BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

北日本には前線がかかり道北中心に雨のところもありましたが
きょうも移動性高気圧に覆われて東~西日本ではお出かけ日和でした。

滞在中の沖縄は、10月とは思えない記録的な暑さが続き
与那国島で33.9℃、多良間島と下地島で32.8℃は10月の記録を更新。
高気圧の縁にあたり東風が強めで波も高めでした。

シーサーも暑さでぐったり

ビーチも眩しい

高気圧が優勢

西高東低の冬型の気圧配置となり北~東日本には寒気流入。
北陸からの北の日本海側ではしぐれ気味の天気。
東海から西の太平洋側は陽射したっぷりで、夜は中秋の名月も。

秋の色付き (九州大)

呼子烏賊のランチ

海風強め (福岡県糸島市)

一時的に冬型

秋晴れの週末をくれた移動性高気圧は東へ移動、
西から天気は下り坂に向かい午後から雲が増えてきました。

山の上は早くも冬支度といったところですが
10月はひと雨ごとに季節が前進となりそうです。

アルプスは早くも最盛期

遠くに富士山を拝んで

高気圧は東へ退散

関東南岸の低気圧は次第に東の海上に離れ、雨は朝のうちに止みました。

天気図上にはないですが、北日本は寒気を伴った気圧の谷が通過し
北海道では大気の状態が非常に不安定となり激しい雷雨となりました。
石狩市では20時40分までの1時間に40ミリの雨を観測したほか
札幌市では月寒川が一時氾濫危険水位をこえ住宅浸水などの被害も。

吉野先生を偲ぶ会

低気圧は東へ

台風18号から変わった低気圧はオホーツク海で行き止まりとなり停滞。
それに巻き込まれる形で、日本海からは渦を巻く規模の小さな低気圧が近づき
そこからのびる寒冷前線のような雨雲の帯が北~東日本を通過。
日本海側を中心ににわか雨や雷雨となりました。
関東から西の太平洋側もどんより雲の多い天気でした。

胴体がスカスカ(台湾西岸)

宮古島上空で沸く雲列

北日本の寒冷渦

気圧の谷が通過

台風18号は昨夜21時に温帯低気圧となって北海道の北に出ましたが、
またもや行く手をブロックされ、オホーツク海で停滞気味に。
全国的に天気は回復しましたが、北日本は夕方ころまで風が強い状態が残りました。

コロンボの街並み

スリランカ上空

北日本で強風

台風18号は日本海で再び勢力を盛り返し暴風域も復活。
発達した雨雲と暴風域を伴って北海道に再々上陸し縦断しました。

南東風が吹き込んだ北海道の十勝地方で記録的な大雨となり、
広尾郡大樹町で85mm/h、3時間169mmは観測史上最大。
青森県八戸市では最大瞬間風速41.7m/sの猛烈な風。

台風が持ち込んだ熱帯の空気で関東・東海は気温上昇。
静岡県清水市や茨城県水戸市、土浦市で34.5℃を記録。

02時10分山梨県で記録的短時間大雨
富士山西部付近で約100ミリ

未明は関東~東北で激しい雨

稚内に到達

ようやく陽射しの南国

波が高めのアラビア海

台風は温低化で再発達

台風18号は11時30分頃に鹿児島県南九州市付近に上陸。
その後は西日本を縦断する形で兵庫県明石市付近に再上陸しました。

台風本体の発達した雨雲がかかり、西日本各地で局地的に猛烈な雨となりさ
宮崎県田野では降り始めからの降水量が600mmを超える大雨。
河川の氾濫や人的被害が相次ぎました。
暴風も吹き荒れ、高知県室戸岬で47.8m/sを観測。

【最大1時間降水量】
1 兵庫県 家島 91.0mm/h (20:37)
1 三重県 尾鷲 91.0mm/h (15:30)
3 大分県 宇目 89.5mmm/h (14:17) [観測史上1位の値を更新]

09時大分県で記録的短時間大雨
佐伯市佐伯付近で約110ミリ
佐伯市鶴見付近で約110ミリ
佐伯市米水津付近で約110ミリ

20時40分兵庫県で記録的短時間大雨
たつの市付近で約110ミリ

21時30分京都府で記録的短時間大雨
京丹後市網野付近で約90ミリ
22時京都府で記録的短時間大雨
宮津市付近で約90ミリ
与謝野町付近で約90ミリ
22時30分京都府で記録的短時間大雨
京丹後市丹後付近で約90ミリ
伊根町付近で約90ミリ

