BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

北日本を発達した低気圧が通過し、道内は荒れ模様の天気。
東北日本海側でも寒冷前線通過に伴い雨や雷雨となり、北西の風が強まったほか
関東も朝のうちは雨雲が発達して発雷となり、房総などでは激しい雨。

朝は晴天の鳥取駅

関東は発雷

前線通過で不安定

前線に近い沖縄や朝まで一部しぐれの天気が残った北陸を除いては
移動性の高気圧に覆われてほぼ全国的に秋晴れ。
東~西日本は日中15℃以上まで上がって日向では爽やかな陽気。

朝もや

空気爽やか @鳥取大山

秋晴れの蒜山高原

1日限りの高気圧

冷たい雨をもたらした低気圧は東の海上に遠ざかり
山陰や北陸など日本海側では若干しぐれて雨が残るも
東~西日本の太平洋側では天気は回復し、寒さも解消。
東京都心は再び20℃近くまで上がって、気温も乱高下。

気温も復活

低気圧東海上へ

本州の南岸を低気圧が発達しながら進み、東~西日本の広い範囲でまとまった雨となり
朝のうちは東京伊豆大島で71.0mm/h、三重県志摩市阿児で67.0mm/hなど局地的に激しい雨。
北東からの冷たい風の影響で気温が上がらず、首都圏では日中10℃台で厳冬期並みの寒さ。

人影もまばら

バルジ状に発達

まとまった雨

前半は北日本の低気圧や前線の影響で、北陸以北の日本海側で雨。
東~西日本の太平洋側は日中は穏やかな晴天となったものの
早くも西から天気は下り坂で九州南部では夜になって雨が降り出しました。

秋晴れ

高気圧圏内

東海沖の低気圧の影響で、関東では朝のうち雨が残ったものの
昼からは陽射しが復活し天気は回復。気温も少し持ち直して都心で17℃前後。
西日本では朝からよく晴れて日中はポカポカ陽気。

快晴の広島市内

昼から天気回復

中四国、九州、北日本では日中は晴れて穏やかな天気となったものの
紀伊半島では高気圧縁辺の風が収束し三重県などで激しい雨。
雨域は夜にかけて東~西日本の広い範囲に広がり、
東京都心は日中13℃台までしかあがらず12月の陽気。

紅葉見頃の福山城

紀伊半島沖に低気圧発生

東~西日本は高気圧に覆われてすっきり晴天となったものの
低気圧に近い九州南部では雲が多めで天気は下り坂。
また北日本には別の気圧の谷が近づき、北陸、東北、北海道では雨や雷雨。

ちょうど見頃

北日本に気圧の谷

西高東低の冬型の気圧配置で、日本海側でしぐれ模様の冬型の天気分布。
札幌ではようやく初雪を観測し、甲信越や上越の山沿いでも今季初めて本格的な積雪。
太平洋側は乾燥した冬晴れとなり視界もクリア。

【初雪】 札幌(平年比+15日)、室蘭(+14日)

冬晴れ

冬型の気圧配置

昨夜遅くから関東地方では低気圧の雨雲がまとまり、昼過ぎまで雨模様。
陽射しがお休みの東京都心は日中12℃台でひんやり。
また日本海にも別の低気圧が発生して、北日本から北陸の日本海側でも雨。

昼まで雨

寒気を伴う気圧の谷

低気圧は東の海上に離れて冬型の気圧配置となり、釧路で初雪を観測。
道内や北陸で雨や雪が残ったほかは天気が回復し晴れ間のところも。
関東も未明は北西風が強まり建設現場の足場が倒壊。

一夜で冬景色

アイスバーン

道内で-6℃の寒気

冬型の気圧配置に

深い気圧の谷が通過して全国的に雨や風が強く荒れ模様の天気。
特に紀伊半島で雨雲が発達し和歌山県で激しい雨となったほか
低気圧中心に近い北海道宗谷では中頓別町などで24H100mmの大雨で列車運休。

