BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

きのうは関東北部を中心に激しい雷雨となりましたが、
きょうは関東南部で雲が増殖し、局地的に激しい雨となりました。
不安定な天気はあすには解消してきそうです。

西日本は引き続き猛暑が続いています。

雷雲近づく

雷雲近づく

千葉県内で雷雲発達

千葉県内で雷雲発達

また熱低が発生

また熱低が発生

台風9号はけさ6時に北海道の日高地方に再上陸しました。
北海道に立て続けに3回も台風が上陸したことは過去例がありません。
静内町の65.0mm/hは観測記録を更新。
道内では深川市で石狩川が氾濫するなど、再び被害が相次ぎました。

また、台風9号の尻尾の先にあたる関東地方も大気の状態が不安定になり
午後からは北関東を中心に激しい雷雨に。
栃木県真岡市では1時間90.5mm/hの猛烈な雨を観測しました。

台風一過

台風一過

北関東中心に雷雨

北関東中心に雷雨

台風は北海道を縦断

台風は北海道を縦断

台風9号が12:30頃千葉県館山市付近に上陸しました。
強い勢力となり暴風域を伴って関東を直撃し、
台風本体の発達した雨雲により平野部も猛烈な雨となりました。

【最大1時間降水量】
1 東京都 青梅 107.5mm/h (12:33)[観測史上1位の値を更新]
2 静岡県 天城山 86.0mm/h (09:10)[8月の1位の値を更新]
2 東京都 八丈島 86.0mm/h (01:45)[8月の1位の値を更新]
4 神奈川県 相模原中央 78.5mm/h (10:57)
5 埼玉県 所沢 76.5mm/h (11:36) [観測史上1位の値を更新]

02時東京都で記録的短時間大雨
八丈町付近で約100ミリ

12時埼玉県で記録的短時間大雨
入間市付近で約100ミリ

12時20分東京都で記録的短時間大雨
青梅市新町で100ミリ

12時30分埼玉県で記録的短時間大雨
飯能市付近で約120ミリ
入間市付近で約120ミリ
狭山市付近で約110ミリ
所沢市付近で約100ミリ

13時東京都で記録的短時間大雨
瑞穂町付近で約110ミリ

上陸時の台風の雨雲

上陸時の台風の雨雲

引き締まった肉厚の雲渦

引き締まった肉厚の雲渦

2つ目が関東直撃

2つ目が関東直撃

前線の向かって湿った空気の流れ込みが続き
北海道では断続的に激しい雨となり、北見市の常呂川で氾濫が発生するなど
記録的な大雨となっていますが
これに台風11号と9号が追い討ちをかける構図となります。

またその9号はあす関東東海地方を直撃し東日本を縦断する見込で、影響が懸念されます。

嵐の前の

嵐の前の

北日本大雨続く

北日本大雨続く

9号、10号、11号と熱低から台風が量産されました。
しかも今季は高気圧の張り出しが偏在しているため、発生位置もいつもとは違い東日本の近海。
各々あまり発達こそしませんが、動きは早くて、しかも藤原の効果なのか複雑な動き。
9号は関東・東海めがけて北上、10号は高気圧に抑えられてひとまず南西方向に退避、
後発の11号は一番先にあす北日本へ近づく予想となっています。
前線がかかる北海道は、さらなる大雨の被害拡大が懸念されます。

西日本は猛暑続き、大分県豊後大野市では38.2℃を記録しました。

不安定な空

不安定な空

あやしい雄大積雲

あやしい雄大積雲

カオスな動き

カオスな動き

午前中から激しい雷雨

午前中から激しい雷雨

北海道は大雨

北海道は大雨

3つの熱帯低圧が日本の周辺にひしめいていて、
マリアナ近海のものは15時に台風9号へ、
八丈島の東にあるものは21時に台風10号に発達しました。
前者は週明け月曜日後半に早々と関東に近づく予想で、
7号で被害を受けた北海道は、より一層大雨に警戒が必要です。

