BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

関東の南岸は秋雨前線の雲がかかり、朝から冷たい雨。
東京の14時の気温は21.3℃で昨日の同時刻比で9℃も急降下。
また、北海道もシャープな寒冷前線の通過に伴い午後は強い雷雨。
西日本は晴れて残暑が厳しく、高知市で33.7℃(今朝の稚内市の最低気温は1.7℃)

今季初? 寒気に伴う筋状の雲

関東南部でぐずつく

低気圧や前線の影響で関東から北の地域はぐずついた天気。
1週間経過してもなお依然として停電が約7万戸余、
断水が14,500戸余で続く千葉県内は再び雨風強まり
千葉県鴨川市で28.5mm/hの強雨、館山市では135mmの大雨となった。

一方、陽射したっぷりの東海から九州南部の太平洋側を中心に気温が上がり
岐阜県多治見市で36.3℃を記録するなど、残暑は厳しい状態。

陽射しは暑い @山口県宇部市

東京湾の低層雲

房総で雨風強まる

きょうは寒冷前線通過の影響により北日本で一時雨となったほかは
東~西日本にかけて概ね晴れてお出かけ日和。

関東の南東海上に発生した熱帯低気圧が近づいて
千葉県など沿岸部では夜から雨風強まりました。

少し不安定な雲 @山口県菊川町

風もやや強め

熱低と前線が北上

沿海州の低気圧から延びる前線が近づき北日本の天気は下り坂。
関東も北東気流できょうもどんより天気でしのぎやすい陽気
一方で、大分県日田市で34.1℃など西日本では残暑厳しめ。

夕方の皇居

台風のシンポジウム

北日本で下り坂

乾いた空気を持った移動性高気圧が通過し北日本中心に秋晴れ。
西日本も日本海側ほど陽射しがあって、暑さと爽やかさが同居。

冷涼な北東気流の流れ込む関東はどんより曇り空で涼しい陽気。
東京都心の最高気温は23℃で平年より4℃ほど低空飛行、
日中でもしのぎやすく朝晩は肌寒いくらい。

山陰は晴天

まだ15万軒で停電続く

南海上で対流活発

前線位相の通過で広範囲で大気が不安定となり
兵庫県姫路市58mm/h、山形県鶴岡市57mm/hなど各地で激しい雨。
首都圏も雷雲が発達し夕方に激しい雷雨。
この雨を境にカラッとした空気に入れ替わり。

雷雲通過中

きょうも雷雲発達

発雷も多数

前線南下で猛暑に出口が

きょうも9月とは思えぬ猛烈な残暑となり
岐阜県多治見で37.6℃、群馬県前橋市で37.0℃などを記録。
東京都心も35.6℃まであがり9月で2日連続の猛暑日は27年ぶり。

また充満する高温多湿な空気の影響で大気の状態が不安定となり
中国地方や関東なとで局地的に雷雲が発達し、猛烈な雨のところも。

【各都市の1時間降水量】
1 茨城県坂東市 83.0mm/h (21:36) [観測史上1位の値を更新]
2 茨城県古河市 61.5mm/h (20:57) [9月の1位の値を更新]
3 鳥取県倉吉市関金 56.5mm/h (15:22) [観測史上1位の値を更新]

15時鳥取県で記録的短時間大雨
倉吉市付近で約100ミリ

日が暮れても蒸し暑い

夏バテを解消

茨城県で猛烈な雨

熱帯の空気が覆う

台風15号は非常に強い勢力で3時前に三浦半島を通過、
強い勢力を維持したまま午前5時前に千葉市付近に上陸しました。

台風は当初の予想より勢力が強まったこととと転向時に速度が遅くなったことから
千葉市で57.5m/sなど観測記録を大幅に更新する地点も多くなりました。
東電管内では一時77万戸が停電し、首都圏の鉄道網が軒並み運休。

台風の置き土産で東京都心の最高気温は36.2℃で、ここにきて今季一番の暑さ。
9月としては19年ぶりに36℃超えの猛暑。

各地で観測されている大雨と暴風(9:00現在)
*は観測史上1位を記録
大雨 静岡県天城山
東京伊豆大島
450mm
314mm
強雨 静岡県天城山
東京伊豆大島
横浜市中区
東京江戸川区
109.0mm/h*
89.5mm/h
72.0mm/h
72.0mm/h
暴風 東京神津島
千葉市中央区
東京新島空港
千葉県木更津市
千葉県成田市
羽田空港
58.1m/s*
57.5m/s*
52.0m/s*
49.0m/s*
45.8m/s*
43.2m/s*
高温 三重県桑名市
東京練馬区
37.9℃
37.0℃

