BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

本州の南岸に居座る梅雨前線の雲の影響で
東海、関東、東北南部などでは引き続きぐずついた天気。
これらの地域では気温の上がり方も鈍く肌寒い陽気。
その他は陽射しもあって20℃超えのポカポカ陽気。

梅雨空

前線停滞

日本海上空には-21℃コアの寒気トラフがあって
その前面南東側の関東甲信では午後から雨雲が増殖し、夕方は関東南部も雨。
気温も10℃台前半で3月上旬並みのひんやり空気。
本州南岸には梅雨前線も横たわっており、奄美地方では梅雨入り間近。

ひんやり曇天

南岸低気圧

安定した晴天をもたらした高気圧は東の海上に移動し、気圧の谷が接近。
北日本から北陸にかけては寒冷前線の通過で夕方以降は本降りの雨に。

関東は湿った東風が入り暑さは控えめとなったものの
大気の状態が不安定となり局地的ににわか雨となりました。

大気不安定

にわか雨の後

前線通過

昨日梅雨入りした沖縄を除いて、きょうは全国的に晴天。
朝は放射冷却でひんやり、日中は初夏の陽射しで夏日のところも。

山梨県甲州市勝沼では日中30.7℃まであがり、
朝の最低気温10℃と比較して昼夜20℃の差で服装の調整が難しい。

新緑と清流

快晴続く

変化なし

東~西日本は高気圧に覆われて穏やかな行楽日和。
一方北日本は寒気を伴った低気圧の影響が続き、雨風強く荒れ模様。
沖縄は前線が顕在化して平年より6日早い梅雨入り発表。

本州内陸は快晴

北日本雨風強い

上空5000m-30℃の寒気コアは北日本を通過中。
北日本から西日本にかけては大気が不安定で所々でにわか雨や雷雨。
北海道では日中も気温10℃以下のところが多く低温偏差が持続。

きょうも不安定

寒冷低気圧

日本海には上空5000mで-30℃以下の寒気コアを伴った気圧の谷。
その東側は大気の状態が不安定で、南北に連なる降水敵が近畿から関東に移動。
首都圏では昼から夜まで雨で、気温も再び10℃前後まで下がりひんやり。

上空の寒気

降水前の東京駅

大気が不安定

低気圧に伴う雨雲は東の海上に離れて全国的に天気は回復。
北日本は北西の風が強めに吹いて肌寒い陽気。
関東も高気圧から吹き出す東の風が強めで、体感的にはかなりひんやり。

【サクラ満開】 室蘭(平年比-9日)、網走(-13日)

新緑の輝き

天気回復

本州南岸に停滞する前線上を低気圧が東進。
雨雲の動き早く、午前中は西日本、午後は東日本で本降りの雨。
東海では雨雲が発達し静岡県御前崎市で43.0mm/hの激しい雨となったほか
滋賀県大津市南小松で西北西の風31m/s、銚子で30.1m/sなど風も強く荒れ模様。

関東は北東の風が強く、日中は15℃以下で3月の寒さに逆戻り。
東北は内陸部や高所では雪となり、岩手・奥中山高原で10cmの積雪。

雨風強い @千葉県

沿岸部で雨雲発達

低気圧東進

北日本は等圧線が混んだままで風が強めであるものの
西からの高気圧に覆われて全国的には晴天。

関東は北東の風に変わり昨日に比べてひんやりするも
日中は陽射しの効果もありポカポカ陽気。

【サクラ満開】 旭川(平年比-9日)

穏やかな晴天

やや北高型

本州南岸の前線帯はゆっくりと南下
東~西日本の雨は次第に止んで一部で陽射しは戻ったものの雲の多い天気。
大気の状態が不安定な南西諸島では局地的に猛烈な雨。

北日本は別の低気圧や前線が通過して西風が強まり、北海道広尾町で31.7m/s

20時30分沖縄県で記録的短時間大雨 与那国町付近で120ミリ以上
20時20分沖縄県で記録的短時間大雨 与那国空港で110ミリ

【サクラ開花】 網走(平年比-13日)

