BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

台風18号は昨夜21時に日本海で温帯低気圧に変わりましたが、
栃木県内は南から湿った空気の流れ込みが続き、
24時間雨量が550mmを超えるなど記録的な大雨になりました。

0:20に栃木県に大雨特別警報が発表された後も雨が降り続き、
けさ07:45には茨城県にも発表が追加されました。
茨城県常総市や古河市では鬼怒川の越水や堤防の決壊が相次ぎ
広範囲で浸水となり救助要請が多発しました。

関東で大河川の堤防が決壊したのは、
昭和61年8月に台風10号で小貝川が氾濫した以来になります。

==================================================
記録的な大雨に関する栃木県気象情報 第1号
平成27年9月10日00時20分 宇都宮地方気象台発表
00時20分に大雨特別警報を発表しました。
栃木県では、これまでに経験したことのないような大雨となっています。
最大級の警戒をしてください。
==================================================

【24時間最大降水量】
1 栃木県 五十里 551.0mm (06:30) [観測史上1位の値を更新]
2 栃木県 今市 541.0mm (06:20) [観測史上1位の値を更新]
3 栃木県 鹿沼 444.0mm (06:00) [観測史上1位の値を更新]

【72時間最大降水量】
1 栃木県 今市 639.0mm (11:50) [観測史上1位の値を更新]
2 栃木県 五十里 617.5mm (21:10) [観測史上1位の値を更新]
3 栃木県 土呂部 561.0mm (21:00) [観測史上1位の値を更新]

非常に危険な状態

非常に危険な状態

茨城県常総市の鬼怒川水位

茨城県常総市の鬼怒川水位

水浸しでようやく終結

水浸しでようやく終結

不気味な夕焼け

不気味な夕焼け

湿った空気の流れ込み続く

湿った空気の流れ込み続く

No Comments :(