西日本は相変わらず晴天&猛暑で、大阪市は38.1℃で全国トップでした。

夏空

夏空

今後の動きが気になる

今後の動きが気になる

台風7号は昨夜のうちに温帯低気圧に変わり雨は止んだのですが、
北海道内では台風の大雨の影響で今朝から河川の水位が上昇し、
北見や網走地方を中心に河川が増水(常呂川や足寄川など)し、浸水被害となりました。

過去48時間降水量
胆振地方 白老町 234.0mm
日高地方 浦河町 207.5mm
十勝地方 ぬかびら源泉郷 197.0mm

関東地方は台風尻尾の前線がかかり雷雲量産でゲリラ雷雨が多発。
局地的には猛烈な雨となりました。

3時30分栃木県で記録的短時間大雨
宇都宮市付近で約110ミリ

足寄町で内水氾濫

足寄町で内水氾濫

都内はゲリラ雷雨

都内はゲリラ雷雨

台風の尻尾で不安定

台風の尻尾で不安定

台風7号はやや勢力を強めて東日本の太平洋沿岸を北上し、
17時半頃に北海道襟裳岬付近に上陸しました。
釧路では19:45に最大瞬間風速43.2m/sを観測しました。

関東は朝には雨がやみ台風一過の青空となりましたが、
台風の置き土産で、群馬県館林で39.6℃の猛烈な暑さとなりました。
(奈良県生駒市では中1生徒とが熱中症で死亡する事故も)
同時に大気が不安定で雨雲が発達、局地的に激しい雨となりました。

18時30分栃木県で記録的短時間大雨
鹿沼市付近で約110ミリ

東北沖を北上

東北沖を北上

台風一過

台風一過

台風は北日本へ

台風は北日本へ

台風7号の外側の雲(アウターバンド)がかかり
関東は昼過ぎから断続的に激しい雨が降り出しました。
夜には台風本体の雨雲がかかり、関東南部や茨城では横殴りの雨、
房総半島の勝浦市では1時間70.5mmの非常に激しい雨となりました。

一方で、日本海にある寒気を伴った気圧の谷の影響で
四国、山陰(鳥取)、近畿(京都)、北海道など広域で激しい雷雨となりました。

【最大1時間降水量】
1 高知県 室戸岬 84.0mm/h (16:55)[8月の1位の値を更新]
2 千葉県 勝浦 70.5mm/h (21:05)
3 京都府 京田辺 65.0mm/h (18:26)
4 石川県 金沢 59.0mm/h (16:07)
5 鳥取県 鳥取 52.0mm/h (15:50)

沿岸部で激しい雨

沿岸部で激しい雨

アウターバンドで時々スコール

アウターバンドで時々スコール

日本海のトラフで大雨

日本海のトラフで大雨

上空の気圧の谷と寒気の影響で西日本は大気不安定となり
京都府福知山市では13:13までの1時間に68.5mm/hの非常に激しい雨を観測し
観測史上1位の値を更新しました。

一方、東日本は台風の通りみちになっており、
台風6号は根室市沖で今朝9時に温帯低気圧に変わりましたが、
早くも次の台風7号があす夜には関東の南東海上にやってきそうです。

20時30分静岡県で記録的短時間大雨
吉田町付近で約110ミリ

雲が多めも陽射しも

雲が多めも陽射しも

東日本をかすめて北上か

東日本をかすめて北上か

日本海に気圧の谷

日本海に気圧の谷

大分県豊後大野市犬飼町では、きのう・きょうと2日連続で38.0℃で全国トップ。
こんな2冠は全然嬉しくないと思われますが、西日本ではうだるような暑さが続いています。
近畿地方は夕立ちとなり、局地的に激しい雨となりました。

