BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

南北に連なる気圧の谷に入り、北陸付近には前線を伴う低気圧も発生。
この前線は秋と初冬の空気を分ける前線で、後面には強い寒気が控えており
ひと足先に雨となった山陰や東北では気温が急速に低下中。
東海以西できょうまで夏日のところも、あす以降はぐっと季節が進む見込み。

天気下り坂

冬の使者到来

大陸の高気圧に覆われてほぼ全国的に晴天の一日。
東海から西では夏日、九州では30℃以上の真夏日となった所があったものの
関東は20℃台前半でちょうど快適な気温帯。

爽やか青空

高気圧エリア

前線や気圧の谷に伴う雨雲が南下し、東北南部から九州でぐずついた天気。
大気の状態が不安定で発雷地点もあり、東海では局地的に猛烈な雨も。
関東は北東気流の影響でひんやりで日中も20℃に届かず。

04時三重県で記録的短時間大雨 志摩市付近で約120ミリ

前線の雨

前線南下でひんやり

台風18号の影響で南西諸島で雨や風が強まったほか
発達した低気圧や前線の接近で、北海道は夜になって雨や風が強まりました。
九州はきょうも全国一暑くて、久留米市の最高気温は33℃。

昼から回復

北日本荒れ模様

高気圧に広く覆われてほぼ全国的に晴天となったものの
湿った空気の影響で東北や関東はやや不安定で一部にわか雨。
東海から西では真夏日となった地点も多く、福岡市で32.7℃の残暑。
北東の涼しい風が吹きこんだ関東はしのぎやすい陽気で、北海道は1ケタ気温。

少し不安定な空

秋の高気圧

気圧の谷や前線の通過で東北や北陸では天気がぐずついたものの
関東以西は晴れて暑さがぶり返し、大阪豊中市で31.4℃など一部で真夏日。

すっきり青空

前線通過

22時41分頃千葉県北西部(深さ80km)を震源とするM6.1の地震があり、
埼玉県川口市、宮代町、東京足立区で震度5強の強い揺れ。
首都圏での震度5強は東日本大震災以来で、けが人も多数出ているもよう。
東京メトロや在来線などが運転見合わせて帰宅困難になる方も多数。

ひさしぶりの関東直下

ほぼ全線で見合わせ

北日本で雨続く

午前2時46分ごろ、青森県で最大震度5強を観測する地震。
震源地は岩手県沖で、震源の深さは56キロ、地震の規模はマグニチュード6.0と推定。
東日本大震災の余震として関連があるのかは不明。
寒気が流れ込み、北海道旭岳で平年より11日遅く初冠雪を観測。

三陸沖で強い地震

北日本に寒気

東・西日本は高気圧圏内で晴天となり残暑となったものの
東北北部や北海道では前線に伴う雨雲がかかり、その北側の北海道はひんやり低温。
大分県日田市で32.6℃まであがった一方で、稚内市の最低気温は1.0℃台。

多摩川の夕暮れ

東北で秋雨

日本列島はどっぷり高気圧エリアの中で東・西日本は晴天となった一方で
前線が沿海州から北日本に延びて、北海道では激しい雨。
北日本の気圧の谷に向かって南から暖かい空気が流れ込み、
北陸や山陰などはフェーン現象で真夏日で、東京都心も29.7℃まで昇温。

【各地の最大1時間降水量】
北海道稚内市沼川 67.5mm/h (01:45) [観測史上1位の値を更新]
北海道利尻富士町本泊 47.0mm/h (01:21)
北海道枝幸郡浜頓別町 45.0mm/h (02:50) [観測史上1位の値を更新]

01時40分北海道で記録的短時間大雨 稚内市南部付近で約80ミリ
02時北海道で記録的短時間大雨 猿払村付近で約100ミリ
01時50分北海道で記録的短時間大雨 猿払村浅茅野で87ミリ

テーパリングクラウド

北日本は雨雲通り道

台風16号は温帯低気圧に変わり東北の沖合を北上。
天気回復の東京都心では13時の気温が昨日17.5℃→きょう29.7℃で12℃アップ。
九州や四国などでは30℃超えの真夏日のところが多くなりました。
地上は昇温、上空には-12℃の寒気で大気が不安定となり、関東は夜に雷雨。

台風一過

関東夜は激しい雷雨

天気回復

大型の台風16号は非常に強い勢力を保ったまま八丈島の南を通過し関東に最接近。
伊豆諸島や関東沿岸部で暴風が吹き荒れ、銚子市では最大瞬間風速41.8m/sを記録。
千葉県、茨城県などで約1万軒が停電となったほか、交通機関にも影響が出ました。