ゆっくり天気回復

等圧線混み合う

南北に連なる気圧の谷が通過して、広範囲で雨風強まり荒れ模様。
低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、西日本中心に雨雲が発達し、
長崎県対馬市鰐浦で54mm/h、福岡県八女市黒木で42mm/hなど激しい雨。

【サクラ開花】 旭川(平年比-9日)

生暖かい南西風 (東京原宿)

西日本に暖湿流

全国的に初夏の陽射しが照り付けて気温上昇。
東北~九州では夏日の所も多く、大分県日田市で31.5℃。
空気は比較的乾燥しているものの、身体が暑さに馴化していないので要注意。

名古屋も28℃超

高気圧晴天

本州南岸を進む低気圧の影響で関東~九州ではぐずついた天気。
九州南部から南西諸島にかけては雨雲が発達し、
鹿児島県さつま町で50.5mm/h、薩摩川内市で46.5mm/hの激しい雨。
東北以北では晴れ間が広がりお出かけ日和。

雨雲の中

観光船が消息不明に

気圧の谷

低気圧の通過に伴い関東東海は未明まで激しい雨となり
静岡県天城山で55.0mm/h、神奈川県三浦市で24mm/hなど。
朝には天気が回復し、群馬県桐生市で29.7℃まで昇温。
北日本は別の低気圧の影響で、陽射しはお休み。

日中は爽やかな陽気

関東で雨雲発達 (2:00)

暖気流入

西から低気圧が接近し西日本各地で雨となり、九州南部では激しく降った所も。
日中は天気が持った関東も夜になって雨。
悪天の西日本では気温は控えめで、陽射しのある東北地方で夏日。

午前中は陽射しも

西から低気圧

高気圧に覆われて全国的には概ね晴れているものの
関東周辺は高気圧から流れ込む湿った空気の影響で変わりやすい天気。
夜には雨雲が発生してにわか雨のところも。

不安定な空

全国的には晴天

台風1号は東の海上に離れて温帯低気圧になったものの勢力は維持。
東日本の天気はようやく回復し陽射しも復活。
東京都心の気温はようやく20℃前後の平年並みまで持ち直し。

不安定波の雲

天気は回復

台風1号が小笠原地方に最接近。
父島では15日朝に最大瞬間風速46.5m/sを観測し、4月としては記録的な暴風。
北側の前線の影響で関東や東北ではきょうも冷たい雨。

小笠原に最接近

大型を維持

都内は冷たい雨

前線北側は冷涼

大型で非常に強い台風1号が小笠原近海を北東進。
日本付近は前線が顕在化して、雨雲発達の西日本ではまとまった雨。

関東や東北太平洋側は冷たい北東風に変わって初夏から冬に逆戻り。
東京都心の正午の気温は昨日24.8℃→きょう11.2℃で13℃も急降下。
新年度の気温のアップダウンで体調を崩しやすい状況。

人影まばらに

雨雲発達 (気象庁レーダー 10:30)

なたね梅雨

きょうも東北南部から近畿にかけては晴れて気温が上がり
愛知県豊田市で30.4℃、大阪枚方市で30℃などの真夏日。
前線の北側はひんやりした空気のエリアで、北日本は日中も10℃以下。

天気悪化の前触れ

前線南側は初夏

高気圧の縁に沿って暖かい空気が流れ込み、全国6地点で真夏日。
そのすべてが岩手県で、宮古市で31℃、釜石市で30.3℃など。
東京都心の最高気温も25.6℃まであがり、半袖初夏の陽気が継続。

【サクラ開花】山形(平年比-2日)
【サクラ満開】仙台(平年比-2日)、長野(-5日)、新潟(-2日)

鮮やか

暖気の中

引き続き高気圧に覆われて、北日本を除いて陽射したっぷり初夏の陽気。
広島県安芸太田町加計で29℃、京都府福知山市や岐阜県多治見市で28.7℃まで昇温。
東京都心も26.8℃まであがり、関東も広範囲で夏日となり半袖に。

