BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

台風13号は沖縄の北西海上をゆっくり東よりに進み、
あす以降九州・四国に接近する予想となっています。

現在は形もくずれ衰えてきていますが、
湿った空気を大量に伴っていることには変わりなく、
台風前面を取り巻く発達した雨雲がかかる奄美や沖縄では激しい雨のおそれがあります。

台風の動きが遅いため、進路にあたる地方は、
台風の勢力に関係なく広範囲で大雨に警戒しなくてはなりません。
あまりいい表現ではないのですが、

くさっても台風

なのです。油断できません。

衰弱中の台風13号(赤外衛星画像04:30 気象庁HP)

衰弱中の台風13号(赤外衛星画像04:30 気象庁HP)

(補足) ↑ よーく見ると中心左側の渦巻きも見える。

発達中の台風13号(赤外衛星画像18:30 気象庁HP)

発達中の台風13号(赤外衛星画像18:30 気象庁HP)

↑ 「×」は中心位置
衰弱時は中心付近の雲の発達、円形度、左右対称性が崩れているが
(再)発達時はいずれもまとまりがある。

現在、台風の中心気圧は雲の形を見て決められている(ドボラック法)のだが、
容姿によって機嫌や元気さも凡そ窺い知ることができるのは興味深い。
バランスの乱れは体調悪化の元凶、顔色や肌つやなどの外見変化で体調がわかる人間と同じだ。

No Comments :(