中心北側に活発な雨雲

近畿地方も猛烈な雨

モンスーンで雨 @南アジア

九州南部に上陸

上空には寒気が流れ込んで大気が不安定となり
夕方以降は山陰から北陸にかけて雷雲が発達しました。
長野県聖高原では49.0mm/hで観測記録を更新する激しい雨。

夜から雷雲発生

AIのシンポジウム

お世話になった方の送別会

上空寒気で不安定

きょうも北日本では寒気の影響が残りぐずつき気味。
一方関東から西は晴れて気持ちの晴天となりました。
昼間の陽射しは夏仕様ですが、夜は半袖だと涼しいです。

今週は高温予想

役満あがって大勝

移動性高気圧

きょうは移動性の高気圧に覆われて全国的に晴天。
大気も安定してにわか雨のところもありませんでした。
陽射しは夏仕様なので、大分県日田市で31.5℃、北海道の女満別で30.8℃など
道東地方はフェーン現象も重なりかなり気温があがりました。
空気は乾燥しているので、まだ過ごしやすいですが…

気象研究所のシンポジウム

フェーズドアレイレーダー

久しぶりのつくば市

夜は会社テニス

全国晴天域

九州にのびる前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定。
特に九州南部で雨雲が発達し、鹿児島県内では猛烈な雨を観測しました。

【最大1時間降水量】
1 鹿児島県 中甑 107.5mm/h (14:26) [観測史上1位の値を更新]
2 鹿児島県 阿久根 66.0mm/h (18:28) [5月の1位の値を更新]
3 鹿児島県 川内 58.5mm/h (17:03) [5月の1位の値を更新]

九州で雨雲が発達

テーパリングクラウド

取引先と決起会

前線に向かって暖湿流

きょうは南岸低気圧の影響で、関東の平野部でも所々で雪がちらほら。
積もるような降りではなかったですが、気温は低空飛行でかなり寒く感じました。
また西日本には新たに強い寒気が流れ込み、日本海側各地で再び降雪が強まりました。

取引先ともつ鍋会 (朝帰り)

取引先ともつ鍋会 (朝帰り)

南岸低と寒冷低

南岸低と寒冷低

さらに強い寒気が流れ込み、今回の寒波のピークとなってきました。
大雪と吹雪により、山陰や新潟空港を離発着する便などに欠航が相次ぎました。
平野部の新潟市内も34cmの大雪となりました。

日本海側の各地にとどまららず、雪雲の一部は太平洋側にも流れ出し
関東平野部でも所々でにわか雪を観測。
名古屋で3cm、滋賀県彦根市36cm、米原30cmなどの大雪で新幹線にも影響が出ました。

雪雲びっしり

雪雲びっしり

大気が不安定

大気が不安定

バイオクリマ研究会

バイオクリマ研究会

寒気のピークへ

寒気のピークへ

関東甲信内陸部への大雪や荒れた天気をもたらした低気圧は東の海上へ抜けましたが
午前中を中心に強い北風が抜きぬけ、体感的には寒くなりました。
未明に観測された最深積雪は河口湖で43cm、奥日光で22cmなど。

新たな寒気が流れ込んで、北陸~山陰地方は大気不安定となり、
発雷を伴った雨となりました。

優雅な朝食

優雅な朝食

北海道のおへそも暖か

北海道のおへそも暖か

低気圧発達

低気圧発達

きょうは西から冬型が緩み、日本海側の雪のエリアも縮小傾向。
朝晩は放射冷却で冷え込みが強まりましたが、
風も次第におさまって体感的には少しずつ暖かくなりそうです。