0時20分静岡県で記録的短時間大雨
伊豆市付近で約110ミリ

上陸時も綺麗な円形を維持

コンパクトながら筋肉質

台風一過の猛暑 @東京都心

台風通過

台風15号が伊豆諸島近海を北上し、夜には関東沿岸に接近。
高暖湿な空気が流れ込み、日中から時折スコールがある不安定な空模様。
コンパクトながら非常に強い勢力にまで発達、
首都圏も昨年の24号に匹敵する記録的な暴風と大雨が心配。

【各地の最大瞬間風速】
1 東京都神津島村 58.1m/s 東南東 (21:03) [観測史上1位の値を更新]
2 東京都新島村 51.4m/s 東南東 (21:51) [観測史上1位の値を更新]
3 東京都三宅坪田 48.4m/s 南 (22:12) [観測史上1位の値を更新]
4 静岡県東伊豆町稲取 48.3m/s 北北東 (23:17) [観測史上1位の値を更新]

流れゆくスコール雲

首都圏直撃コースへ

伊豆諸島を北上

台風13号は東シナ海を北上し、西日本には暖かく湿った空気が流入。
三重県では昨夜に続いてまた未明に猛烈な雨を解析。
日中は兵庫県豊岡市で35.8℃、大阪市で35.5℃など厳しい猛暑。
北日本には気圧の谷や前線の雨雲がかかり、あいにくの天気に。

1時三重県で記録的短時間大雨
いなべ市付近で120ミリ以上
菰野町付近で約120ミリ

ぷかぷか積雲

西日本に暖湿流

台風13号は940hPaの非常に強い勢力で昼過ぎに宮古島を通過。
宮古空港では61.2m/sの猛烈な風(観測史上1位)を観測。

また、湿った空気で雨雲が発達し、未明には三重県内で局地的に猛烈な雨となり
員弁川の支流が溢れ三重県東員町には警戒レベル5が発表。
00時50分三重県で記録的短時間大雨
四日市市山城で121ミリ

【最大1時間降水量】
1 三重県四日市市 105.0mm/h (02:47) [観測史上1位の値を更新]
2 三重県鳥羽市 79.0mm/h (06:50) [9月の1位の値を更新]
3 沖縄県宮古島市 72.5mm/h (12:29) [9月の1位の値を更新]

宮古島を通過

目もくっきり

三重県北部で猛烈な雨

西日本で不安定

昨夜の関東南部に続き、きょうは近畿地方で局地的に激しい雷雨。
大阪の生駒山で62.5mm/hの激しい雨を観測。
気温も全国トップは大阪枚方市の34.8℃でムシムシ度も最上級。

夏空に雷雲発達 @大阪市内

かなとこ状 (大阪支社提供)

近畿や東海で雷雲発達

前線帯で大気不安定

日本海の前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み
上空寒気の影響もあって東~西日本の広範囲で大気が不安定。
中国地方の山沿いや関東南部では激しい雷雨となり、局地的に猛烈な雨。
横浜駅構内や岡山県新見駅では浸水の被害も。

【各都市の1時間降水量】
1 広島県安芸高田市甲田 72.5mm/h (18:11) [観測史上1位の値を更新]
2 広島県安芸太田町内黒山 60.0mm/h (17:06) [9月の1位の値を更新]
3 東京都府中市 59.0mm/h (17:52) [観測史上1位の値を更新]
4 岡山県新見市千屋 52.5mm/h (19:00) [観測史上1位の値を更新]

18時50分岡山県で記録的短時間大雨
新見市付近で約100ミリ
19時10分岡山県で記録的短時間大雨
新見市付近で約120ミリ

21時50分静岡県で記録的短時間大雨
裾野市付近で約120ミリ
22時静岡県で記録的短時間大雨
長泉町付近で約110ミリ
22時10分静岡県で記録的短時間大雨
長泉町付近で120ミリ以上
富士市付近で120ミリ以上

雷雲が発達

中国も猛烈な雨

都内も雷雨 @秋葉原

大気が不安定

9月に入り秋の訪れ…と思いきや、南海上には台風の卵が沢山で
太平洋高気圧が再びパワーアップし前線は再び日本海まで北上。
静岡市で34.9℃、千葉県市原市牛久で34.8℃など、
東海や関東で非常に蒸し暑い陽気が復活してしまいました。

夏と秋が混在

前線北上で日本海へ