一方、東・北日本は高気圧の鞍部で若干しのぎやすくなっていますが、
台風6号が北海道東岸に接近したり、
きょう未明に発生した台風7号も東日本に影響する可能性があり、
高気圧の隙間を狙われるコース取りとなっています。

近畿地方で雷雲発達

近畿地方で雷雲発達

きょうも天気良好

きょうも天気良好

秋の気配も漂います

秋の気配も漂います

日本海の低気圧で下り坂

日本海の低気圧で下り坂

きょうからお盆ということで帰省の客で込み合っています。
今年から「山の日」が制定されたことを祝し、たわけではないのですが
下界は暑さが続いているのでの雲上にテレポーテーション。
下界の富山は33℃でも雲上は15℃でても爽やかでありました。

雲上でひと休み

雲上でひと休み

日本の屋根を眺める

日本の屋根を眺める

湧き上がるガス

湧き上がるガス

2つの台風の動きに注目

2つの台風の動きに注目

きょうも気温は西高東低で、西日本の猛烈な暑さは止まらず。
東日本は雲が多めで暑さは幾分マシなのですが
夕方は関東南部で大気が不安定になり局地的に雷雲が涌いて
神奈川県相模原市では86.5mm/hの猛烈な雨を観測、交通に影響もでました。

局地的に雷雲停滞

局地的に雷雲停滞

関東は高気圧の鞍部

関東は高気圧の鞍部

台風5号の置き土産で、フェーン現象も相まり
きょうは関東甲信を中心に猛烈な暑さとなりました。
横浜では37.4℃まであがり、観測史上タイ記録となりました。
(ほか全国9地点で観測史上1位の気温)

【最高気温ランキング】
1 山梨県 切石 39.2℃ (14:29) [観測史上1位の値を更新]
2 山梨県 南部 38.9℃ (13:03) [観測史上1位の値を更新]
3 千葉県 茂原 38.7℃ (13:49)

融けそうな暑さ (東京大手町)

融けそうな暑さ (東京大手町)

台風の置き土産

台風の置き土産

連日38度を超える危険な暑さが続いています。
きのう「立秋」を過ぎて、暦の上では秋となりましたが、この灼熱の暑さでは…
実は高気圧を強める作用のある台風のアシストもあって、夏の高気圧が一段とパワーアップ!!
どっしり日本列島を覆います。今週は安定した夏空の一週間となりそうです。

【最高気温ランキング】
1 岐阜県 多治見 39.7℃ (14:55)
2 岐阜県 美濃 38.7℃ (13:04)
3 熊本県 菊池 38.5℃ (13:21)

台風の影響で雲多め

台風の影響で雲多め

夕焼け

夕焼け

台風の渦巻き

台風の渦巻き

台風が関東接近

台風が関東接近

きょうは「立秋」で暦の上では、きょうから秋…なのですが
台風5号のアシストもあって高気圧がパワー全開。
きょうも西日本中心に猛烈な暑さとなり、各地で熱中症の被害が相次ぎました。

兵庫豊岡、鳥取、秋田など日本海側で最高気温の上位となったことから
沿海州の低気圧に向かって南風が吹き込形でフェーン現象となったと考えられます。

【最高気温ランキング】
1 兵庫県 豊岡 38.2℃ (14:01)
2 新潟県 中条 38.1℃ (11:56)
2 鳥取県 鳥取 38.1℃ (13:03)
4 秋田県 秋田 37.6℃ (15:15)
4 秋田県 横手 37.6℃ (15:05)

危険な暑さ (松江市内)

危険な暑さ (松江市内)

暑さが和らぐ色

暑さが和らぐ色

お天気イベントの手伝いのため京都にきていますが
きょうは38℃に迫る猛烈な暑さ、屋外の陽射しは殺人的な鋭さでした。
にもかかわらず、イベントには多くの家族連れにご来場いただきまして大盛況。
成功裏となり打上げビールの味が格別であったことは言うまでもありません。