いま中国におりますが、こちらも同様の冬晴れで季節風が追いやってくれているのか
昨年よりはPM2.5が薄まって視界も良好な方でした。

隣国もよいお天気

隣国もよいお天気

大気汚染も昨年よりマシ

大気汚染も昨年よりマシ

カニみそ入り

カニみそ入り

西から冬型緩む

西から冬型緩む

きょうは日本海を寒気を伴った低気圧が通過。
大気が不安定になり、北陸かせ山陰にかけてを中心に発雷を多数検知。

関東は気温こそ高めでしたが、北風が強めに吹いて
体感的にはかなり寒く感じました。

取引先と固い握手

取引先と固い握手

カラオケ忘年会

カラオケ忘年会

日本海側で不安定な天気

日本海側で不安定な天気

きょうは学会参加のため札幌に出張。
寒気に覆われたところに低気圧が接近し、道内は朝から本格的な降雪。
千歳空港では6cmの積雪となり、11月はじめとは思えない雪景色に遭遇しました。

東~西日本は穏やかに晴れてお出かけ日和でした。

早くも冬景色 (北海道 恵庭市)

早くも冬景色 (北海道 恵庭市)

紅葉も雪化粧 (北海道大)

紅葉も雪化粧 (北海道大)

ジンギスカンで懇親会

ジンギスカンで懇親会

北日本で冷たい雨雪

北日本で冷たい雨雪

気圧の谷は東海上に抜けて西~東日本の天気は回復しましたが、
西高東低の冬型の気圧配置で大陸から寒気が流れ込んだため
全国的に北西の風が強めに吹いて、北海道ではしぐれて降雪となりました。
今年は北日本で冬の訪れが早めになっているようです。

東海や関東でも夕方は大気不安定となり、局地的に雨雲が湧きました。

風が冷たい大阪市内

風が冷たい大阪市内

予報士会の広報イベント @大阪駅

予報士会の広報イベント @大阪駅

等圧線混み合う

等圧線混み合う

午後2時7分ごろ、鳥取県を中心に強い地震が発生し、倉吉市などで震度6弱を観測した。
震源は鳥取県中部で、震源の深さは11キロ、地震の規模はM6.6。
鳥取県をはじめ、岡山、兵庫、大阪などで20人が重軽傷。鳥取県内で全壊7棟、半壊10棟。

この地域では、1943年に震度6を観測した「鳥取地震」、
2000年に震度6強を観測した「鳥取県西部地震」など、度々大きな揺れに襲われている。
このあいだ震源近くの三朝温泉を尋ねたばかりなので、とても心配になりました。

鳥取中部で震度6

鳥取中部で震度6

関東は曇り空

関東は曇り空

取引先の決起会

取引先の決起会

九州に雨雲かかる

九州に雨雲かかる

きょうも東日本は高気圧の圏内で穏やかな秋晴れ。
お出かけ日和で行楽地は多くの人で賑わいました。

一方で西からは気圧の谷が近づき、九州から雨が降り出しました。
しかし今回の天気の崩れは一時的で済みそうです。

色づき進む (長野県 上高地)

色づき進む (長野県 上高地)

多くの人でにぎわう

多くの人でにぎわう

高気圧はいったん退散

高気圧はいったん退散

大陸からやってきた移動性の高気圧に覆われて、
天候不順続きであった週末にようやく会心の晴天がやってきました。
あまり期待はできないのですが、紅葉の具合を視察に。

標高1,700m付近 (北アルプス 左俣谷)

標高1,700m付近 (北アルプス 左俣谷)

色づきは今ひとつ

色づきは今ひとつ

東西に大きめの高気圧

東西に大きめの高気圧

きょうも秋雨前線の影響で不安定で、東京も時折雨がぱらつく天気でしたが、
お台場でのゲリラ豪雨イベントは大盛況となり2日間で1000名を超える方にお越し頂きました。

台風16号は暖かい海水温の海域を北上しているためか、
さらに発達を続け目がくっくり。945hPaの非常の強い勢力となりました。

【最大1時間降水量】
1 和歌山県 龍神 76.0mm/h (08:22) [9月の1位の値を更新]
2 佐賀県 嬉野 66.0mm/h (18:22)
3 高知県 田野 62.5mm/h (09:51)

昨日比2倍の集客

昨日比2倍の集客

スタッフ打上げ

スタッフ打上げ

台風は東シナ海を北上

台風は東シナ海を北上

大分県豊後大野市犬飼町では、きのう・きょうと2日連続で38.0℃で全国トップ。
こんな2冠は全然嬉しくないと思われますが、西日本ではうだるような暑さが続いています。
近畿地方は夕立ちとなり、局地的に激しい雨となりました。

