BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

きのうは寒の戻りで真冬並の寒さ(東京都心で最高9℃)が堪えましたが、
きょうは天気や気温も回復して(同15℃)、また春らしさが戻ってきました。
寒さで足踏みしていた開花も再び前進しそうです。

【サクラ開花】 大分(平年比0)

青空戻る

開花も進む

西から高気圧

寒冷前線が通過し、全国的には春の空気から冬の空気へ入れ替わり。
北日本や日本海側からじわじわ気温が南下し、札幌はひさしぶりの冬景色。
関東は暖かい空気が残り、東京都心は昨日よりさらに気温上昇し23.9度で夏日手前。

【サクラ開花】 名古屋(平年比-4日)、高知(±0)、岐阜(-4)、宮崎(-2)、松山(-3)、広島(-5)

横浜は二分咲き

ひさしぶりに花粉大量 (13時現在 環境省)

季節は巻き戻しへ

日本海を低気圧が発達しながら北東に進み、寒冷前線が本州を通過。
各地で南よりの風が強まり、兵庫県洲本市で27.1m/s、島根県津和野市で26.7m/s
気温も大幅に上昇し、大分市は26.7℃の夏日となったほか、
岡山県倉敷市の23.5℃は3月としての最高気温記録を更新。

【サクラ開花】 東京(平年比-5日)、横浜(-5日)、福岡(-2日)

強風下のレンズ雲

日本海低気圧

きょうは高気圧に覆われて全国的に晴天。
各地で気温も上昇し、東京都心は21.5℃と5月初め頃の陽気に。
長崎では全国トップをきってサクラが開花し
平年より4日早く、昨年よりは3日遅い発表となりました。

ポカポカ陽気

南から暖かい空気

北日本~西日本にかけては移動性の高気圧に覆われてすっきり晴天。
花粉もそれほど多くなくて気持ちのよいお出かけ日和でした。
福岡や東京のサクラのつぼみも膨らみ、いよいよ秒読み段階に入った模様。
沖縄は次の低気圧の影響でどんよりな一日。

那覇市内はどんより

春を待つ南アルプス

高気圧の圏内

再び上空に寒気を伴った低気圧が南下し、西日本で大気が不安定。
中国や近畿地方では雨雲が発達してにわか雨や雷雨となった一方で、
関東や九州南部~沖縄にかけては寒気の影響も少なく概ね晴天となりました。

近畿や中国でにわか雨

沖縄県名護市上空から

寒気を伴った低気圧

寒気を伴った低気圧の通過により、きょうも広範囲で大気が不安定。
西日本は午前中雷雨となり霰の降ったところも。
関東も午後はあちこちでにわか雨となりました。

大気不安定の雲

山陰沖に渦巻き

未明にかけて雷雨

次々と通過

春と冬のせめぎあいで、西日本には寒気を伴った低気圧が南下し
北陸から九州北部にかけての日本海沿岸部では夜遅くにかけて雨や雷雨。
東~西日本の太平洋側は麗らかな春の晴天となりました。

東日本は晴天

細切れで寒気L

北日本を低気圧が通過した後は冬型の気圧配置に変わり
北日本から山陰にかけての日本海側には-6℃の寒気が入り、シグレ模様。

関東は日中まで南西の風が吹いて東京都心の最高気温19.1℃は4月中旬並み。
夜は冷たい北西風にかわり体感気温は急降下、冬の寒さが戻りました。

日中はポカポカ陽気 @大手町

おいしい旬の味

寒気が南下

日本海低気圧でなく、今回は南岸低気圧の急発達による春の嵐。
東海や関東は未明~朝方に雨や風が強まり、
静岡県石廊崎で33.8m/sの暴風に加え、千葉県勝浦市で22.5mm/hなど強い雨。
夜は北日本も風が強まり、えりも岬では41.3m/sを観測しました。

明け方は関東も激しい雨風

吹き返し季節風の雲列 @伊豆半島沖

夜は花粉が猛威 (環境省はなこさん 21:00)

関東で低気圧急発達

高気圧に覆われて東北~九州にかけてはすっきり晴天。
沖縄では25℃の夏日、長野県菅平は最低気温-17.9℃で、
同じ日本国内なのに43℃の気温差。

春先らしく早くも次の低気圧に伴う雨雲が南西諸島にかかり
前線付近は大気の状態が不安定で、石垣島で40mm/hを超える激しい雨。

沖縄で雨脚強まる

暖湿流で雲が発達傾向

台湾も大雨

沖縄除いて高気圧の圏内

きょうは北陸から北の日本海側でしぐれが残りましたが、
東~西日本では天気が回復してすっきり晴天。
空気も澄んで富士山のたもとにある箱根の山並みも雪化粧していました。

しかし、雨上がりで季節風も強めということで…花粉は濛々と飛散しました。

すっきり快晴

季節風強め

低気圧が関東の沖合いで発達し遠ざかると同時に
日本付近には上空1,500mで-6℃の寒気が流れ込み、大気が不安定。
関東は低気圧の影響で昼前まで雨、そのあと夕方からは寒気の影響で雷雨。
東北から山陰にかけて日本海側の広い範囲でシグれました。

季節風強め @鹿児島県霧島市

夕方から再びにわか雨

冬型となり寒気流入

東シナ海から低気圧や前線が近づいて天気は西から下り坂。
暖かく湿った空気が流れ込み、九州から沖縄にかけて激しい雨。
鹿児島県の小宝島で57.5mm/h、那覇市でも38.0mm/hなど。

強雨の後 @鹿児島県錦江湾

西日本で大気不安定

昨夜新たに四国沖で発生した低気圧の影響により
東~西日本の広い範囲で傘の出番。
きょうも関東は終日冷たい雨で、気温は日中8℃台の低空飛行。
天気変化の周期も短くなり、気圧配置も完全に春の装いに。

冷たい雨で人影なし

低気圧連なり長引く

きょうは高気圧に覆われて、ほぼ全国的に穏やかな晴天。
陽射しは春仕様のため関東は気温が15℃近くまであがり、寒さはほとんど感じず。
しかし花粉は濛々と飛散し、昨シーズンより早くピークを迎えた感も。

春に3日の晴れなし、ということで天気は西から下り坂です。

スマート住宅見学会

気温計算のグループワーク

お出かけ日和