【各地の24時間降水量】
千葉県勝浦市 273.5mm (18:00)
東京都伊豆大島 260.5mm (15:50)
静岡県伊豆市天城山 218.5mm (17:20)

房総も暴風域

勢力維持で北上 (09:00現在)

首都圏も暴風

横殴りの雨で増水

関東大荒れ

低気圧が近づく北日本では終日まとまった降水。
またこの気圧の谷に引き込まれるように台風16号も北上し、
今夜には伊豆諸島北部を通過、あす午前中に関東に最接近の予想。

雲行き怪しく

台風動かす気圧の谷

東日本は東海上の高気圧の勢力圏内で概ね晴れたものの
西日本は気圧の谷の影響でどんより雲が多めの天気で
紀伊半島や宮崎では遠い台風の影響が出始めて雨。

朝晩はしのぎやすいものの日中は気温が上がり九州で真夏日のところも。

秋の晴天

きれいな円形 (21:00)

東日本は高気圧圏内

台風16号は沖ノ鳥島近海の海水面温が高い領域で猛烈な勢力に発達。
日本付近は気圧の谷や上空寒気の影響で本州中部で雨雲が増殖、
湿った空気が流れ込み三重県紀北町で96mm/hなど猛烈な雨を観測。

強い勢力で北上か

立ち込める低層雲

眼下の雲海

等圧線の凹みが気圧の谷

きょうも北からの高気圧に覆われて全国的に晴れたエリアが多かったものの
北東からの冷たく湿った空気が流れ込んだ関東はどんより冷涼な天気で所により弱い雨。
また高気圧の縁辺をまわる湿った風と上空寒気の影響で、三重県などで激しい雨。

三重県で雨雲発達 (22:20 気象庁レーダ)

台風は非常に強い勢力へ

大陸に中心を持つ高気圧に覆われて東~西日本の太平洋側を中心に晴天。
関東や九州南部などで気温が上がり、東京都心も30.6℃で真夏日。
一方で上空約5500mには-15℃以下の寒気も流れ込み、北日本は20℃届かずひんやり。

陽射したっぷり

気になる進路

北からの高気圧

沿海州の低気圧から延びる寒冷前線が西~東日本を通過。
近畿や北陸などで局地的に激しい雨や雷雨。
関東や天気回復後の九州などは陽射しもあって気温が上がり真夏日。

変わりやすい天気

寒冷前線

きょうも広く高気圧に覆われてすっきり晴天。
フェーンで気温上昇となり鳥取県境港市では全国トップの33.9℃。

一方で湿った空気が流れ込み紀伊半島や四国ではぐずついた天気。
また西からは寒冷前線が近づき、九州では夜になって雷雨のところも。

秋田沖の尾流雲

関東の晴天積雲

寒冷前線と寒冷渦

高気圧の勢力下

大陸に中心を持つ高気圧に覆われて全国的に晴天。
近畿~九州は30℃超の地点があったものの比較的乾いた空気なのでカラッとした暑さ。
連休ということで各地で行楽日和となりました。

道南は爽やか

函館山の夕焼け

北から高気圧

台風14号は和歌山県に再上陸し紀伊半島を横断して東海沖へ。
近畿から関東にかけて太平洋側を中心に発達した雨雲がかかり断続的に激しい雨。
北日本も別の低気圧の影響で、えりも岬で12時間150mm超など北海道太平洋側も大雨。

【最大1時間降水量】
兵庫県洲本市 79.0mm/h (00:36)
三重県熊野市 78.5mm/h (04:56)
神奈川県海老名市 65.5mm/h (05:59)

近畿東海を横断

雨雲は東日本へ

関東や紀伊半島で激しい雨

関東の上空

東海沖を進む

台風14号はようやく動き出して19時前に福岡県福津市付近に上陸。
福岡県への上陸は1951年の統計開始以来初で、今シーズンは3回目の上陸。
台風本体の雨雲ではなく、湿った空気の影響により少し離れた場所で激しい雨。

【最大1時間降水量】
大分県佐伯市 82.0mm/h (01:27)
高知県四万十市中村 69.5mm/h (06:02)
01時30分大分県で記録的短時間大雨 佐伯市佐伯付近で約110ミリ

上陸時の雨雲分布

福岡県内を横断 (20時現在)

