BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

きょうは平年より5日早く九州南部で梅雨入りとなりました。
種子島・屋久島地方は断続的に発達した雨雲がかかり激しい雨。
日本海側の各地は陽射したっぷりでしたが、太平洋側は雲が多い天気でした。

曇りがち

梅雨前線が停滞

きょうは北日本に低気圧が近づいて、気温も低く冷たい雨。
また九州南部も梅雨の走りでぐずついた天気となりました。
その他は大体晴れて気温も上昇。山口市32.0℃、京都市31.8℃で熱中症の搬送も。

晴天の広島市内

当社の天気予報 @広島空港

琵琶湖を飛行中

北日本に低気圧

天気は回復するものの、上空の寒気の影響で大気の状態が不安定。
関東は昼過ぎから局地的に雷雲が沸いて激しい雷雨。
一部ではひょうが降ったところも。

浦安市上空を旋回中

のどかな雰囲気 @広島県三次市

夜の打合せ @広島市内

気圧の谷は東海上へ

きょうは低気圧や前線の通過で全国的にぐずついた天気。
西日本は朝から本降りの雨、東京都心は昼前から雨が降りだしましたが、
日中も20℃前後で過ごしやすい1日でした。

どんより雨雲

低気圧が通過

当社の天気予報は曇りベースで予報を出してくるので最近困るのですが
昨日と同様に、北~西日本の広い範囲で爽やかな五月晴れが続きました。

奄美や沖縄では梅雨前線の影響で局地的に激しい雨となり
波照間島で52.5mm/h、鹿児島県徳之島で50.5mm/hを観測しました。

きょうも巻雲ショー

夕暮れもきれい

高気圧ど真ん中

大陸由来の乾いた空気をもった移動性高気圧に覆われて
空気も澄んで視界も良好、新緑が引き立つお出かけ日和。
しかし楽しみにしていたテニスは体調不良によりおあずけ。。

気温も20℃前後で爽やかな陽気。
高気圧の勢力から外れた九州南部~奄美は雨模様。

富士山がくっきり

きれいな巻雲

乾いた移動性高気圧

昨日からの記録的な大雨により、秋田市や大仙市などで雄物川が氾濫。
180戸以上の住宅が浸水し、800haで農作物の冠水被害となった。

寒気を伴った低気圧の影響で、北陸や東北では引き続きぐずつき気味の天気。
盛岡の最高気温は11℃止まりでかなりひんやり。
関東は日中は晴れて、気温もあがり蒸し暑い陽気でしたが、夕方から北風に。

このところの気温差で風邪をこじらせて高熱が出たため寝込んでいます。。

新宿の賑わい

寒気流入の片積雲

北から寒気南下

東北地方で前線の活動が活発化し、秋田県内を中心に大雨。
秋田市内を流れる太平川では氾濫危険水位に到達。

秋田で河川増水

【最大24時間降水量】
1 秋田県 阿仁合 185.5mm (19:10) [5月の1位の値を更新]
2 山形県 小国 167.0mm (05:10) [5月の1位の値を更新]
3 秋田県 男鹿 150.5mm (19:10) [5月の1位の値を更新]

東~西日本は今日もうだる暑さで三重県尾鷲市で33.1℃、
東京都心は27.1℃でも最小湿度が61%で蒸し暑さは上級。
まだカラダが馴化していないので、熱中症には要警戒。

東北で大雨

PM2.5も濃度高め

前線が活発化

北日本の低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み
東~西日本は真夏の陽気でうだる暑さが堪えます。
群馬県下仁田町で33.3℃、同館林市や鳥取県境市で32.6℃など。
また北陸は大気が不安定となり、新潟県佐渡市で43.0mm/hの激しい雨。

北日本 前線南下

南海上に中心を持つ高気圧に覆われて、全国的に穏やかな晴天。
特に九州などでは真夏日地点が多く、大分県日田市や宮崎県都城市で32℃超えの暑さ。
あすも内陸部を中心に気温が上がり30℃に達するところがありそうです。

