BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

日本海の前線に吹き込む風と高気圧の縁を回る風が合流して
広島市の安佐南区~安佐北区にかけてのエリアでは昨夜20時過ぎから発雷がはじまり
0時過ぎから発達した線状降水帯の停滞により、猛烈な雨となりました。
(広島三入のアメダスで1時間101ミリ、3時間217.5ミリ、何れも観測史上最大)

この時点で「ライン状エコーの停滞」という点で危険な兆候はありましたが、
その後移動したり盛衰もあったりのことだろうと
死者・行方不明者40名余の人的被害になるとは想定だにしませんでした。

つい先日の高山、福知山での局地豪雨災害も同様で
夜間や未明の警戒周知や避難喚起など極めて難しい局面も思いますが
広島市は、長崎や神戸などと並んで丘陵地帯に宅地造成されている
地形特性もあるため被害が大きくなったと言えそうです。

03時30分広島県で記録的短時間大雨
広島市安佐北区付近で約120ミリ
安佐北区上原で114ミリ

かなとこ雲の夕焼け

かなとこ雲の夕焼け

シャープな線状降水帯 (02:00)

シャープな線状降水帯 (02:00)

引き続き大気不安定

引き続き大気不安定

One Comment

  1. […] ちょうど広島豪雨災害から1年となりました。 今年も台風+前線という危険な構図となっていて、まだ大雨災害に油断できない時期が続きます。 […]