BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

上空約5500m付近で-30℃線が北日本、-21℃のラインが本州南岸まで南下。
北日本や北陸の山沿いでは積雪となり、24時間降雪量は余市郡赤井川村で17cmなど
関東は昼過ぎまでポカポカ陽気だったものの、夕方から北西の風にかわり空気入れ替え。

怪しい雲行き

寒気移流

北日本付近の寒冷渦に伴い、上空5000m付近には-36℃以下の寒気が流入。
午後は広い範囲で大気の状態が不安定となり、東北から近畿にかけて雨雲が発生。
東京都心も夕方は雷雨となり、北海道では平地でも季節外れの雪。

北日本に強い寒気

都心方面の雨雲

都心も発雷

寒気を伴う低気圧

全国的に高気圧に覆われて概ね晴天の一日。
西日本を中心に20℃以上の暖かさとなった一方で
寒気に覆われた北日本は日中もひとケタ気温+気圧の谷の接近で夕方から雨。

晴天の東京

遅れて満開 @鳥取県日南町

北日本で不安定

昨日の関東は北東気流で気温一桁台の寒さとなり
今朝にかけてはひさしぶりに暖房が登場しましたが
きょう日中は天気が回復して気温も幾分持ち直しました。

日中は気温持ち直し

寒気で冷え込み

南北に延びる気圧の谷が通過し全国的にぐずついた天気。
近畿は昼から、関東も夕方以降は雨が降り出しました。
南風が吹き込んで20℃以上の暖かさも、前線通過後は北風に変わり気温降下。

雲が増加

西から下り坂

太平洋高気圧の後面、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み
南西諸島では大気が非常に不安定で発達した雨雲が通過。
沖縄本島地方では未明に猛烈な雨を解析しました。

03時20分沖縄県で記録的短時間大雨
名護市西部付近で約110ミリ 恩納村付近で約110ミリ
03時30分沖縄県で記録的短時間大雨
恩納村付近で120ミリ以上 名護市東部付近で約110ミリ 宜野座村付近で約110ミリ

【サクラ開花】 山形(平年比-13日)

活発な雨雲

散り始め

高気圧後面

移動性高気圧に覆われて全国的に穏やかな晴天&ポカポカ陽気。
19.3度まで上がった仙台では早くもサクラが満開。
東京都心の最高気温23.4℃で日中は上着要らずの暖かさ。

【サクラ満開】 仙台(平年比-16日)、新潟(-14日)、宇都宮(-8日)

水面もピンクに

お花見ランチ

移動性高気圧

未明に関東に激しい雨を降らせた前線は東の海上に離れて天気回復。
昨年は満開の桜に雪が積もった首都圏も、きょうは20℃以上で上着要らずの暖かさ。
新潟や長野でサクラ開花、福島で満開となり引き続き記録的なペースで北上。

【最大1時間降水量】
静岡県静岡市駿河区 63.0mm/h (00:35) [3月の1位の値を更新]
千葉県大多喜町 34.0mm/h (03:03) [3月の1位の値を更新]
神奈川県相模原市中央区 32.0mm/h (02:42)

【サクラ開花】 新潟(平年比-11日)、長野(-15日)
【サクラ満開】 福島(平年比-15日)、熊谷(-7日)、甲府(-5日)、金沢(-12日)、
       岡山(-8日)、鳥取(-9日)、宮崎(-4日)

未明に激しい雨

衛星画像にも黄砂の影 (09:00)

09:00の地表付近の黄砂予想

午後は東北にも接近 (15:00)

お花見日和

天気回復

先週に引き続き、またも日曜日に前線通過で春の嵐。
各地で南風が強まり雨や風が強まりました。
局地的に雨雲も発達し、四国や東海など南岸では激しい雨となりました。

【最大1時間降水量】
1 鹿児島県熊毛郡南種子町上中 72.5mm/h (12:38)
2 高知県田野町 64.5mm/h (16:35) [3月の1位の値を更新]
3 鹿児島県十島村中之島 52.0mm/h (11:36) [3月の1位の値を更新]

【サクラ開花】仙台(平年比-14日)
【サクラ満開】富山(平年比-13日)、銚子(-11日)、前橋(-9日)、静岡(-6日)
        名古屋(-6日)、大阪(-8日)