本降りの雨 @旭川駅

紀伊半島沖のテーパリング

低気圧発達して通過

寒冷前線が通過して秋田県由利本荘市で32.5mm/hの激しい雨。
前線南側の東・西日本は秋晴れで暖かい空気に覆われ、日中20℃前後の爽やかな陽気。
北日本は前線通過後は北西の季節風が強まり、夜になって気温急降下。

【初雪】 帯広(平年比+9日)

色付き進む伊吹山

北日本で前線通過

太平洋高気圧の南縁で天気がぐずついている沖縄を除いて
きょうも全国的に高気圧の圏内で穏やかな晴天となった所が多く
朝晩は内陸部を中心に冷え込んだものの、日中は過ごしやすい陽気。

落ち葉回廊

秋晴れ続く

高気圧ど真ん中

関東沖の気圧の谷は東海上に遠ざかり天気は回復し、
東・西日本は太平洋側を中心によく晴れて爽やかな1日。
日中は陽射したっぷりで20℃前後まで昇温。

北日本から北陸にかけて気圧の谷やシアラインで大気が不安定となり発雷。

色付き進む

北日本で気圧の谷

高気圧に覆われて多くのエリアで秋晴れとなったものの、
高気圧の鞍部にあたる関東と後面にあたる四国では
湿った風の収束で雲が多くて一部で雨。
また、夜は東北日本海側でも気圧の谷が接近して再び雨のところも。

陽射し控えめ

高気圧後面で雲多め

高気圧に覆われてほぼ全国的に秋晴れ。
朝は放射冷却で冷え込みが強まり長野県菅平で-6.5℃まで低下。
平地でも徐々に色付きが進んで各地のスポットは紅葉狩りで盛況。
東北の日本海側では弱い気圧の谷で雨のところも。

夕暮れ

高気圧圏内

弱い冬型の気圧配置で北日本から山陰など日本海側でしぐれ模様。
北海道では日中も10℃以下で陸別町では-8.0℃の冷え込み。
関東から西の太平洋側では陽射しもあって平野部でも紅葉も見頃に。

関東は秋晴れ

北日本で冷え込み

北日本の上空約5500m付近で-30℃以下の寒気が流入し
北海道では平野部でも初雪ラッシュ。
東~西日本はきょうも晴天で日中はポカポカ陽気。

【初雪】 旭川(平年比+16日)、函館(+3日)、網走(+5日)

ミニくらげ多数

色付き進む

北日本で冬型

北陸から北では気圧の谷の影響でぐずついたものの
文化の日らしく東~西日本は晴れて行楽日和。
25℃以上の夏日となったところもあり、東京都心の24.3℃は歴代5番目の高温。

【初雪】 稚内(平年比+15日)

快晴の京都

北日本で雨

台風22号から連なる前線の活動が活発で、沖縄では局地的に激しい雨。
宮古島では24時間雨量が200mmを超える大雨。
その他のエリアは日本海側のしぐれ天気も縮小して爽快な秋晴れ。

快晴

沖縄で前線活発

日本付近は弱い冬型の気圧配置で、北日本や北陸などの日本海側で若干しぐれ模様。
また、フィリピンに被害をもたらした台風22号に連なる雨雲で沖縄もぐずついた天気。
東・西日本は秋晴れで日中は過ごしやすい陽気。

飛翔する鳥 (尾流雲)

気圧の谷が抜けて

きょうも全国的にまずまずの晴天となったものの
北日本にはまめ低気圧が接近し、(天気図には書かれていないものの)
そこからのびる前線性シアの通過により、日本海側の各地は夕方からにわか雨。
東京都心の最高気温は19.2℃のほぼ平年並みで、街路樹はちらほら色付きも。

高積雲の境界

北日本の低気圧

よく晴れたけさも各地で放射冷却が冷え込みが強まり
岩手県宮古市区界で-6.3℃など、全国10地点で10月としては過去最低気温を記録。
東京都心の8.5℃をはじめ、横浜市、千葉市などで今シーズン1番の冷え込みに。