近畿地方は午後から本当の雷雲があちこちで湧いて、局地的に激しい雷雨となりました。

【最高気温ランキング】
1 大分県 日田 38.2℃ (14:00)
2 大阪府 豊中 38.1℃ (14:01)
3 京都府 京都 37.9℃ (15:06)

雲お絵かきコーナー

雲お絵かきコーナー

イベント大賑わい

大賑わい

高気圧さらに強まる

高気圧さらに強まる

高気圧がパワーアップして天気は安定してきましたが
暑さも一段と厳しくなってきて、少し動くと汗が止まりません。
これでも東京都心は33.4℃、京都では37.1℃と猛烈な暑さとなりました。

南海上で台風5号が発生、これも高気圧を強めて暑さを増す一因となっています。

きょうも雷雲発見

きょうも雷雲発見

大阪市内の夕暮れ

大阪市内の夕暮れ

台風5号が発生

台風5号が発生

きょうは大気の状態が次第に安定してきて雷雨のエリアも減ってきました。
ただ今日も局地的に雷雲が発生し、埼玉川越ではグランドで部活中の高校生に落雷する事故がありました。
当時は雨は降らず上空は晴れていたとのことですが、
レーダーによると現場のすぐ西側で急激に雷雲が発達していたため、
この雷雲から横に飛んだ雷なのかもしれません。

発達期の雷雲は特に発雷しやすいので、気を付けなければなりません。

雷雲の近傍に落雷

雷雲の近傍に落雷

大気は次第に安定も...

大気は次第に安定も…

寒冷渦は北上しつつあるものの、まだ大気の不安定な状態は続き
きょうもあちこちで激しい雷雨となりました。
猛烈な雨により記録的短時間大雨情報が出されるのも3日連続です。

首都圏は雷雲活動の勢いは少しおさまってきましたが
湿度が高くかなり蒸し暑い陽気となりました。

【最大1時間降水量】
1 栃木県 佐野 76.5mm/h (19:15) [8月の1位の値を更新]
2 岐阜県 宮地 70.5mm/h (18:59)
3 栃木県 葛生 65.5mm/h (18:37)

13時岩手県で記録的短時間大雨
奥州市西部付近で約100ミリ

13時宮城県で記録的短時間大雨
栗原市西部付近で約100ミリ

積乱雲見え隠れ

積乱雲見え隠れ

モクモク発達

モクモク発達

きょうまで不安定

きょうまで不安定

関東の南東海上には上空6,000mに-6℃の寒気を伴った「寒冷渦」があって、
関東南部では未明から朝方は雷鳴が轟き局地的に激しい雨となりました。

不安定のピークで、午後は関東甲信や東北の山沿いで雷雲が増殖。
福島県では猛烈な雨となりました。

【最大1時間降水量】
1 福島県 鷲倉 75.0mm/h (15:28) [観測史上1位の値を更新]
2 岩手県 盛岡 62.5mm/h (14:18)
3 宮城県 新川 62.0mm/h (13:32) [8月の1位の値を更新]

15時福島県で記録的短時間大雨
福島市南部付近で約100ミリ

きょうも雷雲発達

きょうも雷雲発達

都心からのぞむ雷雲

都心からのぞむ雷雲

モコモコ湧く

モコモコ湧く

明瞭な寒冷渦

明瞭な寒冷渦

気圧配置に変化なし

気圧配置に変化なし

夏本番の8月を迎えますが、高気圧が頼りなく「梅雨明け10日」とはならず…
関東の南東海上にある「寒冷渦」の影響で、東日本中心に大気が不安定です。
関東甲信~近畿にかけて雨雲が大量発生しました。

【1時間最大降水量】
1 群馬県 沼田 77.5mm/h (16:25) [観測史上1位の値を更新]
2 宮崎県 神門 54.0mm/h (18:18)
2 長野県 大町 54.0mm/h (19:15) [観測史上1位の値を更新]