一方、東・北日本は高気圧の鞍部で若干しのぎやすくなっていますが、
台風6号が北海道東岸に接近したり、
きょう未明に発生した台風7号も東日本に影響する可能性があり、
高気圧の隙間を狙われるコース取りとなっています。

近畿地方で雷雲発達

近畿地方で雷雲発達

きょうも天気良好

きょうも天気良好

秋の気配も漂います

秋の気配も漂います

日本海の低気圧で下り坂

日本海の低気圧で下り坂

きょうからお盆ということで帰省の客で込み合っています。
今年から「山の日」が制定されたことを祝し、たわけではないのですが
下界は暑さが続いているのでの雲上にテレポーテーション。
下界の富山は33℃でも雲上は15℃でても爽やかでありました。

雲上でひと休み

雲上でひと休み

日本の屋根を眺める

日本の屋根を眺める

湧き上がるガス

湧き上がるガス

2つの台風の動きに注目

2つの台風の動きに注目

気圧配置の大勢に変化はありませんが、
西日本ほど夏の高気圧に覆われて、気温が上がっています。

関東地方もようやく陽射しと青空がのぞいてきました。
北東気流によるぐずつき天気は少しずつ解消に向かっていますが
涼しい空気はまだ本物の夏ではなく「梅雨明け」とはいかないようですね。

夏空の長崎港

夏空の長崎港

ちゃんぽん

ちゃんぽん

台風2号が発生

台風2号が発生

「大暑」となった昨日、北陸地方では平年より2日早く梅雨明けしました。

西日本は夏の太平洋高気圧が主役の座についており、
梅雨明け以降は夏空が続いています。
今週末も暑さが厳しく、所により猛暑日となりそうです。

一方、東日本は冷たい空気を持ったオホーツク海高気圧の支配下で涼しい陽気が続きます。
天然のクーラーはよいのですが、山にせき止められて雲が多い天気となります。

この構図はいつまで続くのか、ですが
オホーツク海高気圧の居座りは来週中旬にかけて続き、
関東や東北地方の梅雨明けはもう暫くおあずけとなりそうですね。

ひさびさの同期会

ひさびさの同期会

北の高気圧まだ優勢

北の高気圧まだ優勢

梅雨前線の活動は西ほど活発な状態は変わらず
黄海~朝鮮半島付近の寒冷渦の南東象限にあたり九州地方を中心に雨雲が発達、
熊本県八代市で68.5mm/hなど局地的に非常に激しい雨となりました。
高気圧はまだ力不足でまだ梅雨明けの気配は感じられませんね。

折れ曲がった前線は関東にもかかり、都心も一日曇天。
時折雨がぱらつく天気となりました。

すっきりせず

すっきりせず

歓迎会と暑気払い

歓迎会と暑気払い

九州北部で激しい雨

九州北部で激しい雨

早くも1年の折り返しになりました。
そして富士山は待ちに待った山開きということで、山中湖畔も人が多めでした。

きょうも鹿児島県阿久根市では77mm/hの非常に激しい雨。
また北関東でも雷雲が沸いて栃木県大田原市でも67.5mm/hを観測しました。

社内研修

社内研修

晴天の山中湖畔

晴天の山中湖畔

梅雨前線の影響により、きょうも九州南部で激しい雨となりました。
その他の地方はまずまずの天気、関東も天気の崩れはありませんでした。

ほうとう鍋

ほうとう鍋

はちみつ製造中

はちみつ製造中

本州南岸に停滞

本州南岸に停滞

日本列島を横切る梅雨前線に向かって南から湿った空気が流れ込み、
また上空には寒気が流れ込んで、全国的に大気の状態が不安定となっています。
北海道も低気圧の影響で断続的に強い雨となりました。

【最大1時間降水量】
1 長崎県 雲仙岳 124.5mm/h (22:23) [6月の1位の値を更新]
2 熊本県 宇土 122.0mm/h (23:27) [観測史上1位の値を更新]
3 長崎県 島原 97.0mm/h (22:31) [観測史上1位の値を更新]
4 熊本県 三角 96.5mm/h (23:40) [観測史上1位の値を更新]
4 熊本県 山都 96.5mm/h (23:40)
6 熊本県 熊本 94.0mm/h (23:04) [観測史上1位の値を更新]
7 熊本県 甲佐 88.0mm/h (23:40) [観測史上1位の値を更新]

