録的な大雨をもたらした梅雨前線に伴う雨雲はやや南下し
鹿児島県内の雨はようやく止んで陽射しも覗きました。
東日本では前線がやや北上して、夜には活発な雨雲が房総半島をかすめていきました。

都心も小康状態

西日本でやや南下

南シナ海の台風の水蒸気を取り込んで梅雨前線が再び活発化。
九州南部には再び発達した雨雲が進入し
鹿児島県鹿屋市下高隈町で81mm/h、鹿児島県曽於市大隅町で78mm/hなど猛烈な雨。
南さつま市を流れる大王川が決壊したほか、
宮崎県えびの市では先月28日の降り始めからの雨量が1,000mmを超えた。

鹿児島県内で雨雲発達

活発な状態が続く

梅雨前線は同じような場所に停滞し西日本太平洋側を中心に雨模様。
鹿児島県錦江町で73mm/hなど九州南部の激しい雨は午後からいったん小康状態ですが、
あす朝から再び雨脚が強まる予想で警戒が必要です。
東京都心は雨はなくても日中の湿度は80%以上でムシムシ。

終日どんより

気象業界の会合にて

前線位置変わらず

梅雨前線は依然として活発で、
九州の西の海上から発達した雨雲が鹿児島県に次々と流れ込んでいます。
過去大雨による災害が発生した時と酷似する危険な状況です。

前線はほぼ停滞基調のため断続的に激しい雨となりそうで、
九州南部を中心に重大な災害が発生するおそれがあります。

【1時間最大降水量】
1 鹿児島県薩摩川内市八重山 69.0mm/h (05:08) [7月の1位の値を更新]
2 宮崎県えびの市 66.0mm/h (01:42)
3 鹿児島県日置市東市来町 63.5mm/h (05:51)

鹿児島県内で激しい雨

前線はやや南下

梅雨前線の活動は活発で、未明から九州西岸で線状降水帯が発達。
熊本県宇城市三角では3時間で148mmを記録し観測史上1位の豪雨。
益城町では木山川が一時氾濫し水田が冠水したほか、九州道も益城-八代間が通行止めに。
熊本県内は一時最大で12市町村の9万世帯22万人に避難勧告。
昼頃と夜遅くは熊本・鹿児島県境付近で断続的に激しい雨。

危険な線状降水帯

山陰の雨は小康に @山口県萩市

北陸や東北南部も大雨

梅雨前線が活発化し、東北~九州の広い範囲で梅雨空。
長崎県対馬市で64mm/hなど激しい雨となったところも。
しかし気象庁が大雨注意喚起したほどの大雨にはならずに済みました。
一方の沖縄では平年より6日遅く梅雨明けとなりました。

梅雨前線の雨雲

前線が活発化

台風3号は早朝のうちに東の海上へ離れ、関東の雨風は通勤時間前にほぼ収束。
寒気トラフの影響で九州南部で雨雲が発達し、
鹿児島県日置市東市来町で60mm/hの激しい雨。
陽射しが戻った三重県尾鷲市では35.0℃の猛暑日に。

天気回復で陽射しも

かなとこ状の雲

台風は東海上へ

北上する熱帯低気圧の湿った空気の影響で四国などで激しい雨となり
高知県田野町で70.5mm/h、徳島県海陽町で60.5mm/hなどを観測。
熱低は18時に四国沖で台風3号に発達し北東へ。
また梅雨前線の北上に伴い、東北地方もまとまった雨となりました。

関東も夕方から雨

四国東岸で激しい雨

18時に台風3号へ

梅雨前線の北上に伴い九州北部、四国、中国、近畿地方で梅雨入り発表。
九州北部と四国では平年より21日遅く、中国・近畿も19日も遅くなり
統計がある1951年以降で最も遅い梅雨入りとなりました。

沖縄近海には2つの熱帯低気圧があって、ひとつは日本海、
もうひとつは太平洋側を分かれて進む見込みで、後者は令和初の台風に発達する可能性も。

関東は梅雨休み

2つの渦巻き

W熱低

移動性高気圧が日本列島を覆い、東日本でも陽射しが復活。
西日本はきょうも爽やかな青空で、梅雨時期とは思えない晴天ぶり。

一方梅雨前線に近い九州南部はぐずついた天気で、
熱低の空気を引き連れて前線もいよいよ北上の気配。
史上最遅の西日本もいよいよ梅雨入りのカウントダウン。

快晴の広島駅

ほんとによい天気 @岡山県久米南町

移動性高気圧

上空の寒気と気圧の谷の影響が相まって、関東や東北南部は冷たい雨。
夜遅くは静岡県内で雨雲が発達し、静岡県掛川市で65mm/hの激しい雨。
西日本は乾いた移動性高気圧に覆われて、爽やかで気持ちの良い1日でした。

西日本は晴天 @岡山県高梁市

心地よい風 @広島県竹原市

かなりのボリューム

首都圏で震度4

関東で冷たい雨

日本海には寒気が居座ったままで、東~北日本を中心に雨や雷雨。
山形県鶴岡市で37.5mm/h、岩手県北上市で34.5mm/hなど局地的に激しい雨。
未明には関東北部で猛烈な雨を解析。
首都圏も不安定な天気で、夏至の日の長さは体感できず。

01時10分群馬県で記録的短時間大雨
前橋市付近で約110ミリ
桐生市黒保根町付近で約100ミリ

2時10分群馬県で記録的短時間大雨
前橋市付近で120ミリ以上

都心も不安定な空

気象予報士会

梅雨前線と寒気

日本海には上空に強い寒気があって本州付近は大気が不安定。
山陰や近畿、関東などで雷雲が発達し局地的に激しい雨となりました。
広島県北広島町で65.0mm/hは観測史上1位の値を更新、群馬県榛名山も48.5mm/h。

15時千葉県で記録的短時間大雨
成田市付近で約110ミリ

また南海上に停滞する梅雨前線の活動も活発で、奄美地方も強い雨が断続。
奄美大島の古仁屋では24時間降雨量が200mm超の大雨となりました。

関東南部は梅雨晴れ

各地で雷雲発達

梅雨前線と寒気