雨の止み間

南北に連なる気圧の谷

高気圧に覆われて穏やかな晴天。
特に西日本ちわ中心に南風が吹き込み気温が上昇。
大分県日田市は27.3℃まで上がり、与那国島と並んで全国トップ。

【サクラ満開】 横浜(平年比-7日)、福井(-13日)、岐阜(-8日)、和歌山(-8日)、
       松江(-12日)、高松(-9日)、松山(-8日)、熊本(-5日)

いよいよ満開

高気圧ど真ん中

きょうは移動性高気圧に覆われて、風も穏やかで晴れてポカポカ陽気。
ただ日本海にある小低気圧の通過により午後はいったん曇って
夕方からは一時的な寒気移流で北風が強まりました。

まもなく満開

再び高気圧圏内

上空に寒気を伴った気圧の谷が通過し、
午前中は西日本太平洋側、午後は関東、夜は東北で雨。
ただし冷え込みはなく、早くも東北の福島でも桜が開花となりました。

【サクラ開花】福島(平年比-15日)、徳島(-3日)
【サクラ満開】広島(平年比-10日)、津(-11日)

曇天の大阪淀屋橋

気圧の谷

沖縄は高気圧の後面にあたりぐずついた天気となったものの
北~西日本は広く高気圧に覆われて晴天。
沿岸部では南西の風がやや強めに吹いて天気は下り坂です。

【サクラ開花】 神戸(平年比-4日)、富山(-12日)

満開に近づく

高気圧圏内

北日本での吹き返しの西風と昼過ぎまでは北陸などで雨が残ったものの
西から移動性高気圧に覆われて東~西日本では穏やかな晴天。
朝は放射冷却により冷え込み、日中も15℃超の地点は少なくややひんやり。

【サクラ開花】金沢(平年比-12日)
【サクラ満開】高知(平年比-7日)、長崎(-11日)

五分咲き

高気圧圏内

昨日春の嵐をもたらした低気圧は東の海上に抜けて西高東低の冬型。
寒気の影響で山陰から北の日本海側ではしぐれて雨や雪。
関東など太平洋側も一部も大気が不安定で局地的ににわか雨。

【サクラ満開】東京(平年比-12日)、福岡(-10日)
【サクラ開花】銚子(平年比-9日)、彦根(-11日)、福井(-12日)

曇りがち

一時的に冬型

低気圧が発達ながら日本海を北上し、寒冷前線が通過。
南風か強まり関東首都圏などは台風さながらの横殴りの雨。
静岡県の天城山では24時間降水量が310.5mmに達し3月としては観測史上最大。
また北海道は湿った雪となり24時間降雪量は登別で26cm、羅臼町で24cmなど。

【サクラ開花】奈良(平年比-8日)、前橋(-10日)

横殴りの雨

南北に連なる雨雲 (17:00現在)

日本海低気圧

低気圧や前線を伴った気圧の谷が近づき、九州や四国、中国で雨。
九州では局地的に雨雲が発達して発雷のところも。
近畿以東は何とか天気は持ちこたえてお出かけ日和。

午後6時9分ごろ、宮城県沖を震源とするM6.9の地震があり、
仙台市や石巻市などで最大震度5強を観測、一時は津波注意報も出され
東北新幹線も夜遅くまで運転見合わせに。

【サクラ開花】 静岡(平年比-5日)、宇都宮(-12日)、水戸(-13日)
        津(-10日)、岡山(-9日)

広域で強い地震

お花見の賑わい

西から気圧の谷

移動性高気圧に覆われてほぼ全国的に穏やかな晴天。
東~西日本では気温もあがって、大分県日田市では25.2℃の夏日。
九州では西から前線がのびてきて次第に天気が下り坂。

【サクラ開花】 熊谷(平年比-10日)、大阪(-9日)、鳥取(-12日)

春の陽気続く

移動性高気圧

北日本では寒気の影響が残り所々で雨となったものの
東・西日本は高気圧に覆われてすっきりと晴天。
朝は放射冷却でひんやりするも、東海以西では日中は20℃以上まで上がり
サクラの開花も記録的に早いペースで進みます。

【サクラ開花】甲府(平年比-9日)、和歌山(-8日)、大分(-6日)

