BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

低気圧の通過により東~西日本の広い範囲で雨。
寒気は後退したままで雪ではなく雨の所が多くなりましたが
陽射しがない分気温のあがり方も鈍く、東京都心は9℃止まりでひんやりでした。

広範囲の雨雲

低気圧通過

南海上に中心をもつ高気圧から暖かい空気が流れ込み、
東京都心の最高気温は13.7℃で3月中旬の陽気。宮崎では20℃超え。
ただし天気は西から下り坂で、九州北部や山陰では夜に入って雨が降りだしました。

ポカポカ晴天

西から下り坂

前線が通過して北日本~北陸にかけては午後から雨や雪となりましたが
比較的暖かい空気が流れ込み、北海道でも湿った雪。

その他の地域は高気圧に覆われて大体晴れましたが
朝晩は放射冷却で冷え込みが強まりました。
東京-1.1℃、名古屋-0.7℃、大阪-0.5℃など各都市揃って冬日に。

冬晴れで冷え込む @大阪堂島

北日本で天気崩れ

北陸各地を中心に大雪をもたらした最強寒気はようやく東へ後退
日本海側各地の雪雲もようやく少なくなりました。

あすにかけて移動性高気圧に覆われて穏やかに晴れるところが多くなり
あす以降は徐々に気温も上向いてきそうです。

きょうも快晴 @新横浜

東京の気温推移

ようやく冬型解消へ

北陸には新たに低気圧が発生し、寒気流入が強化。
北陸や山陰では再び降雪が強まり、金沢で62cm、高岡で85cmの積雪。

また今朝は全国的に冷え込みが強まり、都心は2日連続の氷点下。
横浜や千葉でも冬日となり、今シーズン1番の冷え込み。

北陸でさらに積雪増

北陸~山陰は寒気持続

西日本や北日本の上空には今冬一番の強い寒気が流れ込み、
北陸から九州にかけての平野部で里雪型の大雪となりました。

特にJPCZといわれる雪雲の列がかかり続けた北陸地方で昨夜から降雪が強まり、
新潟市80cm、氷見市69cm、富山市60cm、金沢市46cm、米子市19cmの積雪
新潟、石川、福井、熊本天草などに大雪警報が出されました。

交通マヒの新潟市内

横浜はきょうも冬晴れ

最強寒気は西から解消へ

北日本上空に-42℃の強い寒気が流れ込み、北陸から九州の平野部で大雪。
金沢市で32cm、米子市で15cm、長崎で9cm、熊本で3cmなど。
新潟、石川、熊本天草などで大雪警報

新潟市内は14時→15時に14cm積雪増で、半日で40cmの豪雪。
新潟県三条市ではJR信越線が立ち往生し600人が閉じ込めの被害。
新潟県東蒲原郡阿賀町津川で88cm/日の大雪。
金沢市では電波塔への落雷でTVの視聴が出来なくなる影響も。

関東は冬晴れ

今冬最強クラスの寒気

JPCZが能登半島を指向

寒冷Lで寒気ピーク

きょうは冬型の気圧配置が強まり、西日本にも強い寒気が南下。
九州にも雪雲がかかり、鹿児島や宮崎でも初雪を観測しました。
週末にかけて強い寒気が入り続けるため、西日本平野部でも大雪に対する備えが必要です。

【初雪】鹿児島(平年比+8日)、宮崎(-11日)

九州南部にも雪雲進入

低気圧猛発達

北海道付近で低気圧が急発達し、冬型の気圧配置に移行。
暖かい空気が残り、関東は日中気温があがり東京都心は16.0℃。
千葉県鴨川市は18.8℃で4月中旬並みの陽気となりました。

カルガモさんも日向ぼっこ

低気圧発達で冬型へ

南北に連なる気圧の谷が西から東に移動。
東~西日本の広い範囲であいにくの雨となりました。

南からの暖気で大気の状態が不安定で、南岸沿いでは局地的に雨脚が強まり
高知県土佐清水で47mm/h、夜には千葉県房総でも20mm/h超え。

あいにくの曇天

広範囲で雨

三段構えの気圧の谷

きょうは北海道で雪が残ったものの、冬型は次第に解消。
終日雨の沖縄を除いて移動性高気圧に覆われて穏やかに晴れたところも多くなりました。
西からは気圧の谷が近づき、夜には九州から雨が降りだしました。
この後面から流れ込む寒気もかなり強烈なようです。

