BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

太平洋側の各地では夏空が広がり、四国地方で平年より2日遅く梅雨明け発表。
一方で前線に近い日本海側は不安定な天気で
九州北部、山陰、北陸にかけては雷雲が通過し、長崎県壱岐市芦辺で68mm/hの激しい雨。

絨毯のような高層雲

日本海側で不安定 (14:30)

太平洋側は安定

高気圧の勢力が拡大し、関東・東海地方から梅雨明け。
いずれも平年より1日早く、梅雨期間は1ヶ月にも満たず短い梅雨でした。
長野県飯田市南信濃で36.1℃、滋賀県東近江市で36℃など、東海甲信を中心に猛暑。

夏空

東から梅雨明け

西日本で高気圧の勢力が増強し、九州南部では平年より2日遅い梅雨明け。
梅雨前線の活動は小康状態でも大気が不安定で、
近畿や関東・東北などでは午後の昇温で局地的に雨雲が発達。

雨雲接近中

前線付近で不安定 (15:30)

前線が中日本貫通

停滞する前線に向かって湿った空気の流入し、本州で雨雲が発達。
東海や近畿、関東などで激しい雨となり、未明には大阪市内で41mm/hなど。
東北以北は前線の北側できょうも晴天。

【各地の1時間最大降水量】
静岡県磐田市 77.0mm/h (03:49) [7月の1位の値を更新]
岐阜県美濃加茂市 76.0mm/h (20:04)
静岡県掛川市 56.5mm/h (03:42)
大阪府関空島 51.5mm/h (00:19) [7月の1位の値を更新]

関東や東海で雨雲発達 (19:00)

西日本で北上傾向

きょうも梅雨前線が日本列島上を横断して活発。
鹿児島県伊佐市大口で58mm/hなど九州を中心に大雨継続。
また近畿でも雨雲が発達し、京都府京丹波町本庄で54mm/hの激しい雨。

一方の沖縄では猛暑となり那覇市安次嶺の35.7℃は観測史上最高。
(那覇気象台の35.5℃も7月としての観測史上最高)

九州中心に大雨続く(07:00)

東北は陽射しも

前線が停滞

梅雨末期にさしかかり梅雨前線の活動が活発化。
暖かく湿った空気の流れ込みで九州を中心に雨雲が発達。
北日本では晴れたものの、前線帯の北陸や中国でも局地的に激しい雨。

【各地の最大1時間降水量】
長崎県五島市上大津 85.5mm/h (07:42) [7月の1位の値を更新]
長崎県五島市福江 85.5mm/h (07:39)
宮崎県小林市野尻 77.5mm/h (13:07) [観測史上1位の値を更新]

東北地方もどんより

九州で雨雲発達

長崎沖の積乱雲 (06:00)

暖湿気が流入

梅雨前線が本州上に停滞し、西・東日本の広い範囲で梅雨空。
午前3時50分頃、昨夜から断続的に強い雨となっていた松山城の城山で
北東側斜面が幅約50m、高さ約100mにわたって崩れ、住宅やマンションに流入し3名が行方不明に。

関東は梅雨空

西・東日本で雨

前線の南下に伴い発達した雨雲帯が通過。
未明には山口県下関市で85mm/hの猛烈な雨を観測。

1時山口県で記録的短時間大雨 下関市菊川付近で約100ミリ
1時30分山口県で記録的短時間大雨 下関市下関付近で約100ミリ

梅雨の戻り

梅雨エリア南下

前線上の日本海を低気圧が東進し、寒冷前線が南下。
夜には中国地方を活発な雨域が南下し、非常に激しい雨を観測。
3時間降水量は山口県岩国市広瀬で135mmとなり観測史上1位。

前線南側の関東は暑さが続き、千葉県市原市牛久で36.5℃。

【各地の1時間降水量】
島根県浜田市波佐 79.5mm/h (19:19)
島根県浜田市弥栄 65.5mm/h (19:13) [7月の1位の値を更新]
広島県庄原市 62.0mm/h (20:50)