夕暮れ

高気圧の圏内

北日本を中心に等圧線が縦縞模様で北西の季節風が強まったものの
東~西日本では春仕様の陽射しのパワーが勝りポカポカ陽気は継続。
高知で23.4℃、東京都心も20.1℃で4月下旬~5月上旬の陽気が続きます。

【サクラ開花】横浜(平年比-9日)、名古屋(-9日)、佐賀(-7日)、熊本(-6日)、鹿児島(-9日)

近くのサクラも

北西の風が強め

早くも西からは次の気圧の谷が接近し、東北や北陸、九州などに雨雲接近。
南海上の高気圧の縁を回る形で南風が吹き込み、各地で気温上昇。
サクラ開花の宮崎市では24.4℃、南西風の東京都心も22℃の暖かさ。

【サクラ開花】京都(平年比-12日)、岐阜(-10日)、山口(-11日)、宮崎(-8日)

大陸からの黄砂

南西風強め

再び前線通過

北~東日本では前半強めの北西風が午後には次第におさまって
全国的にみると高気圧の圏内にはいり概ね晴れました。
日中は春の陽射しで東京都心で19.5℃まで上がるなど、関東以西は4月の陽気。
未明の0:25には和歌山県で震度5弱の強い地震がありました。

【サクラ開花】 高知(平年比-7日)、松山(-10日)、高松(-13日)

沖縄は夏日

風は次第に収まる

昨日関東に大雨をもたらした低気圧は東海上に抜けたものの
吹き返しの北西風が強まり東北地方は終日雨風強く荒れ模様。
特に岩手県普代村では24時間降水量が171mmに達し3月としては歴代1位。
関東や東海も天気は回復したものの北西の風が強めで花粉も大量。
北アルプス乗鞍岳では大規模な雪崩が発生し人的被害も。

午後には東京でサクラの開花が発表され、
平年より12日早く、昨年同様に統計史上最早の開花となりました。

【サクラ開花】東京(平年比-12日)、長崎(-10日)、松江(-17日)

雨雲がかかり続ける

中国地方も大気不安定

宮古島は初夏の陽射し

まったり

北西風強め

上空に寒気を伴った低気圧が南岸沿いを進み、西~東日本で悪天。
大気不安定により雨雲が発達して、関東や東海では発雷。
三重県尾鷲市では未明に81mm/hの猛烈な雨、藤沢市辻堂でも42mm/hの激しい雨。
関東各都県には大雨や洪水などの警報が出され、浸水被害のところも。

03時30分三重県で記録的短時間大雨
大紀町付近で約120ミリ

【サクラ開花(12日)】 福岡(平年比-11日)

首都圏でも雷雨

アーク状の黒い雲

雲頂は約7000m

寒気を伴う低気圧

きょうは移動性高気圧に覆われて全国的に穏やかな晴天。
朝は放射冷却で冷え込んだものの、日中は春の陽射しで暖かくなりました。

ここ最近の異常高温により、サクラ開花日も当初予想より大幅に前倒し。
広島では平年より16日早く、全国トップでサクラ開花となり
同地点としては観測史上最速、全国でも歴代2位の記録的早さとなりました。

【サクラ開花】 広島(平年比-16日)

全体的に前倒し

夕焼け

穏やかな晴天

沿海州から延びる寒冷前線が北日本を通過し、一時的に雪や雨。
札幌では27.0m/sの突風が吹き、屋根がめくれる被害も。
全国的に北西の風に変わるも東京都心は19.4℃まであがり4月中旬の陽気。

春本番の暖かさ

花粉も多め (環境省 12:00)

寒冷前線通過

移動性高気圧に覆われて東北以北を中心にすっきり晴れたものの
高気圧中心がやや北に偏っている影響で、東~西日本の南岸沿いでは雲が出やすい天気。
前日真冬の寒さだった関東は気温が持ち直し12-13℃台まで回復。

竹芝ふ頭から

広く高気圧圏内

高気圧の中心が北に偏り、また東海沖に発生した低気圧の影響で
関東~東海の南岸沿いで雨となるぐずついた天気。
特に冷たい空気が流れ込む関東地方は気温もさっぱりあがらず
東京都心の最高気温は一昨日21.0℃→昨日10.3℃→きょう7.7℃と真冬並みの陽気に