連日の快晴

高気圧勢力続く

北日本の一部は寒気の影響が残りすっきりしない天気の一方で
本州付近は移動性の高気圧に覆われて春の晴天。

09時にフィリピンの東海上で台風1号が発生。
来週にかけてじわじわ北上してきて、来週後半は日本付近の前線を刺激する見込み。

【サクラ開花】新潟(平年と同じ)、仙台(同)
【サクラ満開】福島(平年比-3日)

そろそろ終盤

今シーズン1号

移動性高気圧

北日本を通過する前線に向かって全国的に暖かい空気が流入。
福島県や岩手県の三陸沿岸部でも気温20℃超のところがありポカポカ陽気。
西日本中心にすっきり晴れて、北日本も天気の崩れは小さめ。

【サクラ満開】水戸(平年比0日)、千葉(0)、富山(-2日)、福井(-1日)、彦根(-2日)

大阪は春らしい一日

暖気流入

東海沖に発生した南岸低気圧の影響で、関東はまる二日冷たい雨。
雨量が増加し関東南部には大雨注意報や土砂災害警戒情報。
また内陸や甲信では一時大雪注意報で、草津で35cm、菅平27cm、河口湖11cm
北海道や東海以西は高気圧に覆われてすっきり晴天で気温も20℃超え。

だいぶ散りました

纏まった雨量 (24時の前24時間降水量)

低気圧発生

東西に横たわる高気圧の間が鞍部となり、東海沖には低気圧が発生。
関東から近畿にかけてはあいにく雨雲が増殖し、冷たい雨。
軽井沢や草津など内陸部では雪となり、季節外れの積雪に。
東北以北と中四国九州ではすっきり穏やかに晴天で行楽日和。

雨の休日

東海沖に気圧の谷

季節を二分する前線が南海上に南下し、上空には真冬並みの寒気が流入。
関東は昼過ぎから天気が回復し、冬の空気に入れ替わり久しぶりに澄んだ青空。
北海道では季節外れの大雪で、24h時間降雪量は厚岸町太田や標茶町で28cmなど。

【サクラ開花】 富山(平年比-2日)
【サクラ満開】 前橋、神戸、鳥取、山口、下関、大分、鹿児島(いずれも平年比-3~-4日)

爽やかな青空

冬の気団

北から冬の寒気団が南下して、暖かい空気の春気団と衝突。
本州付近には前線が発生し東~西日本でぐずついた天気。
関東は日中20℃以上でポカポカ陽気だったものの、夜は雨となり気温低下。

しぐれ気味 @滋賀県彦根市

冬と春の境目

北日本は低気圧や前線の通過でぐずついたところがあるものの
本州付近は高気圧の尾根にあたり晴れてお花見日和。
南から暖かい空気も流れ込んで気温が上昇し、多くの地点で20℃超え。

【サクラ開花】金沢(平年比-4日)
【サクラ満開】水戸(平年比0日)、熊谷(-4日)、静岡(-3日)、名古屋(-3日)
      京都(-5日)、大阪(-5日)、岡山(-5日)、高松(-5日)、徳島(-5日)

積雲系

気圧の尾根

高気圧の軸がやや北に偏る「北高型」の気圧配置。
北日本はすっきり晴天となったものの、高気圧南縁の東・西日本はどんよりで
冷たい北東の風が吹き込んだ関東や東北南部は冬に逆戻り。

【サクラ満開】 和歌山(平年比-5日)、広島(-5日)、長崎(-4日)

ひんやり空気の都心

北高型

上空寒気の影響で北陸以北の日本海側でしぐれたほかは
高気圧に覆われて晴れたとこも多く、さくら満開ラッシュ。
お花見日和ではあるものの、花粉が大量飛散でつらいところ。

【サクラ】横浜(平年比-4日)、甲府(-5日)、岐阜(-5日)、松山(-6日)、
    佐賀(-5日)、熊本(-4日)、宮崎(-5日)