雷雲が増殖

雷雲が増殖

また隠れ前線のある北海道(留萌地方)でも、昨日に続いて猛烈な雨。

18時10分北海道で記録的短時間大雨
苫前町霧平峠で95ミリ
18時北海道で記録的短時間大雨
小平町東部付近で約100ミリ
苫前町付近で約100ミリ

都心は不安定な空

都心は不安定な空

不気味なゲリラ雲

不気味なゲリラ雲

高気圧パワー不足

高気圧パワー不足

日中の昇温と上空の寒気により、北~西日本の広い範囲で大気の状態が不安定。
北海道の内陸部や東北~近畿・中国地方にかけて雷雲が発達して、
雨雲の動きが遅いことから局地的に激しい雨となりました。

13時30分北海道で記録的短時間大雨
新得町北部付近で約90ミリ

14時30分北海道で記録的短時間大雨
美瑛町東部付近で約90ミリ
上富良野町付近で約90ミリ

関東も南海上の寒冷渦の影響を受けて不安定な天気でした。

モクモク湧き立ちます

モクモク湧き立ちます

時々にわか雨

時々にわか雨

中国地方も雷雨

中国地方も雷雨

近畿も雷雨 (3Dアプリ)

近畿も雷雨 (3Dアプリ)

前線や寒気の影響で不安定

前線や寒気の影響で不安定

きょうは高気圧に覆われて絶好の夏休み日和。
海、山、プール、花火大会、どこも大賑わいでした。
土用丑の日なので、スタミナアップでこの暑さを乗り切りたいですね。
午後は内陸山沿いで雷雲が発生、所々で激しい雨となりました。

蓮が覆い尽くす

蓮が覆い尽くす

寒冷渦の渦巻き

寒冷渦の渦巻き

高気圧の芯がしっかり

高気圧の芯がしっかり

きょうは、東北地方も梅雨明けしました。
東北南部は平年より4日、東北北部は1日遅れました。
これで日本全国梅雨が明けて、ようやく夏本番となります。

きょうは空も青々、浮かぶ積雲もプカプカ、夏らしい空模様でした。
本州の梅雨明けとは対象的に、北海道では大雨が続きました。

夏本番の空

夏本番の空

夜テニス

夜テニス

東西に連なる峰

東西に連なる峰

関東甲信地方は、本日梅雨明けが発表されました。
平年より1週間遅く、昨年よりは18日遅くなりました。

向こう一週間は、上空の寒気の影響でにわか雨や雷雨となる所もありますが、
期間の前半を中心に高気圧に覆われて晴れて気温の上がる日が多い見込みです。

梅雨期間の降水量は、関東南部でほぼ平年並みとなりましたが、関東北部では平年より少なめ。
関東北部の水がめ貯水率は引き続き低くて、ますますの水不足が懸念されます。

ようやく梅雨明け

ようやく梅雨明け

高気圧は東から攻勢

高気圧は東から攻勢

新潟県上越市では昨夜から強い雨が断続し、記録的な大雨となりました。
また、北海道にも低気圧や前線が近づき、湿った空気がぶつかる胆振地方を中心に大雨でした。
23:47には茨城県北部で震度5弱の地震を観測しました。

【24時間最大降水量】
1 新潟県 高田 242.5mm (11:10) [観測史上1位の値を更新]
2 富山県 立山芦峅 217.0mm (06:30)
3 北海道 胆振地方 カルルス 214.5mm (23:20)

連日すっきりせず

連日すっきりせず

北日本で大雨

北日本で大雨

きょうも日本海から本州中部に南東方向に雨雲が流れ込み
北陸や東海地方などで所々雨脚が強まりました。
関東も昼過ぎから雨が降り出しましたが、山越えということで大降りにはならず。

雨雲近づく

雨雲近づく

前線北上、梅雨明け近し?

前線北上、梅雨明け近し?