冷たい雨

関東は北東気流

西高東低の冬型の気圧配置に変わり寒気が南下。
昨日10度近くまで昇温した北海道内では軒並み氷点下に急降下し冷凍庫に逆戻り。

いつも寒気移流がワンテンポ遅れる関東地方は暖かさが残って、
東京都心の最高気温は21℃となり4月下旬並みのポカポカ陽気。

気温のコントラスト(アメダス15時)

一時的に冬型へ

沿海州の低気圧に向かって南西の風が吹き込んだことで
北日本を中心に一気に気温があがり小樽市では12.5℃、宮崎市でも24.1℃。
また別の低気圧が東進して太平洋側もぐずついた天気となり、
関東も夕方から雨が降り出しました。

雲が厚くなる

西から下り坂

低気圧が東の海上に抜けて、全国的に天気は回復したものの
東~北日本は等圧線が縦縞模様に混んで北風が強く
羽田空港で22.6m/s、横浜でも22.1m/sの強い風を観測。
陽射しはあっても体感的にかなり寒い1日となりました。

吹き返しの北風

寒風の夕焼け

北風強い

低気圧が発達しながら通過した影響で全国的に荒れ模様の天気。
徳島県阿南市で37.5mm/hなど太平洋側では局地的に激しい雨となったほか
北海道内は昨夜から全域で大雪が続き、上川や十勝地方には大雪警報。
24時間降雪量は富良野市で50cmなど3月としては記録的な降雪量。
旭川では積雪が109cmに達し、2013年以来8年ぶりに1メートル超え。

関東は夕方まで南風が強く、夕方からは風向が北に反転し、一気に寒くなりました。

道内の広範囲で大雪

低気圧と前線の雨雲

前線通過前

全国大荒れ

西から低気圧が近づき暖かい南風が吹き込んで全国的に昇温、
フェーン効果で山陰地方で20℃超、山形や岩手でも17℃を上回る暖かさ。
前線北側の北海道は夕方から気温が氷点下に下がり広範囲で雪。

ポカポカ陽気

低気圧接近

東日本や北日本は高気圧の圏内ですっきり晴天。
朝晩は冷え込んだものの、気温は上向き基調で花粉も多め。
西日本の太平洋側は高気圧後面の湿った空気の影響で雲が多く、
四国や九州の一部では雨のところも。

夕暮れ

高気圧圏内

太平洋側を東進する低気圧の影響で、西日本の広い範囲で雨。
中国地方の内陸山間部では雪となったところも。
九州南部から南西諸島にかけては局地的に雨雲が発達し、
屋久島で66.5mm/h、西表島も55mm/hの激しい雨となり2月としては最大。

終日どんより

南岸低気圧

きょうも北日本を中心に冬型の気圧配置で、北陸以北の日本海側でしぐれ模様。
低気圧の発達により等圧線が込み合い西寄りの季節風が強まったほか、
北海道の石狩地方には活発な雪雲がかかり続け、
岩見沢市では24時間降雪量が58cmに達して2月としては観測史上最大。
この大雪の影響で、JRの運休や遅れが相次ぎました。

活発な雪雲帯

石狩地方の雪雲列

北日本で強風続く

前線を伴った低気圧が東の海上に抜けて、再び冬型の気圧配置。
北陸から北の日本海側ではしぐれて雪となったほか、道内中心に風も強まり荒れ模様。
関東は日中は15℃を越え暖かさが残ったものの、花粉が大飛散で涙目。

一気に大量飛散

横浜は青空

路面ツルツル

北日本は再び吹雪

きょうも南から暖かい空気が流れ込み
東~西日本では気温が20℃を越え4月下旬~5月上旬の陽気。
大分市で24.8℃、東京都心も20.9℃まで上昇。
この暖かさに釣られて花粉もいよいよ大量飛散モードへ。
夕方以降は寒冷前線に伴う雲がかかり、日本海側で雨や雷雨となりました。

若干霞気味

気圧の谷が接近

北日本は一時的に冬型の気圧配置となり一部で雪となったものの
本州付近は南海上からの高気圧に覆われて気温上昇。
宮崎県日向市では最高気温が24.6℃で沖縄よりも暖かくなったほか、
大分県杵築市24.0℃、群馬県伊勢崎市も23.8℃で2月としては記録的な高温に。