21時までの1時間には長崎市内と平戸で80mm/hの猛烈な雨を観測。

22時10分長崎県で記録的短時間大雨
雲仙岳で115ミリ

22時30分長崎県で記録的短時間大雨
南島原市付近で約110ミリ

23時熊本県で記録的短時間大雨
熊本市西区付近で約110ミリ
宇土市付近で約110ミリ

23時30分熊本県で記録的短時間大雨
宇土市付近で120ミリ以上
熊本市南区付近で約120ミリ
宇城市付近で約120ミリ
熊本市東区付近で約110ミリ
上天草市付近で約110ミリ
西原村付近で約110ミリ
御船町付近で約110ミリ
嘉島町付近で約110ミリ
益城町付近で約110ミリ
甲佐町付近で約110ミリ

23時50分熊本県で記録的短時間大雨
山都町原で115ミリ

また今夜岩手県では竜巻とみられる突風が発生したほか、
群馬県では夕方に降ひょうを観測しました。

雨の露天風呂 (北海道支笏湖畔)

雨の露天風呂 (北海道支笏湖畔)

北海道も天候不良

北海道も天候不良

岩手県奥州市の竜巻発生時

岩手県奥州市の竜巻発生時

長崎市内で雨雲発達

長崎市内で雨雲発達

被災地も猛烈な雨

被災地も猛烈な雨

前線付近と北日本で激しい雨

前線付近と北日本で激しい雨

きょうは関東地方もぐずついた天気で、午前中を中心に雨がぱらつきました。
関東甲信地方も平年より3日早く梅雨入りとなりました。

沖縄は夏空

沖縄は夏空

やどかりさん

やどかりさん

梅雨前線北上

梅雨前線北上

梅雨前線の活動はまだそれほど活発ではありませんが、
今後1週間は曇りや雨の日が多くなるとみられることから、
九州、四国、中国、近畿、東海地方で梅雨入りが発表されました。

九州南部は平年より5日遅れたものの、
九州北部と四国は平年比1日早め、中国と近畿は3日、
東海地方は4日早く梅雨入りとなりました。

あすは関東地方でも梅雨入りとなるかもしれません。

沖縄は梅雨明け間近?

沖縄は梅雨明け間近?

西日本で梅雨空

西日本で梅雨空

きょうは梅雨前線が日本海に横たわり、北日本や西日本で雨となりました。
関東は天気の崩れはなかったですが、陽射しは少な目で気温は昨日より低下。
しかし、湿度が高くなったため(都心の14時は34%→65%)非常に蒸し暑く感じました。

東京駅曇り空

東京駅曇り空

夜の打合せ

夜の打合せ

梅雨前線が出現

梅雨前線が出現

北日本の低気圧からのびる前線が通過し、北陸から北の日本海側で天気がぐずつき
低気圧周辺の北日本沿岸は西よりの風が強まりました。

また、本州の南岸に停滞する前線の影響で、鹿児島県内も局地的に激しい雨となりました。
関東は朝から晴天となりましたが、東京湾周辺で低気圧に吹き込む南風が強まりました。

鉄道の旅

鉄道の旅

温泉保養地 バーデンバーデン

温泉保養地 バーデンバーデン

日本海側で悪天

日本海側で悪天

きょうは低気圧や前線の接近に伴い、西から雨雲が広がりました
大気が不安定になり九州地方は雨雲が発達し、鹿児島県トカラ列島では激しい雨を観測。
夕方からは関東でも雨が降り出しました。

滞在先のドイツ南部は絶好の晴天に恵まれ、気持ちの良い天気となっています。

アルプスの山並み

アルプスの山並み

ロマンチック街道のお城

ロマンチック街道のお城

牧歌的な教会

牧歌的な教会

南北の気圧の谷

南北の気圧の谷

きょうは高気圧に覆われて、全国的に気に気持ちの良い晴天。
こいのぼりも気持ちよく泳ぐことができました。
ただし天気は周期変化で、早くも西から天気は下り坂です。

アウトバーン疾走中

アウトバーン疾走中

ドナウ川のほとり

ドナウ川のほとり

高気圧の圏内

高気圧の圏内

活発な寒冷前線は朝のうちに関東地方を通過。
南風の暴風が吹き荒れ、一部交通機関に乱れが出ました。
ただ天気のほうは回復も早く、関東地方は9時過ぎには青空が広がりました。