陽が陰るとひんやり

弱い気圧の谷

寒気トラフに伴う気圧の谷は東の海上に抜けて、全国的に秋晴れ。
朝まで雨が残った関東は沿岸部中心に強い北風が残ったものの
東京都心は18.5℃まで持ち直し11月上旬並みの陽気まで回復。
朝は北海道旭川市江丹別で-6.4℃の冷え込みに。

【初氷】 網走(平年比-4日)、青森(-15日)、長野(-12日)

朝から青空

少しずつ色付き

高気圧の圏内

上空約5500mで-27℃以下の強い寒気トラフが流入。
大気が不安定な山陰では局地的に激しい雨で、鳥取県鹿野町で44mm/h。

各地から冬の便りが相次ぎ、浅間山(例年比6日早)、男体山(10日早)、白山などで初冠雪。
真っ白に雪化粧した富士山は-15℃以下の気温に。
関東平野部はきょうも日中12-13℃台のひんやり空気で、12月中旬頃の陽気。

【初氷】盛岡(平年比-6日)、山形(-13日)

-27℃の寒気コア

寒気前面で雨雲増殖

強い寒気流入

寒冷前線通過で冷たい空気に入れ替わり、関東は一気に初秋から晩秋の陽気。
昨日23℃あった正午の都心の気温は12℃まで下がり、昨日比で10℃以上低下。
上空約5500mで-30℃の寒気コアの影響で山陰地方は大気が不安定。

雲が多め

空気入替わり

寒冷前線の南下に伴い、北陸や山陰で不安定な天気。
前線後面は冷たい空気で北日本は日中も曇天10℃以下でひんやり。
一方、関東から西の各地は日中晴れてポカポカ陽気となり夏日の所も。

秋の雲 (東京駅)

鳥の群れ

前線が南下

東海以西では晴れ間があったものの、関東や東北は雲が多めで
東北では寒冷前線の通過に伴い午後から雨や雷雨のところも。
東~西日本は前線の南側で暖かい空気が流れ込んで、体感的には暖かめ。

陽射しもあり

東北は前線通過

昨日に引き続き全国的に移動性高気圧に覆われてすっきり秋晴れ。
北日本は後半天気は下り坂で雲が増えたものの、雨の所はほとんどなし。
朝は内陸部で冷え込んで、長野県菅平で-3.1℃まで気温低下。

くらげのような尾流雲

移動性高気圧

上空500hPa付近で-24℃の寒気トラフの通過により、
山陰や東北の一部で雨となったほかは全国的に晴天域が拡大。
冷たい空気の影響で朝晩は冷え込んで、岩手県盛岡市薮川で-3.5℃まで低下。

雲は多め

次第に高気圧圏内

前線帯が南下して西高東低の冬型の気圧配置。
全国的にひんやりした空気に置き換わり、山陰や東北など日本海側ではしぐれ模様。
関東は日中雨が止んだものの、夕方以降は寒気の影響で再び雨雲が増殖。

どんより肌寒い

冬型の気圧配置

北日本は一部で雨となったものの、東海以西はすっきり晴れて多の地点で夏日。
北東気流の影響で水曜日からぐずついた天気となっていた関東甲信も
ようやく天気は回復し青空が復活。

3日ぶりの青空

北高型

寒冷渦に伴う低気圧が接近し、北日本から東北では風が強く荒れ模様の天気。
上空500hPaで-24℃の寒気コアがかかり、大気も不安定で雷雨となったところも。
関東は陽射しと共に気温も回復し、都心は25.8℃の夏日でカラッとした暑さに。

爽やかな陽気

夕焼け

寒冷低気圧

寒気を伴った気圧の谷の通過で全国的にぐずついた天気で
低気圧が近づいた北日本では雨や風が強く荒れ模様。
関東は昼から天気は回復し、沿岸部は南風で昇温したものの内陸部はひんやり。

暖気の境界

寒冷前線が通過

西から南北に連なる寒気を伴った気圧の谷が近づき西~東日本でぐずついた天気。
高気圧後面の湿った空気が流れ込み、紀伊半島では局地的に猛烈な雨。
関東も陽射しは少なく午後から雨が降り出しました。