関東は快晴

暖かい高気圧

北日本の低気圧に向かって暖気が流入し全国的に気温上昇。
道内各地でも軒並みプラスの気温となり
最高気温は道南の松前町で8.5℃、函館空港7.8℃、札幌6.1℃まであがり
北海道美幌町では屋根からの落雪により死亡事故も。

いよいよ飛散開始(環境省はなこさん)

暖気流入

きょうも強い冬型の気圧配置で日本海側では雪が続くものの
寒気のピークは越えて次第に大雪や強風の範囲は狭まってきました。
15時にフィリピンの南東海上で台風1号が発生しました。

けもけもしい雲

六甲山系の雪雲

ピークは越える

低気圧の位置は昨日からほとんど変わらず、強い冬型の気圧配置。
北日本を中心に風雪の強い状態が続き、北陸などでは24時間降雪量が70cm超の大雪。
関東は気温こそ高めで推移したものの、西南西の風が強く体感的には寒くなり
そして花粉の飛散もいよいよ本格化…

風が強い

暴風続く

北日本で低気圧が猛烈に発達し、台風さながらの天気。
根室市では午前4時過ぎに947.8hPaの最低気圧を観測し、記録的な低さに。
天気回復の関東地方は暖かい空気が残り東京都心は15℃超えの陽気。

関東は天気回復

北海道で暴風雪

猛烈に発達

低気圧が発達しながら通過し、東海から関東、東北にかけて激しい雨。
東京、神奈川、千葉県などに大雨や洪水の警報が発表され
この時期としては記録的な大雨となりました。

【最大1時間降水量】
1 三重県大紀町藤坂峠 65.5mm/h (09:26) [2月の1位の値を更新]
2 静岡県伊豆市天城山 55.0mm/h (12:31) [2月の1位の値を更新]
3 三重県紀北町紀伊長島 45.5mm/h (09:18) [2月の1位の値を更新]

2月としては珍しく増水

首都圏でも激しい雨

低気圧中心部の風

二つ玉低気圧

きょうも高気圧に覆われて、九州などを除いてほぼ全国的に晴天。
高気圧後面から吹き込む南風で全国的に気温が上昇し、
東京都心は日中18.2℃まであがり4月中旬の陽気で上着要らずの暖かさ。
ただし西からは天気は下り坂で、夕方には中国や四国にも雨域が拡大しました。

なお、昨夜の地震による負傷者は150名超となり、
東北新幹線は架線の被害等でしばらくの間一部区間運休が続くようです。

天気悪化の前触れ?

高気圧は東海上へ

23時08分頃、宮城県と福島県で最大震度6強を観測する強い地震が発生。
震源地は福島県沖で、震源の深さは約60km、地震の規模はM7.3に訂正。
震源が深めであったため、若干の海面変動を除き津波による被害はなかったものの
東京電力管内で約86万戸、東北電力管内で約9万戸が停電。
東日本大震災からちょうど10年が経過する節目にこれほどの余震とは…

3.11の再来かと

関東も5強の揺れ

天気は良好

高気圧で晴天

きょうは移動性高気圧の中心に近い北日本を中心に気持ちよく晴天。
一方湿った空気の影響で東海や九州など太平洋側で雲が多くなりました。
寒気は後退しているため全国的に気温は高めで寒さは和らいでいます。

札幌手稲山からの眺め

北日本中心

西から冬型の気圧配置が緩みつつあるものの、
北陸から北の日本海側は寒気の影響が残り雪や雨。
東~西日本の太平洋側では概ね冬晴れで、
朝晩は冷え込んだものの日中は10℃超えて寒さも緩みました。

穏やかな一日

西から緩む冬型

日本列島は西高東低の冬型の気圧配置となり、強い寒気が南下。
北海道幌加内町ではけさ-32.5℃の冷え込みとなり
山陰から北の日本海側は軒並みしぐれて雪や雨の範囲が拡大。

関東から西の太平洋側では概ね晴れたものの、
気圧の谷の影響もあり関東地方は局地的に雪がちらちら。

雪がちらちら

寒気の雲

冬型の気圧配置

きょうは北日本の日本海側では寒気の影響でしぐれ気味となったものの
西~東日本では移動性高気圧に覆われて爽やかな晴天。
しかし天気は早くも西から下り坂で九州や四国では夜に入って雨のところも。

都内は快晴

お昼ご飯

高気圧直下