BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

北日本にある低気圧に向かって強い南風が吹き込み
北陸・関東地方で「春一番」を観測しました。
東京都心では20.6℃まであがり4月下旬並みの暖かさ。
気温上昇と強風で、視界も悪くなり花粉も飛び始めたようです。

南風が吹き荒れる

ついに飛び始め (環境省はなこさん)

全国的に昇温

きょうは移動性の高気圧が本州の南海上へ移動。
北日本に近づく低気圧や前線に向かって暖かい空気が流れ込み
西日本を中心に気温が大幅に上昇、
宮崎市で20.2℃、福岡市18.6℃など4月中旬の陽気となりました。

あすは東・北日本でも気温が上昇するため、
雪解けや雪崩、融雪による増水に要注意となります。

ポカポカ快晴

南海上に高気圧移動

上空の強い寒気(5,000mで-36℃)が東日本を通過し
大気が不安定となった太平洋側の一部でもにわか雨や雪となりました。

雨脚が見えます

西から緩む冬型

週末の大雪のピークは超えたものの、
きょうは再び寒気が強まり、東北~山陰では雪雲が再び発達傾向。
関東も北風が強めに吹いて、体感的にはかなり寒く感じました。

寒気吹き出しの雲 (紀伊半島上空)

冬型持続

西日本の大雪のピークは越えて降り方が弱まってきましたが、
北陸や東北、そして北海道のオホーツク側で大雪となり、また風も強まりました。

今回の大雪で鳥取大山は264cmまで積雪が増加しましたが、
週の半ばにかけて今度は一気に気温が上がってくるため、
なだれや落雪に警戒が必要となります。

快晴の中国深圳市

PM2.5は薄め

縦じまの冬型で風強まる

山陰地方の大雪は続き、鳥取市内は積雪90cm超となり
1984年以来33年ぶりのドカ雪となっています。(倉吉市も61cmの同様、歴代3位)
秋田沖にある寒冷低気圧の通過後は、冬型の気圧配置が強化し
北陸や東北地方でも雪が強まりますので、大雪や暴風雪に警戒が必要です。

雪雲の流入続く

きょうも寒気の雲出現

毛羽立ってます

秋田沖に寒冷渦

きょうも引き続き強い寒気の中で、夜になって山陰~近畿北部で降雪が強まり、
鳥取市では今朝から60cmの降雪、福井県小浜市では昼過ぎから70cmの記録的ドカ雪。

あさは晴れていた関東南部も午後から急に雪雲が増殖し
都心や横浜では夕方から本格的な雪となり、うっすら雪化粧しました。

【24時間降雪量】
1 兵庫県兎和野高原 92cm
2 福井県小浜市 79cm
3 鳥取県大山 65cm
4 鳥取県鳥取市 61cm
5 兵庫県豊岡市 57cm

午前中は青空でしたが

西から雲がわいて

今夜も山陰に収束帯

寒冷低過ぎて冬型強化

きょうは南岸低気圧の通過に伴い、太平洋側の各地でも冷たい雨や雪となりました。
茨城県内は朝から雪雲がかかり続け、水戸では昼前に12cmの積雪を観測。
東京都心も雪が舞う天気で、日中の気温は2℃台の低空飛行でした。

夜には山陰地方に活発な寒冷渦の雪雲が南下し、山沿いで強い雪となりました。
あすにかけては中国地方山間部で最大24時間降雪量90cmの予測が出されています。

==============================================
平成29年2月9日21時29分 鳥取地方気象台発表
鳥取市北部[発表]大雪警報[継続]風雪,雷,波浪,なだれ,着雪注意報
雪 警戒期間 10日明け方から10日夜遅くにかけて 以後も続く
注意期間 10日夜遅くにかけて 以後も続く
山地 24時間最大降雪量 100センチ
平地 24時間最大降雪量 60センチ
==============================================

関東北部にかかる雪雲

山陰地方に南下する寒冷渦

南岸低気圧通過中

きょうも冬型の気圧配置は継続。
北日本を除いて強い風はおさまってきましたが、
まだ空気はひんやり冷たいままです。

この状況で、あすは西から気圧の谷が近づきます。
太平洋側の各地でも湿った重い雪となる可能性があります。

冬晴れ青空

まだ寒気の中

等圧線が縦じま模様の冬型の気圧配置となり、
近畿北部~東北の日本海側では雪のところが多くなりました。
また太平洋側も季節風が吹きぬけて、体感的にはかなり寒くなりました。
栃木県那須高原で28.4m/s、セントレア中部空港で23.1m/sなど。

残雪多めの冬景色 (鳥取県日野町)

大山の麓は雪の中

縦縞の冬型

きのう太平洋側に雨を降らせた低気圧は東の海上に遠ざかり
日本海には寒気を伴った低気圧があって東北地方を通過。
上空寒気の影響で大気が不安定になったため、
東京都心など太平洋側でも雨雲がわいてにわか雨となりました。

寒冷渦の通過後は本格的に冬型の気圧に移行。
寒気移流により北西風が強く吹きこみ、
日中は15.7℃のポカポカ陽気となった東京地方も夜には気温がぐんぐん低下しました。

寒気でできた積雲群

寒気でできた積雲群

寒気の雲

寒気の雲

寒冷渦の渦巻き

寒冷渦の渦巻き

冬型へ移行

冬型へ移行

昨日は穏やかに晴れてお出かけ日和でしたが
きょうは低気圧の通過により、西~東日本の太平洋側でも雨となりました。

カラカラに乾いた東京都心は1月8日ぶりに久しぶりに恵みの雨…
と予想されましたが、関東に来ることには雨雲がスカスカだったためか、
都心のアメダス観測では1mm以上の雨は観測されませんでした。
各地で火災が相次いでいますので、引き続き火の用心を心がけましょう。

近畿で雨域まとまる

近畿で雨域まとまる

西から雨域東進

西から雨域東進

きょうは日本海北部を寒気を伴った低気圧が通過。
背後からは新たに強い寒気が流れ込んで、
日本海側を中心に午後から雪雲がかかりました。

太平洋側は冬晴れで日中は穏やかな天気でしたが、
朝晩の冷え込みは厳しくなっています。

快晴の横浜

快晴の横浜

氷の粒からできる尾流雲

氷の粒からできる尾流雲

新たに寒気強化

新たに寒気強化