九州へ接近

台風の東側に取り巻く湿った空気の影響で九州では局地的に雨雲が発達し
宮崎市内で60.5mm/h、日南市油津56.5mm/hなど激しい雨を観測。
一方で九州の西側や日本海側では晴れ間もあり。

16時宮崎県で記録的短時間大雨 日南市付近で約120ミリ

降水はなし

九州で激しい雨

台風14号は東シナ海でほぼ停滞中で、北の高気圧に押されて日本付近の雨雲も南下。
岩手県で湿った空気の影響で激しい雨となったほかは、目立った降水はなし。
九州や沖縄で30℃を越えて残暑が厳しくなったものの、その他地域の暑さは控えめ。

暑さ控えめ

足踏み中

台風14号は上海の東で頭打ちになり足踏み状態。
アウターバンドは奄美から沖縄方面に連なり、
前線に相当する雨雲が東~西日本にかかってぐずついた天気。
伊豆諸島で雨雲が発達し新島で61mm/hの非常に激しい雨。

降り出しそう

動き止まる

台風14号のアウターバンドがかかり沖縄や奄美では時折激しい雨。
また台風と連なる前線の影響で中四国や九州もぐずついた天気。
近畿から東北にけては高気圧に覆われて陽射しあり一部では真夏日に。

いわし雲

シルクのカーテン

週末日本海へ

気団せめぎ合い

台風14号は昼前に与那国島に最接近後は東シナ海を北上。
雨雲は先島諸島から九州南部、紀伊半島、関東に連なり、南岸沿いでぐずついた天気。
北日本も寒冷前線の通過で大気が不安定となり、北海道や東北北部で発雷。

先島通過後の台風

北日本も不安定

秋雨前線も顕在化

猛烈な勢力の台風14号は台湾の東海上を北上し、夜には先島諸島が暴風域に。
本州の南岸沿いも雲が多く所々で雨となったほか
奄美から九州南部は雨雲が発達し、鹿児島県鹿屋市は81.5mm/hの猛烈な雨。

変わりやすい天気

先島へ接近

きょうは高気圧に覆われてほぼ全国的に晴天。
9月に入り冷涼な気温が続いていた関東も陽射しが戻って気温が持ち直し。
沖縄は台風14号の影響で次第に風が強まりました。

すっきり青空

台風アンサンブル予想

高気圧盛り返し

日本海の低気圧は北日本に接近し、東北北部や北海道で雨となったほか
東海沖には別の低気圧が発生して、近畿から関東にかけてもぐずついた天気。
関東南岸では雨雲が発達し、千葉県勝浦市で40mm/hなど激しい雨。

天気回復

台風14号 猛烈な勢力へ

日本海を東進する低気圧から延びる寒冷前線の通過に伴い雨となったほか
湿った空気の流れ込みと上空寒気の影響で四国の南東斜面で雨雲が発達し猛烈な雨。

09時50分高知県で記録的短時間大雨 東洋町付近で約120ミリ
10時30分徳島県で記録的短時間大雨 海陽町付近で約120ミリ

動きが気になる14号

線状降水帯で検知

低気圧と前線が通過

上空500hPaで-15℃の寒気を伴ったトラフ通過に伴い
北陸や関東、東海などで雨雲が発達。
三重県志摩市阿児で70.5mm/h、新潟県長岡市寺泊で58.5mm/hなどの激しい雨。
オホーツク海高気圧が優勢で北・東日本はひんやり、東京都心は日中20℃台の低温。

夕暮れ

オホーツクH強め

秋雨前線は南の海上に南下し、陸地にかかる雨雲は減少。
関東のしぶとい雨は昼前には止んで、夕方には束の間の陽射しも。
上空にはやや強い寒気が流入しているため、局地的には雷雲が発達。

ようやく陽射し

前線は南下

秋雨前線が停滞し東~西日本の広い範囲でまとまった雨。
上空の寒気も相まって九州などで非常に激しい雨。
関東はきょうも日中20℃台で半袖だとひんやり。

14時北海道で記録的短時間大雨 稚内市南部付近で約110ミリ

【最大1時間降水量】
長崎県平戸市 72.5mm/h (04:54)
高知県香美市大栃 54.0mm/h (09:56)
福岡県福岡市中央区 51.5mm/h (07:02)

連日の雨

雨雲活発化

秋雨前線

夏と秋の季節を二分する前線が東・西日本に停滞。
気温は西高東低で九州などでは30℃を越えて真夏日となるも
関東から東北は日中20℃台で10月下旬並みの陽気。

【最大1時間降水量】
福岡県八女市黒木 74.0mm/h (14:42) [9月の1位の値を更新]
長崎県壱岐市石田 62.5mm/h (03:32) [9月の1位の値を更新]
佐賀県唐津市 52.5mm/h (05:38) [9月の1位の値を更新]