東日本に天然のクーラーを送り込んでいるオホーツク海高気圧と
夏の太平洋高気圧との鞍部に低気圧が発生し、本州中部は雲が多め。

一方の北日本や九州では陽射したっぷり。
九州はきょうも厳しい暑さで熊本県水俣市で34.9℃で猛暑日一歩手前。
夕立ちも九州中心で阿蘇山で58.5mm/hの激しい雨となりました。

飛び出す雲 (長崎県大村市)

飛び出す雲 (長崎県大村市)

大気不安定 (長崎県諫早市)

大気不安定 (長崎県諫早市)

日本海に低気圧発生

日本海に低気圧発生

気圧配置の大勢に変化はありませんが、
西日本ほど夏の高気圧に覆われて、気温が上がっています。

関東地方もようやく陽射しと青空がのぞいてきました。
北東気流によるぐずつき天気は少しずつ解消に向かっていますが
涼しい空気はまだ本物の夏ではなく「梅雨明け」とはいかないようですね。

夏空の長崎港

夏空の長崎港

ちゃんぽん

ちゃんぽん

台風2号が発生

台風2号が発生

「大暑」となった昨日、北陸地方では平年より2日早く梅雨明けしました。

西日本は夏の太平洋高気圧が主役の座についており、
梅雨明け以降は夏空が続いています。
今週末も暑さが厳しく、所により猛暑日となりそうです。

一方、東日本は冷たい空気を持ったオホーツク海高気圧の支配下で涼しい陽気が続きます。
天然のクーラーはよいのですが、山にせき止められて雲が多い天気となります。

この構図はいつまで続くのか、ですが
オホーツク海高気圧の居座りは来週中旬にかけて続き、
関東や東北地方の梅雨明けはもう暫くおあずけとなりそうですね。

ひさびさの同期会

ひさびさの同期会

北の高気圧まだ優勢

北の高気圧まだ優勢

日本海に中心を持つ高気圧は、オホーツク海気団の出身。
関東~東北の太平洋側には涼しい北東の風が流れ込み、
上空の寒気もあって特に関東は1日しとしと雨が続いてしまいました。
関東・東北の梅雨明けはもう少し後ろにズレ込みそうですね。

この低層の涼しい空気は中部山脈は越えられず、
きょうも西日本の各地は夏の暑さが厳しくなりました。

正午の気温分布で色別れ

正午の気温分布で色別れ

お台場も冷たい雨

お台場も冷たい雨

地球プレート

地球プレート

北の高気圧優勢

北の高気圧優勢

日本海に中心を持つ高気圧が優勢で、
北から乾いた涼しい空気が流れ込み、東日本は雲が多めとの予報でしてたが
日中は予想に反して青空が広がり、思いのほか暑くなりました。
その分夕方からは雨雲が発生、夜は雨がぱらつきました。

思いのほか晴天 (茨城県土浦市)

思いのほか晴天 (茨城県土浦市)

夕方は不安定 (東京都港区)

夕方は不安定 (東京都港区)

乾いた高気圧優勢

乾いた高気圧優勢

きのうは、九州〜東海地方で梅雨明けが発表されました。
九州南部が平年より4日遅く、九州北部と四国でほぼ平年並み、
中国・近畿・東海地方で3日早くなりました。
夏の太平洋高気圧が西日本中心に張り出して、週末にかけて暑い夏空が広がる見込みです