14時50分和歌山県で記録的短時間大雨 新宮市南部付近で約110ミリ
15時30分和歌山県で記録的短時間大雨 那智勝浦町付近で約110ミリ
16時和歌山県で記録的短時間大雨 新宮市南部付近で約110ミリ

朝のうちは青空も

夕方には雨

局地的に雨雲発達

西から下り坂

北陸や北日本はしぐれの天気が残ったものの
ここ3日間冷たい雨となった関東の天気はいったん回復。
東京都心の気温は昨日から10℃上昇の20.9℃で10月下旬まで持ち直し。

日本海側は波高め

一時的に冬型

寒気を伴った低気圧が日本海から南下。
また本州の南岸にも低気圧が発生して発達しながら通過。

関東はきょうも朝から雨で午後は雨脚が強まり、夕方は20mm/h超。
沿岸部では風も強く横殴りの雨となり荒れ模様。
気温は依然として12月並の11℃台で体感的にも堪える寒さ。
日本海側も気圧の谷通過後は寒気の吹き出しでしぐれ模様の天気に。

【初氷】 帯広(平年比-8日)、札幌(同-21日)

天気回復後再び雨 (鳥取県)

気圧の谷で雨

北高型の関東は気圧の谷が残りきょうも冷たい雨が継続。
東京では一昨日28℃あった日中の気温が12℃で一気に真冬並みの陽気。
北海道や東北内陸では夜になって5℃以下の冷え込み。

【初冠雪】岩手山(平年比-7日)、八甲田山(-13日)、岩木山(-15日)、立山(-6日)

正午で12℃台

関東に北東気流

前線が南下し初冬の空気に入れ替わり、季節が前進。
今シーズン初めて寒気に伴う筋状の雲も登場。
北日本を中心に冷たい空気に覆われ、北海道の旭岳や利尻岳で初冠雪。
午後は関東中心に冷たい雨。

午後から雨

寒気の吹き出しによる筋雲

季節を分ける前線

本格的な秋の空気を携えた前線が日本海側から南下。
影響が早い北日本では雨や風が強まり荒れ模様の天気。
東北以南も南西の風が強まり、福岡県糸島市前原で32.6℃と季節外れの暑さ。

前線通過後のあす以降は一気に季節が前進の見込み。

南西風強まる

寒冷前線が南下

きょうもまだ高気圧圏内で関東や九州などを中心に晴れたものの
日本海から近づく前線の影響で近畿~東北は次第に雲が増量。
三重県の志摩半島は高気圧後面の風の収束で断続的に強い雨。

秋の高積雲

西から下り坂

低気圧に向かって南風が吹き込んだ北日本はフェーン現象で昇温し、
湧別町で30.6℃、斜里町で30.5℃など記録的な高温。
北海道で10月に30℃以上の真夏日となるのは観測史上初。

フェーンで昇温

本州は秋晴れ

きょうは大陸由来の移動性高気圧に覆われてほぼ全国的にすっきり晴天。
朝は本州内陸部で5℃以下に冷え込んだところもあり
平年より2日早く富士山の初冠雪が観測されました。

晴天積雲

高気圧の圏内

上空の気圧の谷や風の収束などで西日本には発達した雨雲がかかり
九州などで局地的に猛烈な雨となったほか、中国や近畿でも強い雨。
台風17号は小笠原付近を通過後、日本から離れて北東へ進む予想。

【各地の最大1時間降水量】
佐賀県鳥栖市 80.5mm/h (05:37) [9月の1位の値を更新]
熊本県天草市牛深 62.5mm/h (06:45) [9月の1位の値を更新]
大分県中津市耶馬渓 58.0mm/h (07:20) [9月の1位の値を更新]

九州で雨雲発達

関東は晴天

高気圧の南縁で不安定

大陸からの高気圧に覆われて全国的に爽やかな青空。
連休最終日にしてようやくお出かけ日和。
西日本は湿度が高めで天気は下り坂。

爽やかな海風

天気回復

未明にかけて静岡県内で猛烈な雨が続き、記録的な豪雨に。
静岡市内は送電線の倒壊などで最大約11万9000戸が停電したほか
東海道新幹線は午前中運転見合わせ。土砂災害などで死傷者も。
台風は温帯低気圧に変わったものの、関東は午後まで大気が不安定。