一本の線

横浜も満開

桜神宮

北日本は冬型

春の嵐をもたらした気圧の谷は東の海上に抜けて、全国的に天気回復。
気圧の谷が残りすっきり晴天とはならなかった関東も暖かい空気が残り
東京都心の最高気温は21.4℃で、福岡や高知とともに全国トップで桜が満開に。

【サクラ満開】 東京(平年比-4日)、福岡(-4日)、高知(-3日)
【サクラ開花】 宇都宮(平年比-3日)、前橋(-2日)、銚子(-3日)、鳥取(-2日)

嵐の後

神田川も満開

天気回復

日本海と太平洋側を進む二つ玉低気圧の通過で、全国的に荒れ模様の天気。
湿った空気の収束部にあたる九州南部では局地的に猛烈な雨の所も。
富山市八尾の南南西の風35.7m/sは観測史上1位の値を更新。
鳥取市でも南南東の風34.2m/sなどで、山陰道の大栄東伯~淀江ICの区間で通行止め。

9時鹿児島県で記録的短時間大雨
屋久島町南部付近で約120ミリ

【サクラ開花】岡山(平年比-2日)、津(-3日)、松江(-3日)

三分咲き

南風強まる

深い気圧の谷

北陸や北日本の一部は気圧の谷の通過で雨となったものの
東・西日本は高気圧に覆われて晴れたところが多くなりました。
気温も持ち直してきて、北関東や東海などでは15℃超。

【サクラ開花(23日)】 大阪(平年比-4日)、大分(-1日)
【サクラ開花】 京都(平年比-2日)、和歌山(0日)、熊谷(-3日)、高松(-3日)

夕焼け

移動性高気圧

南岸低気圧の通過により、関東から近畿にかけて冷たい雨。
関東は日中気温が低下し続け、平野部でも雪にかわり、水戸では3cmの積雪。
北部山沿いや内陸甲信地方では積雪、奥日光で17cm、軽井沢で14cm、諏訪で8cmなど。

東京電力と東北電力管内では、先日の地震の影響と
冷込みによる急激な電力需要増により、需給ひっ迫警報で節電要請。

【サクラ開花】 名古屋(平年比-2日)、長崎(-1日)

開花宣言翌日の雪

13時の雨雪分布

925hPaの0℃線が貫入

南岸低気圧

夏日となった沖縄とは対照的に、北日本では寒気の影響で道内は雪のところも。
東北の太平洋側と関東から西の各地は晴れて行楽日和となったものの、
九州では天気が下り坂となり西から前線が近づいて雨。

【サクラ開花】 横浜(平年比-4日)、甲府(-4日)、静岡(-3日)、岐阜(-4日)、
        広島(-4日)、松山(-3日)

初夏の陽気 (那覇空港)

晴天の東京湾

移動性高気圧

きょうも北日本中心に冬型の気圧配置で季節風も強め。
また上空の寒気の影響も相まって近畿北部から北の日本海側では雨や雪。
関東は日中は晴れたものの、夕方はまた大気不安定で所によりにわか雨。

【サクラ開花】 東京(平年比-4日)、熊本(-2日)、鹿児島(-6日)

上着要らずの那覇市内

北日本で冬型

南岸低気圧は三陸沖で発達し、北日本中心に大荒れで襟裳岬では42m/sの暴風。
東北や道東では季節外れの湿った大雪となり、
岩手県岩泉町で38cm、盛岡市で31cm、北海道広尾町で37cmの新雪増加

また、上空約5500mで-24℃以下の寒気トラフが通過し大気の状態が不安定。
午後には再び雨雲が増殖し、広範囲でにわか雨や雷雨。

【サクラ開花】高知(平年比-3日)、佐賀(-5日)

上空の寒気トラフ

夕方から雨雲発達

東北と道東で冬景色

三陸沖で発達

本州南岸を低気圧が発達しながら通過し、全国的にまとまった雨。
寒冷前線に伴う活発な雨雲が通過し、南西諸島では朝のうち激しい雨。
沖縄県伊是名島で66mm/h、名護市で61mm/hなどは3月としては観測史上最大。