中国地方で激しい雨 (20:00)

関東も大気不安定

暖気が収束

梅雨前線上の日本海を低気圧が東進し、東北地方で大雨。
山形県最上町向町では61.0mm/hで観測史上1位の値を更新。

また山陰でも雨雲が発達し、島根県松江市鹿島で59mm/hなど非常に激しい雨。
松江の3時間108mm、6時間165mmは何れも観測史上最大で、冠水被害などが発生。

山陰で雨雲発達 (12:30)

関東は南西風強め

低気圧周辺で活発

梅雨前線は引き続き日本海から東北地方にかけて停滞し
新潟や山形県内などで局地的に激しい雨。
その南側の関東以西の太平洋側では真夏の陽射しで猛烈な暑さ。

【各地の最高気温】
和歌山県新宮市 39.6℃ (13:29) [観測史上1位の値を更新]
東京都府中市 39.2℃ (13:53) [観測史上1位の値を更新]
三重県桑名市 38.9℃ (14:32)

あさ7時には30℃超

日本海に停滞

高気圧の勢力強化とフェーン現象が重なり、東海や関東で記録的猛暑。
静岡市では今季全国初の40℃に達し、観測史上1位の値を更新。
前線の雨雲がかかった東北では局地的に激しい雨となり山形県新庄市で34mm/hなど。

【各都市の最高気温】
静岡県静岡市駿河区 40.0℃ (13:18) [観測史上1位の値を更新]
群馬県下仁田町西野牧 39.8℃ (13:43) [観測史上1位の値を更新]
山梨県甲府市 39.3℃ (16:54)
福島県浪江町 38.8℃ (13:34) [観測史上1位の値を更新]

福島県内も猛暑

西風強めの猪苗代湖畔

東北で梅雨空

西日本を中心に高気圧の勢力下にはいり安定した夏空。
北陸や関東は湿った空気で雨雲が発生。
東京都心は夕方から激しい雷雨となり交通機関などに乱れも。

関東で雷雲発達(17:30)

発雷も活発

前線北上中

きょうもクジラの尾形の太平洋高気圧に広く覆われて、東・西日本で猛暑。
三重県松阪市粥見で39.7℃は同地点の観測史上最高、東京都心も35.5℃。
低気圧が近づく北日本では、雲の多い天気となり一部で降水。

梅雨明けのような

西日本で勢力拡大

太平洋高気圧の勢力下で太平洋側ほど夏の陽射し
関東や東海を中心に気温が上がり静岡市では観測史上最高の39.3℃。
東京都心も昼過ぎに35.0℃に達して猛暑日。

【各都市の最高気温】
静岡県静岡市駿河区 39.3℃ (13:21) [観測史上1位の値を更新]
和歌山県新宮市 37.6℃ (13:51)
山梨県甲州市勝沼 37.5℃ (14:55)

関東・東海で猛暑 (13:00)

前線北上中

太平洋高気圧がパワーアップして西日本では前線を押し上げ。
さすがにまだ梅雨明け発表とはいかずとも夏空が広がり44地点で猛暑日。
一方で北陸や東北では前線がかかって、新潟や山形では激しい雨。

東京都心も33℃超え

梅雨の中休み

前線押上げ

梅雨前線が日本列島に沿う形で停滞し活発な状態。
西・東日本に広い範囲で断続的な雨となり、九州や中国地方では激しい雨。
滋賀県米原市では山の斜面が崩れて住宅に土砂が流れ込む被害。

【各地の1時間降水量】
福岡県宗像市 65.5mm/h (06:23) [7月の1位の値を更新]
大分県日田市 65.0mm/h (11:13)
福岡県八女市黒木 60.5mm/h (10:58)

朝から不安定

降ったりやんだり

列島上にべったり