一方、梅雨明けが見送りとなった東日本は、
北のオホーツク海高気圧から吹き出す冷涼な空気の影響下になる日があり、
幾分雲の多い天気となりそうです。

しかし、きのうきょうは都心でも真夏日で、暑さが厳しくなりました。

都心は夏空

都心は夏空

都心方面でモクモク

都心方面でモクモク

夏の高気圧 勢力拡大

夏の高気圧 勢力拡大

北日本で悪天

北日本で悪天

梅雨前線は本州の南岸に停滞中も活動は小康状態。
所々でにわか雨となったものの、大きな天気の崩れはなく
連休中日はまずまずのお出かけ日和となりました。

曇天下のお祭り

曇天下のお祭り

前線位置変わらず

前線位置変わらず

昨夜関東地方に激しい雷雨をもたらした上空の寒気(-6℃)はきょうも居座わり
大気の状態はきょうも非常に不安定で、午前中から多数の雷雲が涌きました。
千葉県市原市では1時間100ミリの猛烈な雨を解析し、
横浜でも81.0mm/hの観測史上3位の猛烈な雨となりました。

局地的な非常に激しい雨や落雷、突風、河川の増水や低地の浸水等には警戒です。

11時千葉県で記録的短時間大雨
市原市付近で約100ミリ

あさから雷雲増殖

あさから雷雲増殖

近所の川も増水

近所の川も増水

業界団体の懇親会

業界団体の懇親会

寒冷低気圧居座る

寒冷低気圧居座る

日本海には寒気を伴った低気圧が居座り
全国的に大気の状態が非常に不安になりました。

西日本や東日本を中心に雷雲が発達し
関東南部も夕刻は激しい雷雨が帰宅の足を直撃しました。
茨城県常総市で63.5mm/h、つくば市で57.0mm/hなど。

帰宅の足を直撃

帰宅の足を直撃

寒気を伴う低気圧

寒気を伴う低気圧

梅雨前線の活動は西ほど活発な状態は変わらず
黄海~朝鮮半島付近の寒冷渦の南東象限にあたり九州地方を中心に雨雲が発達、
熊本県八代市で68.5mm/hなど局地的に非常に激しい雨となりました。
高気圧はまだ力不足でまだ梅雨明けの気配は感じられませんね。

折れ曲がった前線は関東にもかかり、都心も一日曇天。
時折雨がぱらつく天気となりました。

すっきりせず

すっきりせず

歓迎会と暑気払い

歓迎会と暑気払い

九州北部で激しい雨

九州北部で激しい雨

きょうは梅雨前線がかかる九州や中国地方で強い雨。
その他近畿以東は高気圧の圏内で夏の青空、
群馬県館林市で37.0℃、京都で35.9℃など猛暑となりました。

晴天の都心

晴天の都心

九州は強い雨

九州は強い雨

きのう九州南部に猛烈な雨を降らせた雨雲は美始平堂。
けさは紀伊半島に発達した雨雲がかかり、和歌山県内で猛烈な雨となりました。
関東地方も夕方まで雨が残り、すこし肌寒い陽気となりました。

06時30分和歌山県で記録的短時間大雨
白浜町付近で約120ミリ
田辺市田辺付近で約110ミリ

関東は雨模様

関東は雨模様

低気圧周辺で激しい雨

低気圧周辺で激しい雨

きょうも各地で猛烈な暑さとなり、山梨県勝沼市で38.8℃!!
東京都心も今季最高の36.7℃で、昨日の涼しさから一転の猛暑で堪えます。
この暑さ、遠くにある台風1号が高気圧をパワーアップさせているのも一因で
関東甲信は山越えの気流でフェーン現象が起きたのも昇温の理由です。