上層雲のみ

西から気圧の谷

四国の南海上を低気圧が進み、西日本中心に天気が崩れました。
熊本、大分、四国の内陸山沿いでは気温が低く雪となりました。

低気圧は寒気に抑え込まれて陸地から離れて進んだため
関東には雨雲はほとんどかからず済みましたが、
都心は日中6.4℃までしかあがらず、底冷えの一日でした。

陽射しはお休み

西日本南岸で雪や雨

あけましておめでとうございます。
年末年始はインフルエンザで倒れておりまして更新お休みでした。

きょうは寒気移流が再び強まり、日本海側には雪雲がびっしり。
新潟・福島の内陸部では降雪も強まり80cmに達したところも。
東京都心は終日快晴も最高気温は8.6℃で、北西の風18.9m/sは体感的には極寒。

澄んだ夕暮れ

冬型ピーク

きょうは低気圧が日本海を進み、年を跨いで寒気をリセット。
冷たい空気が居座る関東地方は陽射しなく底冷えの1日となり、都心の最高気温は5.4℃。
けさは東京都心で平年より3日早く(昨年より37日遅く)初雪を観測しました。

東北日本海側で雨や雪

低気圧が東進

クリスマスから1週間続いた北陸や東北の雪ですが、ようやく降り止みました。
あすは低気圧や前線が日本海を進むため、あす大晦日はいったん雨となりますが
その後は再び冬型の気圧配置となり、新春寒波としてリセット予定。
再びしぐれて雪が続いてしまいそうです。

ひと足先に雨 @上海市内

西から緩む

寒冷渦の動きは遅く、北日本は等圧線が混んで年の瀬寒波に覆われたまま。
北陸から北の日本海側では今日もしぐれ模様で雪や雨となりました。

きょうは特に東北南部や関東北部で風が強まり、
栃木県那須高原で27.1m/s、福島市や宮城県白石市で24.9m/sなど。

雪を纏う南アルプス

混合層が黒い @中国広州

しぶとい寒冷渦

きょうも北海道の北にある低気圧はほとんど動かず
北日本の等圧線は混雑したままで沿岸部を中心に強い風が続きました。
太平洋側は冬晴れですが、10℃に届かないところも多く、寒さは続きます。

冬晴れ続く

北日本で影響長引く

低気圧の発達ピークは越えるも、北海道の北でほぼ停滞したまま。
北陸から北の日本海側では雪雲がびっしりで、山沿い中心に積雪が大幅に増量。
群馬県みなかみ町藤原では24時間降雪量が100cm、新潟県湯沢町も90cmを超える豪雪。
仙台市内も断続的に雪となり、昼過ぎに4cm積もりました。
東北新幹線はポイント故障で運転見合わせ、山形道では事故で100台立ち往生など。

低温続く

低気圧動き遅く

オホーツク海で猛発達した低気圧の影響で、北海道や青森県などで被害が相次ぎ
高波により留萌港の灯台が倒壊したほか、強風により転倒するなどして10数名がケガ。
名寄市の国道では3か所で車の衝突事故があり、一時100台近くの車が立ち往生。
航空機やJRも運休・欠航するなど交通機関に影響が出ました。

太平洋側も一部で雪雲が吹き抜け、名古屋や仙台などで雪となりました。

【各地の最大瞬間風速】
1 北海道 日高地方 えりも岬 39.7m/s 西 (14:14)
2 北海道 釧路地方 釧路 34.8m/s 西南西 (13:46)
3 山形県 飛島 33.2m/s 西北西 (19:33)

太平洋側で冬晴れ

焼肉の忘年会

台風並みの948hPa!!