きょうからドイツにお出かけのため、8日までは現地のレポートになります。

東京湾の白波

東京湾の白波

雪に覆われたロシア上空

雪に覆われたロシア上空

ドイツの田園風景

ドイツの田園風景

朝に関東を通過

朝に関東を通過

きょうは、本州の南海上を低気圧が発達しながら通過。
東北~九州までの広い範囲が雨雲に覆われ、夜には北日本にも拡大。
気温が低い北海道では雪となったところもありました。
関東地方は夜遅くまでしぶとく雨が残りました。

ここのところ暖かい陽気が続いていたので、陽射しがなくひんやり感じます。

しぶとい雨 (東京新宿)

しぶとい雨 (東京新宿)

AR体験中

AR体験中

取引先と懇親会

取引先と懇親会

南岸低気圧 発達中

南岸低気圧 発達中

500hPaで-39℃以下というこの時期としては大変強い寒気が北日本に流れ込み
札幌では本格的な春の雪、出張先の福島市内も雪がちらつくほどの寒さ。

東北南部でちょうどサクラが見頃ですが、手が凍えて動かなくなるほどでした。
寒暖の変動が非常に大きいので、体調を崩さないようにしたいですね。

関東も強い北風にのって朝から花粉がもうもうと舞っていました。

しぐれ気味 (福島県郡山市)

しぐれ気味 (福島県郡山市)

三春の滝桜

三春の滝桜

強い寒気で春の雪

強い寒気で春の雪

日本列島の上空に移動性高気圧が進んできて、天気回復が望めるか思いきや
きょうも高気圧からの冷たい湿った空気が流れ込んで、関東は朝から鬱陶しい霧雨。
出張先の山中湖半もガスが取れず、富士山を拝むことは出来ず終いでした。
関東甲信~東海を除いては晴天となりました。

新しい富士研修所 (山中湖村)

新しい富士研修所 (山中湖村)

新人研修の講義

新人研修の講義

見頃も終盤 (横浜市緑区)

見頃も終盤 (横浜市緑区)

北高型でパッとせず

北高型でパッとせず

この時期としては上空に強い寒気が流れ込み、
きょうは関東や東海地方を中心に大気が不安定で雷雲が発達。
局地的に雷鳴とともに激しい雨となりました。
都内や横浜市内ではひょうが降り、うっすら積もった所も…

一方の西日本では不安定は解消して高気圧の圏内。
出張先の鳥取では穏やかな晴天となり、車中は汗ばむ陽気でした。

サクラ開花: 宇都宮(平年比-4日)、水戸(-5)、津(-2)、大分(+4)、下関(+1)

穏やかな日本海 (鳥取 湯梨浜町)

穏やかな日本海 (鳥取 湯梨浜町)

春欄満の陽気 (松江 宍道湖)

春欄満の陽気 (松江 宍道湖)

お肌もツルツル

お肌もツルツル

夜は関東で雷雲発達

夜は関東で雷雲発達

寒気の影響残る

寒気の影響残る

きょうは東北地方で一時的に天気が崩れましたが
東北南部から西の各地は穏やかな晴天で、ポカポカ陽気となりました。
そんな陽気に誘われて、きょうは、熊本、長崎、和歌山でサクラが開花となりました。
いずれも平年よりは早い開花でした。

あす以降は北日本に寒気が流れ込んで、すこしだけ寒の戻りでシグレそうです。

快晴の多摩川

快晴の多摩川

取引先と幹部会議

取引先と幹部会議

高気圧の圏内

高気圧の圏内

低気圧や前線の通過で、朝から昼前にかけて東海や関東南部で激しい雨となりました。
低気圧は夜には東の海上に抜けて天気は回復しましたが、
一時的に冬型の気圧配置となり、各地で北風が強まりました。