0時静岡県で記録的短時間大雨
掛川市付近で約110ミリ 静岡市北部山間部付近で約110ミリ
磐田市付近で約110ミリ 藤枝市付近で約110ミリ 森町付近で約110ミリ
0時30分静岡県で記録的短時間大雨
静岡市南部山間部付近で約120ミリ 静岡市平野部付近で約110ミリ
1時静岡県で記録的短時間大雨 島田市付近で120ミリ以上
1時10分静岡県で記録的短時間大雨 川根本町付近で約110ミリ
1時20分静岡県で記録的短時間大雨 静岡市北部山間部付近で約110ミリ
1時50分静岡県で記録的短時間大雨
静岡市平野部付近で約110ミリ 焼津市付近で約110ミリ
2時静岡県で記録的短時間大雨
静岡市南部山間部付近で約110ミリ 吉田町付近で約110ミリ
2時30分静岡県で記録的短時間大雨 静岡市平野部付近で120ミリ以上

【各地の最大12時間降水量】
静岡県静岡市駿河区静岡 404.5mm (05:50) [観測史上1位の値を更新]
静岡県静岡市葵区鍵穴 392.5mm (02:00) [観測史上1位の値を更新]
静岡県藤枝市高根山 391.5mm (02:0) [観測史上1位の値を更新]

テーパリングクラウド (02:00)

都心は不安定

南北に立って不安定

紀伊半島の南海上で台風15号が発生。
台風の東側で湿った風が収束し、東海地方では雨雲が発達。
特に夜になって静岡県内では線状降水帯により猛烈な雨となり、
浸水害や土砂崩れが相次いだほか、東海道新幹線も運転見合わせ。
関東から北日本もぐずついた天気。

14時30分三重県で記録的短時間大雨 志摩市付近で約120ミリ
21時40分静岡県で記録的短時間大雨
牧之原市付近で120ミリ以上 島田市付近で約110ミリ
21時50分静岡県で記録的短時間大雨
島田市付近で120ミリ以上 浜松市南部付近で約120ミリ
焼津市付近で約120ミリ 吉田町付近で約120ミリ
磐田市付近で約110ミリ 藤枝市付近で約110ミリ
22時静岡県で記録的短時間大雨 藤枝市付近で120ミリ以上
22時20分静岡県で記録的短時間大雨
静岡市南部山間部付近で約110ミリ 静岡市平野部付近で約110ミリ
22時30分静岡県で記録的短時間大雨 静岡市南部山間部付近で120ミリ以上
22時50分静岡県で記録的短時間大雨
浜松市北部平野部付近で約110ミリ 森町付近で約110ミリ
23時静岡県で記録的短時間大雨 浜松市北部山間部付近で約110ミリ
23時50分静岡県で記録的短時間大雨
川根本町付近で約120ミリ 島田市付近で約110ミリ

【各地の最大1時間降水量】
静岡県牧之原市静岡空港 110.0mm/h (21:47) [観測史上1位の値を更新]
静岡県菊川市菊川牧之原 99.0mm/h (21:21) [9月の1位の値を更新]
三重県志摩市阿児 78.0mm/h (14:53)

近くで発生

雨雲が発達 (21:30)

台風の北東側で発達 (18:00)

相当温位シャープな流入

15号が発生

寒気が流れ込み北日本中心に気温が低下。
北海道上川郡下川町で0.1℃、ぬかびら源泉郷で0.2℃の冷え込み。
南海上の熱帯低気圧からの湿った空気の影響で、東海を中心に中日本で雨。

巻雲の広がり

熱帯低気圧の雲塊 (21:00)

朝晩ひんやり

台風や一連の気圧の谷は東の海上に離れて東・北日本の天気も回復。
大陸からの涼しい空気に覆われて、朝晩ひんやり秋の装い。
北海道幌加内町朱鞠内では最低気温が1.7℃まで低下。

あばら骨

秋の空気