BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

低気圧が三陸沖に抜けて、冬型の気圧配置。
山陰から北の日本海側は雪や雨で、東北や北陸の内陸部では積雪が30cm上積みとなりました。
太平洋側は冬晴れですが、各地で季節風が強まり、体感的にはかなり寒くなりました。

風が冷たい

北日本で風強め

低気圧の通過により東北の太平洋側でもまとまった降雪となり、盛岡市は積雪が18cmに到達。
一方で、昨日底冷えだった関東地方は昼過ぎから陽射しが戻り、寒さはすこし解消。
最高気温は10℃前後と真冬並みですが、とてもぬくぬく感じます。

寒さ緩む

冬型で寒気移流

南岸低気圧の影響で、西日本は日中から雨、東日本も夕方から雨
関東甲信の内陸部は気温が低く雪となり、前橋で初雪を観測。

首都圏は日中さらに底冷えの寒さとなり、
東京都心は最低1.4℃、最高7.3℃で今シーズン1番の冷え込み。

21時の雨雪分布

太平洋側も冷たい雨

冬型の気圧配置は西から次第に緩み始めて、北陸や山陰の雪は小康へ。
放射冷却により内陸部中心に強い冷え込み。

ワンテンポ遅れて関東も冷え込みのピークを迎え
東京都心のけさの最低気温は4.7℃で今季一番の冷え込み。
また最高気温も8.4℃しかあがらず、こちらも今シーズンで最も寒い1日でした。

ニセコは今日も雪

つかの間の青空

西から緩む

冬型が続き、JPCZの活発な雨雲が北陸や東北にべったり。
東北や北陸の山沿いで積雪が一気に増加し、雪不足のスキー場には待望の雪。
豪雪の常連である青森の酸ヶ湯も110cm超え。
北海道は引き続き冷凍庫の中で、けさは陸別町で-23.3℃の凍てつく寒さに。

【初雪】 福井(平年比+4)、京都(-6)、彦根(-4)

雪雲の壁 @北海道京極町

温度計は-13℃

冬型ピーク越え

冬型の気圧配置が強まり、真冬並みの寒気が流入。
北海道内は終日氷点下の真冬日で、札幌の最高気温は-5.1℃。
東北や北陸では平年よりかなり遅い初雪となりました。

【初雪】 富山(平年比+6)、金沢(+9)、新潟(+14)、福島(+12)、仙台(+14)
    長野(+17)、広島(-3)、鳥取(+2)、下関(-4)

関東も空気ひんやり

西日本にも-9℃の寒気

冬型で寒気ピーク

北日本を低気圧が通過し、秋田市で29.8m/sなど荒れ模様の天気
道内はまとまった降雪となり新千歳空港も一時閉鎖。
西日本にも上空1,500mで-9℃の真冬並みの寒気が流れ込み、松江で初雪。

日中はポカポカ

冬型強まる

9月下旬ころの季節外れの暖かさから一転
低気圧通過後は北風に乗って大陸から冷たい空気が流れ込み
一気に真冬並みの気温へ急降下中。
東京都心の正午の気温は、一昨日22.9℃→昨日17.8℃→きょう10.0℃

あまりの気温差に体調を崩しやすいので、
服装を誤らないように気を付けましょう。

冷たい雨 @東京大手町

低気圧通過

きょうは南から暖かい空気が流れ込んで
徳島市26.7℃、福岡市26.0℃(82年ぶり記録更新)など夏日も続出。
東京都心も22.9℃で上着要らず。
全国の約4割の観測所で12月としての記録を更新。

前線通過時は大気が不安定で、西日本を中心に局地的に激しい雨も。

南西風強まる

前線付近で雨雲発達

寒冷前線活発

移動性高気圧は退散し、西から天気は下り坂。
南から暖かい空気が流れ込み、全国32地点で12月としては各地で記録的な高温。
沖縄県那覇市安次嶺28.3℃、北海道稚内市宗谷岬10.7℃は12月の最高気温を更新。
(ちなみにけさの最低気温は富良野で-14.1℃の冷え込み)

九州南部は大気不安定で雨雲が発達し、宮崎県日南市油津で65.0mm/hの激しい雨。

雲が垂れ込める伊吹山地

雨の神戸市内

九州南部で大気不安定

西から気圧の谷

移動性の高気圧に覆われて全国的に晴天+お出かけ日和。
紅葉も都市部で見頃でいよいよ今シーズンの終盤戦。
高気圧後面の湿った空気の影響で、九州南部や東海沖で雨雲が組織化。
九州や関東地方では雲が多めとなりました。

大阪も暖かめ

移動性高気圧

冬型の気圧配置で北陸から北の日本海側で雨や雪。
太平洋側は晴れて過ごしやすい陽気で、東京は日中17℃でポカポカ陽気。
今シーズンは東京では39年ぶりに木枯らし(~11月)が吹かずに終わりました。

よいお天気

美しい夕焼け

次第に冬型解消