BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

一時的に冬型の気圧配置が強まって、北日本を中心に冬型の気圧配置が強まっています。
日本海側を中心に雪となり、風も強く大荒れの天気となるでしょう。

ただ天気の移り変わりは早く、あすには移動性の高気圧に覆われて、
雪や風は次第におさまりそうです。

さて、きのう発表された3ヶ月予報によると、
2~3月は冬型が長続きせず、特に太平洋側で降水量が多めの予想。
となると、南岸で雪があるかも…ですが、

一方で寒気が弱く気温が高めになれば、
花粉も早め、サクラも早めになるかもしれません。

済州島と屋久島が作ったカルマン渦 (気象庁 可視画像)

済州島と屋久島が作ったカルマン渦 (気象庁HP 可視画像)

富士山がつくった雲列 (気象庁HP 可視画像)

富士山がつくった雲列 (気象庁HP 可視画像)

これらは山体にぶつかって分離した風が、再び風下で合流する際に発生するものです。
単独峰の風下側はいろいろな現象があって面白いのですが、
山岳波が励起されて飛行機が墜落したこともあるので危険な一面もあります。

No Comments :(