前線帯の雲

秋雨前線

日本列島上で東西に横たわる秋雨前線が顕在化。
雨雲の帯は日本海から東日本に連なって、東北南部などで雨。
関東は北東から冷涼な風が流れ込んで日中は22、23℃台としのぎやすい陽気。

夜には前線南下に伴う雨雲が発達し、山口県萩市須佐で67.5mm/h、
静岡県三島市で54.0mm/hなど非常に激しい雨を観測。

どんより

線状に発達 (23:30)

夏秋分ける前線

夏と秋の空気を分ける前線帯が本州付近を南下しつつあり
関東から北陸にかけては陽射しは弱め。
上空の寒気の影響で関東はきょうも雷雲が発達。

ひつじ雲

雷雲発達

秋が南下

高気圧は西日本に勢力を拡大し比較的安定した夏空。
岐阜県美濃市で36.8℃、埼玉県鳩山市で36.4℃など各地で猛暑日
夕方からは北関東で雷雲が発達し激しい雷雨に。

雷雲発達 (20:30)

高気圧勢力拡大

北日本に近づく低気圧と前線の南側には暖かく湿った空気(345K)が流入。
関東や四国瀬戸内などを除いて陽射し少なく、北陸から九州北部で一部雨雲が発達。
高気圧のパワーも盛り返してきて、日本海で停滞する前線活動は落ち着く方向。

レンズ雲状

日本海側に停滞

台風12号は東シナ海を北上し、朝鮮半島で前線とドッキング。
前線の南側には湿った空気、上空には寒気もあって大気が不安定。
未明には新潟県で激しい雨、朝は関東首都圏で積乱雲が発達し激しい雷雨。

03時30分新潟県で記録的短時間大雨
阿賀町三川付近で約100ミリ

朝から激しい雷雨

福岡もいったん回復

前線活動ややおさまる

台風12号が宮古島の東を通過し、宮古島市では85.0mm/hの猛烈な雨。
低気圧は沿海州に北上し、付随する前線は切り離されて日本海に停滞。
フェーン現象で北陸で昇温し金沢市で35.1℃の猛暑日となり
栃木県那須塩原市で61.0mm/hなど激しい雨。

九州北部は雨

先島を通過

北陸で雨雲発達

低気圧は沿海州へ

昨日同様に湿った空気の影響で雨雲が流れ込み、東海から四国は局地的に激しい雨。
関東以北は晴れて夏空、埼玉県などで35℃超の猛暑日のところも。
フィリピンの東にある熱低は台風に発達して、月曜日に九州に接近しそうな気配も。

【最大1時間降水利用】
高知県佐川町 83.5mm/h (04:15) [8月の1位の値を更新]
鹿児島県南さつま市加世田 65.5mm/h (06:51)
鹿児島県肝付町内之浦 62.5mm/h (10:44)

秋の気配も

近畿に発達した雲

チベット高原の渦巻きは何だろう

暖湿流継続

朝鮮半島から東シナ海には寒気トラフがあって東海以西は大気が不安定。
四国や近畿などには線状の発達した雨雲がかかり、局地的に猛烈な雨となった所も。
関東や東北では天気は安定化し夏の陽射しが復活、
福島県浪江町で35.5℃、埼玉県鳩山町で35.0℃などの猛暑日。

【最大1時間降水量】
大分県佐伯市蒲江 81.0mm/h (00:35)
徳島県美波町日和佐 78.0mm/h (06:46)
兵庫県洲本市 65.5mm/h (08:22)

夏空に秋雲

線状降水帯

暖湿流が継続

低気圧が北日本へ進む一方で、前線は日本海沿岸に停滞。
東~西日本は前線の暖域で南西風が強く広範囲で大気の状態が不安定。
四国や近畿には線状の発達した雨雲が断続的にかかり激しい雨。

【最大1時間降水量】
鹿児島県肝付町内之浦 91.0 (09:44) [8月の1位の値を更新]
宮崎県串間市 61.5mm/h (10:05)
広島県竹原市 57.0mm/h (05:45) [観測史上1位の値を更新]

にわか雨

雲から垂れる雨脚

東シナ海の寒気トラフ (水蒸気画像15:00)