さて海水面温度が高い地域を移動してきて
猛烈な勢力(いわゆるスーパー台風)に発達した台風1号は、
今夜はじめに先島に最接近、直撃を受ける台湾の被害が心配です。

沖縄~奄美にかけては台風外側の湿った空気による積乱雲群で激しい雨となりました。

都心は猛暑晴天

都心は猛暑晴天

目がくっきり

目がくっきり

関東はフェーン型で昇温

関東はフェーン型で昇温

オホーツク海の高気圧がせせり出て
東日本の太平洋側は冷涼の空気に覆われ、しのぎやすい1日でした。

一方の西日本はきょうも灼熱サウナの中で、多治見と京都で37.0℃は全国トップ
大阪で36.3℃、宮古島(下地島)の36.1℃は観測史上最高を記録。

どんより小雨

どんより小雨

北東気流

北東気流

太平洋高気圧が勢力を拡大し前線は日本海へ北上。
ただしまだ梅雨明けの発表とはなりません。
きょうも山梨県勝沼市で37.9℃、京都や甲府でも猛暑日となりました。

東・西日本は前線の南側ということで午前中から各地で大気が不安定。
関東南部も含め各地で激しい雷雨となりました。

猛烈な暑さ

猛烈な暑さ

夕方から天気急変

夕方から天気急変

四日市で竜巻目撃

四日市で竜巻目撃

関東も激しい雷雨

関東も激しい雷雨

高気圧パワーアップ

高気圧パワーアップ

今年はこれまで台風がひとつも発生していませんでしたが、
きょう9時にカロリン諸島近海で台風1号が発生しました。

過去最も発生が遅かったのは1998年7月9日で、
今年はそれに次ぐ歴代2番目に遅く発生した台風ということになります。
ちなみに1998年は発生数も16個と少なめになりました。

日本海側に停滞する前線に向かって、南から熱い空気が流れ込み、
都心でも今シーズン初めての猛暑日となりました。

【高温注意情報】
東京、埼玉、神奈川、山梨、静岡、三重、大阪、和歌山、愛媛、香川、徳島、沖縄

【各地の気温】
三重県尾鷲市 38.5℃ (14:09) [観測史上1位の値を更新]
山梨県大月市 37.3℃ (15:18)
東京都練馬区 36.7℃ (14:35)

進路は高気圧の勢力次第

進路は高気圧の勢力次第

日本海側で激しい雨

日本海側で激しい雨

前線上の低気圧が日本海へ進み、まとまった雨雲が北日本へかかり
北海道や東北を中心に強い雨となりました。

これらの前線や低気圧に向かって南風が強く吹き込み、
フェーン現象が起こり日本海側の各地で気温が大幅に上昇。
石川県金沢市、富山県高岡市では37.0℃の猛暑日を記録しました。

夏空

夏空

富士山もばっちり

富士山もばっちり

北日本で強い雨

北日本で強い雨

早くも1年の折り返しになりました。
そして富士山は待ちに待った山開きということで、山中湖畔も人が多めでした。

きょうも鹿児島県阿久根市では77mm/hの非常に激しい雨。
また北関東でも雷雲が沸いて栃木県大田原市でも67.5mm/hを観測しました。

社内研修

社内研修

晴天の山中湖畔

晴天の山中湖畔

梅雨前線の影響により、きょうも九州南部で激しい雨となりました。
その他の地方はまずまずの天気、関東も天気の崩れはありませんでした。

ほうとう鍋

ほうとう鍋

はちみつ製造中

はちみつ製造中

本州南岸に停滞

本州南岸に停滞

西から再び前線の活動が活発化し、九州では昨日に引き続き激しい雨となりました。
土砂災害が起こりやすくなっているので警戒が必要です。
関東は曇り空で気温は控えめですが、湿度が高くてムシムシしました。

どんより都心のお濠

どんより都心のお濠

西日本で活発化

西日本で活発化

東日本や北日本ではきょうも梅雨の晴れ間となりましたが
西から前線が北上し、活動が活発化してきます。
九州から雨が降り出し、夜には雨脚が強まりました。

青空に浮かぶ積雲

青空に浮かぶ積雲

西から再び北上

西から再び北上

きょうは前線が南海上へ南下、梅雨の中休みでお出かけ日和でした。
一方で、夏空の続いていた奄美や沖縄でぐずつき模様。
また上空の寒気の影響で、本州内陸部の所々で雷雲が涌いてにわか雨となりました。
あすはまた西から梅雨前線が北上し、活発化してきそうです。

束の間の青空

束の間の青空

前線南下でお休み

前線南下でお休み