きょうは全国トップをきって、福岡と名古屋でソメイヨシノが開花しました。
気温の経過が高めで推移したためか、福岡は昨年比3日(平年比4日)早く、
名古屋は平年より7日早い開花となりました。

午前中は強い雨域かかる

午前中は強い雨域かかる

相変わらず空気悪い (中国上海)

相変わらず空気悪い (中国上海)

繁華街のにぎわい

繁華街のにぎわい

関東東海で激しい雨

関東東海で激しい雨

北海道の東で低気圧が発達し、一時的に強い冬型の気圧配置に移行。
留萌など道内の所々では吹雪となり交通に影響がでましたが
ニセコ山は昼過ぎまで落ち着いた天気で持ちました。(雪質はだめ)

沸き立つ雲海 (ニセコ山頂)

沸き立つ雲海 (ニセコ山頂)

札幌のスープカレー

札幌のスープカレー

低気圧発達

低気圧発達

移動性の高気圧に覆われて穏やかに晴れました。
西日本には高気圧後面の暖かい空気が流れ込んで
大分県日田市では20℃まであがりました。

綺麗な空気で改善を見込んだのですが
当方の体温もかなりあがってしまったので、病院に行きます。
気温の乱高下が激しいので、体調管理にはご注意ください。

奥羽山脈の山並み

奥羽山脈の山並み

遠くまで見渡せます

遠くまで見渡せます

移動性高気圧通過中

移動性高気圧通過中

未明までの局地的な降雪で、埼玉や東京多摩地方ではウッスラ雪化粧。
最大時で埼玉秩父で4cm、熊谷市で2cmに達しました。
新たな寒気の吹き出しで冷たい季節風が強めに吹いて、冬空に逆戻りです。
ただ2月に入って陽射しのパワーも増してきて、
寒さと温もりが混在しているような感じょうか。

19時27分頃に茨城南部を震源とする地震で、飲み会途中に震度4~3の揺れがありました。

冬の空に逆戻り

冬の空に逆戻り

同期会です

同期会です

冬型再強化

冬型再強化

きょうは冬型の気圧配置で、北陸以北の日本海側ではシグレ雪になりましたが
その他のエリアは穏やかに冬晴れとなりました。

1月は暖かい正月にははじまり、南岸低気圧による関東の大雪を経て、
記録的な高温となっていた西日本にも下旬には記録的な寒気がやってきて、
結局はバランスした形になりましたが、極端な気温の乱高下となりました。

青空広がる (栃木 鬼怒川温泉)

青空広がる (栃木 鬼怒川温泉)

雪見露天いいな

雪見露天いいな

寒気断続で冬型持続

寒気断続で冬型持続

西日本には上空1,500mで-12℃以下の非常に強い寒気が流れ込み
各地では記録的な低温となり、沖縄本島北部(国頭村)で3.1℃まで下がったほか
西日本の37地点で観測史上最低の気温を更新しました。
ちなみに長崎や佐賀では最高気温が氷点下で真冬日となりました。

また、鹿児島県奄美大島では13時過ぎに初雪が観測され
1901年2月12日以来115年ぶりの雪の記録となりました。(1896年の観測開始以来2回目)
また長崎の積雪17cmは観測史上1位の記録で、鹿児島も14cmに達しました。

九州には-18℃線もかかる

九州には-18℃線もかかる

アメリカ東部でも寒波による大雪で非常事態宣言が出されていますが、
北極圏の寒波は世界的にあちこちに南下しているようです。

奇跡の青空

奇跡の青空

幻想的なブナ霧氷

幻想的なブナ霧氷

雄大な蔵王連峰

雄大な蔵王連峰

西日本に最強寒気

西日本に最強寒気

気圧の谷の通過で東京は夕方から雪予報でしたが、関東南部はほとんど降水がなく
雨雲がかかったのは茨城など北部の一部となりました。
東北の天気はぐずつき、蔵王連峰も青空はありませんでした。

この後面からは西日本に数十年ぶりという強烈な寒気が流れ込み、
九州などでも夜には氷点下の冷え込みになりました。

都心は天気下り坂

都心は天気下り坂

蔵王の樹氷

蔵王の樹氷

青空が似合うのに

青空が似合うのに

気圧の谷通過中

気圧の谷通過中