初夏の陽気 @東京大手町

雷のシンポジウム @気象庁

移動性高気圧

昨日の大雨から一夜明けて今日は天気回復。
川の河口部は濁った水で覆われていました。

気温も上がって鹿児島や甲府で真夏日に。
東京都心も28.6℃まで上昇し汗ばむ陽気でした。

富士川の濁水

知多湾も濁り

淀川も茶変色

大阪香里園に出張

低気圧は東海上へ

西~東日本を通過する前線に向かって湿った空気が流れ込み、大気が不安定。
近畿や東海を中心に雨雲が発達し、大阪府泉南郡で39.5mm/hの激しい雨。
関東も昼過ぎから雨が降りだし、夕方以降は雨脚が強まりました。

昼過ぎからまとまった雨

近畿で激しい雨

夜は関東も激しい雨

前線付近で雨雲発達

高気圧に覆われて、東北の一部を除いて全国的に晴天。
関東はようやく気温が上がり、都心の最高気温は24.6℃。

きょうは稚内と釧路で桜サクラが開花。
2ヶ月経てようやくサクラ前線が終着駅に到着となりました。

天気悪化の前触れ

西から下り坂

高気圧に覆われてきて、西から天気は回復。
ただきょうも東日本上空には-27℃の寒気が残り
大気の状態は不安定で、関東や東北ではにわか雨や雷雨。
都心の最高気温は15.8℃で肌寒さはまだ解消せず。

昼間から雷雲がわく

大阪市内は青空

西から高気圧圏内

連続する南岸低気圧の影響で、関東は朝まで雨が残りました。
上空の寒気の影響もあり、北関東の内陸部では雪化粧のところも。

東京都心は13.9℃までしか上がらず3月半ばの陽気で、
5月に2日連続で15℃以下となったのは10年ぶりの肌寒さ。

きょうもひんやり

再び低気圧通過

天気図上では梅雨前線が今季初めてお目見えとなり
きのうの奄美に続いて沖縄地方でも梅雨入りが発表されました。
前線付近は雨雲が発達し、沖縄の多良間島では72mm/hの非常に激しい雨。

再び前線上の九州南部に低気圧が発生し、東~西日本の広い範囲で雨。
東京は日中14℃台で3月下旬並みの肌寒さ。

きょうも雲はとれず

後続の低気圧

活発な前線の影響で西日本を中心に激しい雨。
熊本県湯前町(球磨郡)では24時間雨量が214.5mmに達し、5月1位の記録。
関東首都圏も夕方は雨脚が強まり、帰宅の足を直撃。
連休期間中の暑さから一転、北東風で15℃台の肌寒さ。

沖縄より早く、奄美地方で平年より4日早く梅雨入り。

帰宅の足を直撃

スマトラ島上空

前線の南で激しい雨

連休最終日は東シナ海から前線や低気圧が近づき、西から雨の範囲が拡大。
湿った空気の流れ込みで九州では夜になって雨脚が強まりました。
北海道はこれとは別の低気圧の影響で終日ぐずついた天気。

九州では雨脚強まる

モンスーン期前で酷暑

西から低気圧が接近

日本海から北日本をゆっくり進む寒冷渦の影響で
北陸から北の日本海側は未明にかけて局地的に雷雲が発達。
東北は昼過ぎまで、北海道は夕方までぐずつきました。

東北や北陸で発雷

アラビア海の夕日

北日本寒冷L通過

春の嵐をもたらした低気圧や前線の後面には
上空5,000mで-27℃の寒気を伴った「寒冷渦」が置き土産。
山陰~北日本日本海側にかけては大気が不安定で所々で雷雨。
関東から西の太平洋側は天気が回復し連休ラストに向けてお出かけ日和。

マレー半島の積乱雲

機上にて

日本海の寒冷渦

低気圧が本州南岸沿いと日本海で発達し、各地で荒れ模様の天気。
雨エリアは次第に北日本に移動も、えりも岬では35.6m/sの暴風。

強風下のレンズ雲

大気不安定下の乳房雲 @千葉県成田市

低気圧発達で荒れ模様

東シナ海から前線や低気圧が伸びてきて、西から下り坂。
前線の南側は大気が不安定で、九州南部は朝から雷を伴い激しい雨。
(宮崎県えびの市で43.5mm/hなど)
関東も夕方からポツポツ降りだしました。

九州南部で雨雲発達

九州に暖湿流

北日本は前線通過後で空気が入れ替わりましたが
関東は暖気が残るところに陽射したっぷりで気温上昇。
群馬県伊勢崎市で30.7℃を記録するなど、関東の内陸部で真夏日。
西から天気は下り坂で九州南部は夕方から雨が降りだしました。

新緑を通り越して夏

暖気残る