大気不安定

前線上の低気圧や上空寒気の影響で広範囲で大気が不安定。
東海や近畿、九州などで局地的に雨雲が発達し
和歌山県日高川町で79.5mm/h、三重県鳥羽市で76mm/hなど激しい雨。

03時50分三重県で記録的短時間大雨 鳥羽市付近で120ミリ以上
04時三重県で記録的短時間大雨 鳥羽市浦村で140ミリ

大阪湾の線状降水帯 (13:00)

再び活発化

西日本では前線の雨雲は南下していったん小康状態となるも
関東や甲信などに活発な雨域がかかり局地的に猛烈な雨。
丹沢湖は1時間で104.5mm/hで観測史上最大、24時間雨量も340mm超。
御岳山では48時間雨量で580mmに達し、岡谷市では土砂崩れで人的被害も。

10時神奈川県で記録的短時間大雨 山北町付近で約100ミリ
10時30分神奈川県で記録的短時間大雨 松田町付近で約100ミリ

都心も強雨

24時間降水量 (12:00現在)

関東甲信も大雨

02:15佐賀県と長崎県に、05:57福岡県に大雨特別警報。
12:41には昨日に続き再び広島市にも発表。
72時間雨量は佐賀県嬉野市で925mmなど、九州北部を中心に記録的な大雨。
九州の六角川や中国の江の川上・下流部では氾濫が発生し
佐賀県武雄市内では大規模な浸水被害等が出ている模様。

【各地の24時間降水量】※いずれの地点も観測史上1位
福岡県久留米市 387.0mm (11:40)
佐賀県鳥栖市 409.0mm (11:10)
佐賀県嬉野市 555.5mm (11:30)
山口県周南市鹿野 251.5mm (19:20)

【各地の48時間降水量】※いずれの地点も観測史上1位
長野県松本市奈川 292.5mm (21:50)
石川県羽咋郡宝達志水町 274.5mm (06:00)
広島県安芸高田市美土里 394.5mm (21:50)
広島県広島市安佐北区三 436.0mm (21:50)
広島県広島市佐伯区佐伯湯来 402.0mm (21:40)
長崎県佐世保市 426.0mm (17:20)

【各地の72時間降水量】※いずれの地点も観測史上1位
福岡県久留米市 718.5mm (11:10)
福岡県大牟田市 718.0mm (09:40)
長崎県雲仙岳 848.5mm (08:10)
佐賀県佐賀市 772.0mm (10:40)
佐賀県鳥栖市 807.5mm (11:40)
山口県山口市 379.5mm (21:50)
岐阜県中津川市 285.0mm (21:50)
その他多数地点

九州北部の線状降水帯

中国道など通行止め

24時間降水量

梅雨末期のような天気図

秋雨前線の活発化に伴い、東~西日本に幅広く雨雲がかかり続け
特に九州や中国地方などで記録的な雨量となっています。
午前8時45分には広島市に大雨特別警報が発表されました。(13時に大雨警報に切替)

07時熊本県で記録的短時間大雨
八代市東陽町付近で120ミリ以上 八代市付近で約120ミリ

【観測史上1位の記録】
■3時間降水量
広島県安芸高田市美土里 110.5mm (09:10)
広島県安芸高田市甲田 125.5mm (09:40)
■48時間降水量
富山県氷見市 245.0mm (16:40)
石川県羽咋郡宝達志水町 259.5 (16:40)
長崎県雲仙岳 743.0mm (11:10)
佐賀県佐賀市 446.5mm (16:40)
熊本県天草市本渡 520.5mm (10:30)

広島に発達した雨域

江の川が氾濫

けさ9時の暖湿流

秋雨前線活発化

500hPaジェット軸の南側には早くも秋雨前線が出現。
これから先しばらの間西日本付近に居座る見通しで、
来週にかけては断続的に激しい雨となり大雨のおそれあり。
西日本豪雨時と状況が類似しており、災害の発生等も懸念されます。

秋の気配も

九州に活発な雨雲

秋雨前線が顕在化

台風9号から変わった温帯低気圧が東北地方を通過。
北日本で大荒れの天気となり、えりも岬では16時過ぎに43.8m/sの猛烈な風を観測。
また渡島半島の函館市戸井泊では24時間雨量が305.5mmで観測史上1位の記録。

南風が吹き込みフェーン現象により関東で気温が上昇し、
東京八王子市で39℃に達したほか、埼玉県鳩山町や茨城県土浦市で37.8℃など

台風一過で深い青空 (山梨県勝沼町)

くっきり富士山

北日本で大雨