BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

オホーツク海で低気圧が猛発達し、北日本中心に大荒れの天気。
北海道の上空1500m付近には-24℃の強い寒気が流入。

えりも岬では37.9m/sを観測し、羽幌町や留萌市ではホワイトアウト状態。
視界がなく運転は危険な状態で、道内の鉄道や空の便にも運休や乱れがでました。
東北日本海側も雪雲がびっしりで、山形や秋田の内陸部で30cm以上の積雪増。

関東の夕焼け

北日本に強い寒気

全道的に-10℃以下

低気圧が猛発達

日本海で低気圧が急発達し北日本を通過。
暖気が入り連日冷凍庫だった北海道も雪ではなく雨となったところも。
全国的に南風が吹き込み寒さはすこし和らぎ
東京都心は正午5度台の気温が夜21時に9.8℃と暖かい夜。

あす以降は強い寒気が流れ込み、北日本を中心に大荒れの天気となりそうです。

関東も雨がぱらつく

前線に伴う雨雲

低気圧が急発達

きょうも全国的に穏やかな冬晴れとなり、成人式日和。

その分北日本を中心に冷え込みが強まり、
旭川市江丹別で-29.8℃などこの冬一番の低温となった地点も多数。
よく晴れて-28℃までキンキンに冷え込んだ富良野ではサンピラー(太陽柱)現象なども。

羊蹄山もくっきり

東北南部の上空

高気圧に覆われる

東北と九州の一部を除いてほぼ全国的に穏やかな晴天。
寒気に覆われた北日本を中心に放射冷却が強まり、
北海道旭川市の江丹別では-29.5℃の冷え込み。

洞爺湖畔の眺め

洞爺湖の遠望

弱い冬型

きょうは南岸低気圧の影響で東・西日本でぐずついた天気。
東京都心では午前10時過ぎに初雪が観測されました。
(平年より9日遅く、昨年より12日遅い観測)
日中も6.2℃までしかあがらず底冷えの1日。

一方、北陸や北日本は寒気の影響も弱まって青空が広がりました。

横浜市内も雪が舞う

澄んだ夕暮れ @北海道洞爺湖町

南岸低気圧

冬型の気圧配置が強まり、各地で冷たい季節風が吹き荒れました。
京都府京丹後市間人で24.3m/s、新潟県妙高市で24時間65cmの積雪。
ただ今回の寒気は一過性で、午後からは雪雲も少なくなってきました。

【初雪】 奈良(平年比+21)、熊谷(+11)

近畿中部にも雪雲 (大阪提供)

澄んだ空気

風も強まる

東北地方を気圧の谷が通過したあと、冬型が再強化されます。
西日本と東日本には上空1,500mで-9℃以下の強い寒気が流れ込み、
夜になって日本海で増殖した雪雲が北陸~山陰にかかりました。

新潟県上越市大潟での日降水量83.5mmは1月の最大記録、
山形県内では30cm/日を超える大雪。

快晴の新橋駅

北陸~山陰で雪雲強化

気圧の谷が通過中

きょうも冬型の気圧配置で北陸から北の日本海側を中心に雪や雨。
昨夜の石狩地方の大雪は峠を越すものの、
道央には雪雲が流れ込み、恵庭市などでは夜から再び強い雪。

石狩湾の雪雲 @北海道江別市

夕張山地にも雪雲

冬型再強化

北日本を低気圧や前線が通過した後は再び寒気が流入。
北日本や北陸などで雪雲が発達し、千歳市や恵庭市では半日で20cm超の積雪。
新千歳空港は欠航遅延便が相次ぎ、帰省Uターン客が足止めに。
四国沖の南岸Lの影響で西日本も雲が多く、晴れたのは関東~東北太平洋側のみ。

道央は雪

札幌市内も降雪

なかなかのお味

石狩湾からの雪雲

再び寒気入り

東・西日本の冬型は弱まりつつあり、新春寒気もいったん北上退散の気配。
東北日本海側、北陸、近畿北部にかかっていた雪雲も少なくなりました。
太平洋側はすっきり青空でしたが、放射冷却で朝晩は冷え込みが強まりました。

午後6時10分頃、熊本地方を震源とするM5.0の強い地震があり、
熊本県和水町で震度6弱などを観測。
九州内の新幹線の運転見合わせで帰省Uターン客が足止めとなりました。

冬晴れ続く

熊本で震度6弱

冬型すこし緩む

きのうは若干冬型が弱まったものの、新たな年を迎えて新たな寒気が入ってきます。
日本海側は再び雨や雪のところが多くなるでしょう。

太平洋側は冬晴れで、初日の出もばっちりでしたが、
気圧の谷の通過でところにより雪が舞うところも。

元日早々に南シナ海では台風1号が発生しました。

初日の入り

冬型少し緩む