関東の雨は朝までに止んで陽射しが戻り
日中は東京都心で15℃まであがってポカポカ陽気となりました。

北日本は暴風となり、えりも岬では41.5m/sを観測。
暖気で一度気温があがった北海道も昼過ぎから再び氷点下に下がり、風雪が強まりました。

天気回復の木漏れ日

急速に発達

気圧の谷が近づき、西から天気は下り坂。
昼過ぎから九州で雨が降り出し、夜には近畿や東海にも広がりました。

暖気が流れ込み北海道でもプラス気温に急上昇、
東京は日中10℃そこそこでしたが、夜遅くに最高気温となりました。
あすは低気圧が猛発達し北日本では荒れ模様となりそうです。

穏やかな天気

西から下り坂

移動性高気圧に覆われて東~西日本では陽射したっぷり。
でも冬至なので、夕方17時前には暗闇になってしまいました。

東北の日本海側は気圧の谷となりましたが
上空の寒気は弱まっているため、日中は雪ではなく雨が主体となりました。

快晴の広島市内

中国山地に積雲の影

時間がなかったので機内開封

東北地方は気圧の谷

きょうはさらに冬型が緩んで寒気が後退。
北海道の一部を残して日本海側の雪雲はほぼなくなりました。
ただ放射冷却の影響で朝晩の冷え込みは強まり、北海道の陸別町で-24.5℃など。
高松、山口、熊本などでも冬日となりました。

新幹線の車窓

関ヶ原付近の雪雲

イルミネーション (広島 平和通り)

西から移動性高気圧

まだ上空には真冬の寒気(850hPaで-6℃)が居座っていますが
寒気のピークは越えて日本海側の雪雲も少なくなりました。
太平洋側の各地は穏やかに晴れて、日中ひなたでは温もりを感じました。

一面ひつじ雲

冬型緩む

日本海にある寒気を伴った低気圧の影響で、大気の状態が不安定に。
山陰~東北日本海側の各地では降水が強まり、寒気がリセットされました。

関東には低気圧に向かって暖かい空気が流れ込み
東京都心は12.8℃まであがり、ほんのすこし寒さが和らぎました。

都心青空 寒さ和らぐ

片積雲

日本海Lで寒気塗り直し

けさは東京都心で気温が-0.2℃まで下がり、今シーズン初めての冬日。
東京や銚子では初氷を観測しました。

北陸から北の日本海側では雪や雨が続きますが、
気圧の谷の接近の影響か、雨雲の流れが西南西→東北東方向に。
大気の状態は不安定になり雲が発達傾向なのて、雷や突風に注意が必要です。

日本海側 再び雪雲びっしり

風はすこし和らぐ

きょうは冬型の気圧配置で寒気のピーク。日本海側の各地は雪が降り続き
新潟県上越や長野北部では24時間降雪量が60cm、金沢市では午前中だけで30cmの大雪。
鳥取市はけさ16cmの積雪を記録し、日中の最高気温も1.7℃止まり。
関東は冬晴れとなりましたが、北風が強めに吹いて体感的にはかなり寒く感じました。

【初雪】 宇都宮(平年比-1日)

寒風吹きすさぶ

冬型の気圧配置

きょうは北日本を低気圧が通過し、朝方にかけて道内各地で降雪。
新千歳空港を発着する便に一部乱れがでました。
このあと再び西から強い寒気が流れ込み、日本海側は雪雲がびっしりとなりました。

寒気移流がワンテンポ遅れる関東は寒さが緩んで、
横浜では16.2℃まであがりポカポカ陽気。

関東は崩れなし (東京ビッグサイト)

冬型に移行

日本付近の冬型の気圧配置は依然として続くものの
寒気のピークは過ぎつつあり、日本海側の雪雲も少なくなってきました。
きょうは神戸や津で初雪を観測しました。

【初雪】 神戸(平年比-6日)、津(-8日)

霧島新燃岳の眺め

巻雲と尾流雲 (鹿児島空港)

冬型の縦縞が続く

最強寒波はきょうがピークで日本海側で雪が降り続きました。
新潟の津南町で50cmを超えるなど内陸部中心に大雪となりました。
出張先の鹿児島でもけさは初氷を観測しました。

【初雪】 京都(平年比-2日)、名古屋(-7日)、奈良(-6日)、彦根(±0)