関東は日中5℃台の低空飛行で、北東風も強まり一気に真冬の寒さに逆戻り。
関東北部山沿いや東北以北は湿った雪となり、草津では32cmの積雪増。

【サクラ開花】 宮崎(平年比-5日)

底冷え

雨雲が発達

横殴りの雨 (横浜駅)

南岸低気圧

北日本では弱い寒気の影響で所々で雨や雪となったほかは
東~西日本を中心に高気圧に覆われ、晴れて暖かくなりました。
福岡では全国トップをきってソメイヨシノが開花となりました。

【サクラ開花】福岡(平年比-5日)

花粉ピーク期

西から下り坂

23時36分頃福島県沖を震源とするM7.3の強い地震が発生。
震源の深さは60kmで宮城県、福島県の沿岸部に津波注意報。
福島県と宮城県で震度6強、関東首都圏でも震度4-5の揺れにより200万棟余で停電。
東北新幹線が宮城県内で脱線したほか、死傷者も多数出ている模様。

広範囲で強い地震

高気圧の圏内

未明ににわか雨や雷雨をもたらした雨雲は南海上に南下。
引き続き日本海の気圧の谷に向かって南から暖かい空気が流れ込み、
陽射しの戻った東・西日本ではさらに気温上昇。

九州南部や関東では軒並み25℃を超えて夏日のところも。
宮崎空港で28.4℃、宮崎市で28.1℃など3月としては記録的な暑さ。
その他静岡で25.9℃、東京都心で24.1℃、横浜で24.0℃で5月後半並み。

初夏の陽気

気圧の谷が連続通過

きょうは移動性の高気圧に覆われて、東~西日本で晴天。
南高北低の気圧配置で南から暖かい空気が流れ込んだため昇温し
東京都心の最高気温18.7℃はちょうど1ヵ月先頃の陽気。

春爛漫

桜も満開

高気圧優勢

移動性の高気圧に覆われて全国的に穏やかな晴天。
上空の寒気も北上撤退傾向で東北の一部を除いてしぐれも解消。
西日本では日中15℃を超えたところも多く春の陽気に。

卒業シーズン

高気圧圏内

冬型が西から緩み、日本海側の雪の範囲も縮小傾向。
強い季節風も次第に収まり太平洋側は晴れたところが多かったものの、
沖縄は低気圧や前線の通過で菜種梅雨のようなあいにくの空模様。

天気回復

次第に緩む

北海道の東で低気圧が発達し、強い冬型の気圧配置。
特に東北では西風が強まり東北新幹線も減速したほか、沿岸部には波浪警報
雪雲は福島県会津や関東北部を中心に流れ込み、
30cm近く積雪が増加した栃木県北部には大雪警報も。
また暴風や気圧の低下により、根室市には高潮警報も発表。

再び冬景色に

夜まで大雪

済州島のカルマン渦 (12:00)

冬型が再強化

日本海北部から沿海州で低気圧が発達し、寒冷前線が通過。
全国的に南西風が強まり、日本医科側中心に荒れ模様の天気。
東・西日本の太平洋側は陽射しもあって15℃以上に昇温するも、
花粉が本格飛散&西日本には広く黄砂も飛来。

低気圧の渦巻き

南西風が強まる

低気圧が発達

低気圧の通過に伴い北日本では天気が崩れて道央や道南などで降雪。
苫小牧や登別など沿岸部で半日で25cm積雪が増加。
日中は暖かい陽気が残った関東も夕方からは北風に反転しひんやり。

大気不安定

にわか雨

北日本で雪

日本海と太平洋側で二手に分かれて低気圧が東進。
西日本では朝からまとまった雨で、北日本も午後は雪や雨。

日本海低に向かって暖かい南西風が吹き込んだ関東や東海はきょうも暖かい1日で
静岡市で18℃、横浜市で17.7℃、東京都心で17.2℃など。

下り坂のサイン

南北の気圧の谷