寒気の雲列@伊勢湾上空

冬晴れの桜島

大雪目安の-36℃が貫入

さらに冬型強まる

きょうは西高東低の冬型の気圧配置が強まり、寒気の流れ込みのピーク。
東北~山陰の日本海側を中心に雪となり、
福島や福井・岐阜など本州内陸部を中心に降雪量が多くなりました。

【初雪】 徳島(平年比-9日)、和歌山(-7)

寒気の雪雲びっしり

強い冬型で寒気ピーク

きょうは北日本を低気圧が通過し、冬型の気圧配置に移行。
西日本にはシーズントップクラスの寒気が流れ込み、
岡山では平年より7日早い初雪となったほか、
また夕方には島根県松江市では33.9m/sの突風を観測しました。

関東は暖かさが残り、都心は16℃まで上昇。沿岸部では南西の風が強まりました。

北海道も天気回復

ようやく全貌現す

発達して北日本通過

きょうは前線を伴った低気圧が日本海に進み、西から天気は下り坂。
西日本を中心に雨となり、夜には東北や北海道でも雨や雪が降り出しました。

北日本や関東などでは一時的に昇温し寒さが緩みますが
低気圧の後面からは一段と強い寒気が流れ込み、全国に寒い一週間となりそうです。

パウダースノーと羊蹄山

洞爺湖も神秘的

西から気圧の谷が接近

気圧の谷が通過したあと、日本付近には再び強い寒気が流れ込んでいます。
南岸の低気圧と寒気の影響で関東地方は終日陽射しはなく
夕方は北風で気温が一気に下がり、みぞれ一歩手前の冷たい雨。
東京都心は今シーズンはじめて最高気温が10℃を下回りました。

山陰地方の山沿いや札幌周辺にも発達した雪雲がかかり、まとまった雪となりました。

【初雪】長崎(平年比-11日)

関東も雨雲が増殖

気圧の谷通過後は寒気流入

けさは放射冷却が強まり、各地で今季一番の冷え込み。
京都、名古屋、岡山、高知などで初氷を観測しました。
東京都心も2.8℃まで気温が下がり、日中も風が冷たい1日でした。

冬晴れと銀杏 (東京 西新宿)

冬型すこし緩む

大陸の寒冷渦に巻き込むように、西回りで強い寒気が南下。
西日本一帯も-6℃以下の寒気に覆われて、中国や九州地方各地で初雪となりました。
【初雪】広島(平年比-6日)、鳥取(0)、松江(0)、高松(-18日)、下関(-7日)
    福岡(-10日)、佐賀(-15日)、熊本(-18日)、大分(-16日)

寒気の流れ込みがワンテンポ遅い関東は日中の寒さはひかえめ。
ただ夜には急激に冷えてあすは寒くなりそうです。

黄金色鮮やか (東京九段坂)

冬晴れの新宿

西回りで真冬の寒気

昨日より寒気はすこし後退も寒さは持続。
しかし日中は陽射したっぷりで、ひなたではポカポカ陽気でした。

今夜弱い気圧の谷が通過し、あすからは再び強い寒気が南下してきて
今週も低温飛行が続いてしまいそうです。

気持ちよい快晴 (荒川自然公園)

寒気流入持続

師走に入り今年も残り1ヶ月とは早いものです。

11月としては季節外れの寒気はきょうも北日本に居座り
北海道はきょうも全地点で冷凍庫の真冬日となりました。
日本海側は北海道~九州までシグれて、北陸などで冷たい雨や雪。
関東も朝まで雨が残り雲が多め、東京都心の最高10.2℃はお正月頃の寒さでした。

昼から晴れ間も (東京大手町)

都心ビル群のいちょう並木

北日本は寒気の中

北日本は冬型の気圧配置で、強い寒気が流入。
北海道内はほぼ全地点で真冬日となり、11月としては異例の寒さとなりました。

東・西日本は寒気の影響はそれほどではないのですが
南岸に停滞する前線の影響で雲が多くぐずついた天気となりました。

都心もぐずつき気味

北日本中心に冬型

低気圧が発達して接近し、北日本は風強く荒れ模様の天気。
寒冷前線が通過した東北~九州北部の日本海側も雨になりました。
前線南側の暖気エリアで関東はポカポカ陽気、都心は19.2℃まで上昇。
しかし北日本には強烈な寒気が流れ込みはじめ…

福岡はあいにくの雨

寒冷前線通過

きょうは移動性高気圧が退散し、北日本には低気圧が近づきます。
この低気圧に向かって南からは暖かい空気が流れ込み、全国的に気温上昇。
特に西日本は気温が20℃を超えて、ポカポカ陽気となりました。

色づき最盛期

高気圧後面の暖気場へ

きょうは北日本を通過する低気圧から延びる寒冷前線が通過
日本海側を中心に雨や雷雨で秋田などでは落雷被害も。
前線の南側にあたる関東南部は南西の風が強まり、寒さはひと段落。

強風下のレンズ雲様

前線通過

きょうは冬型が緩んで強い風はおさまりましたが、
冷たい空気は残っているため、日中陽射しはあっても体感的にはひんやり。
平年よりは気温が低い状態が続きます。

きょうも冬晴れ (大阪府枚方市)

西から移動性高気圧

等圧線は縦じま模様の冬型の気圧配置となり
日本海側の各地でシグレて雨や雪となりました。
(福井で平年より8日早い初雪を観測)
全国的に沿岸部では西寄りの風が強く吹き、体感的にはかなり寒く感じました。

冬晴れで青が濃いめ(新横浜駅)

西高東低の冬型

関東南部は朝方まで強い雨となりましたが、昼頃には止んで天気は急速に回復。
陽射し回復で気温もあがってぽかぽか陽気となりました。

西高東低の冬型の気圧配置に変わり、また強い寒気が流れ込んできました。
午後からは北陸や東北の日本海側でシグれて冷たい雨となりました。

色づく宍道湖に寒気の雲

寒気吹き出しの雲列 (房総半島沖)

低気圧通過後は冬型へ

東京都心はけさは3.2℃まで下がり今シーズン1番の冷え込み。
日中も雲が多く最高気温11.2℃はクリスマス前頃の陽気でした。

きょうは西から気圧に谷が接近し、西日本は昼前から雨。
夕方には東日本や北日本にも雨域が広がりました。

天気崩れの前触れ

雲が垂れ込める (鳥取県江府町)

2段構えで低気圧通過

日本列島には季節外れの強い寒気が流れ込み
けさの東京都心の最低気温は3.6℃。東北以北は軒並み氷点下で冬日に。
11月中旬に気温が3℃台になるのは36年ぶり。
また北陸は大気の状態が不安定で、発雷も多数あり。

陽も短くなりました

寒気の波状攻撃

日本付近は西高東低の冬型の気圧配置に変わり、
北日本には真冬並みの強い寒気が流れ込みました。

東北南部や北陸でも平年より早い初雪を観測し、
小樽で33cm、札幌でも29cmの積雪を記録しました。

【初雪】富山(平年比-13日)、、金沢(-10日)、新潟(-5日)、福島(-7日)、仙台(-5日)

北海道には大雪クラスの寒気も

秋晴れでなく冬晴れ

強い冬型に移行

日本海と本州南岸を2つの低気圧が挟みうちで通過。
日本海側と太平洋側の各地は雨雲に覆われて
陽射しがない分ひんやり感じられました。

低気圧通過後は強い寒気が流れ込み、北日本では夜から本格的な降雪となりました。

山を越える雨雲(南足柄市)

W低気圧で全国的にぐずつき

西高東低の冬型の気圧配置となり、北日本中心に寒気が流れ込みました。
北海道の倶知安で16cm、青森県八甲田酸ヶ湯で19cmの積雪となり、
東北地方の平野部でも初雪となりました。

あす朝は東日本の山岳部で路面が凍結し、
かなり冷え込みそうですので暖かくしてお過ごしください。

【初雪】青森(平年比+10日)、秋田(+3日)、岩手(+8日)、山形(-2日)

寒気の雲

冬型で寒気流入