BIOWEATHER EXPRESS →>>

Just another Daily SKY Sketch 気象予報士ブログ

寒気による雨や雪の地点もほぼなくなり、全国的に陽射しに恵まれました。
東京都心は14.6℃まであがり3月下旬の陽気。
この気温上昇に伴って、いよいよ花粉が飛びはじめた感じがあります。
西から天気は下り坂で、あすは暖かい雨となりそうです。

白い羽根

移動性高気圧

8日頃から強弱繰り返し続いた一連の寒気はいよいよ終盤へ。
山陰や北陸のシグレはしぶとく残りましたが、夜までにはほぼ収束。
太平洋側は青空が広がり、東京都心は日中10℃を超えて陽射しの温もり。

麗らかな晴天

冬型もようやく最終章

北高型となった関東地方は雲が多く朝から気温上がらず、日中も低空飛行。
当地横浜では正午の気温が1℃で今冬最大クラスの底冷えで、雪もちらほら。
寒気を引き込む気圧の谷の通過により、夜には九州で雨が降り出しました。

厳しい寒さ

すっきり晴れず

北陸や近畿北部まで南下していた上空1500mの-12℃の強い寒気はいったん後退。
冬型の気圧配置は束の間の解消で、日本海側の雪はすこし小康へ向かいますが
東京都心は日中でも8℃台までしかあがらず、空気はひんやり。
あす朝は放射冷却により各地で冷え込みが強まりそうです。

夕焼け

高気圧は移動性へ

日本列島は大まかに見ると冬型の気圧配置が持続し、寒気に覆われたまま。
その中で幾つもの気圧の谷が細切れに通過し、冬型が強弱繰り返し持続している格好。
日本海からはJPCZの雲渦も南下して近畿北部や山陰も雨や雪。

関東もひんやり

冬型が再強化

再び日本付近を気圧の谷が通過で、太平洋側でも再び雨や雪。
気温の低下した朝方に降水が重なり、岡山市で3cm、千葉市で5cmなど。
茨城県には一時大雪警報も発表されたものの、東京都心は降水なし。

午後には気圧の谷は抜けて、冬型の気圧配置に移行。
JPCZも出現し北陸や東北などで雨雲や雪雲が発達しました。

北海道の夕張山系

富良野の街並み

太平洋側も降雪

弱い冬型の気圧配置で、日本海側はしぐれ気味、太平洋側はいったん天気回復。
関東も青空が戻り、東京都心は7.9℃まで持ち直し昨日よりはマシな気温。
朝は昨日の雪が凍結して都内ではスリップ事故の発生も。

関東は天気回復

極寒続く北海道 (支笏湖)

弱い冬型

強い寒気に覆われる中で、日本付近で低気圧が次々発生し通過。
関東も東部を中心に朝から雪となり、千葉市やつくば市で2cmの積雪。
東京都心は午前6時以降日中もずっと0℃台で今冬一番の底冷え。

北海道は記録的な冷え込みとなり、北海道陸別町の最低気温は-31.8℃!!
その他千歳市で-25.4℃、帯広空港で-29.6℃など
道内10地点で観測史上最低の気温を記録。

横浜市内も雪化粧

夕方も雪がちらちら

気圧の谷が通過

冬型の気圧配置に変わり、寒気が流入。東京も真冬の気温に逆戻り。
特に北日本には記録的な強さの寒気が流れ込み、道内7地点で最低気温の記録を更新。
札幌の最高気温は-10.1℃で1979年1月12日以来40年ぶりの低温記録。
ポイント切替えの故障などによりJR運休多数。

正午でも氷点下10℃以下!!

上空1500mに-24℃

うす曇の広島市内

風がひんやり @広島県熊野町

北日本中心の冬型

日本海の前線に向かって暖かい空気が流れ込み、
東~西日本の太平洋側を中心に春の陽気。
東京都心は16.5℃、和歌山県新宮市は21.0℃まであがり上着要らず。
一方で北日本にはかなり強い寒気が流れ込み、全道的に終日冷凍庫の中。

湿った南西風場で霞み気味

日本海から前線南下

低気圧は東の海上に離れるとともに、西高東低の冬型の気圧配置。
北日本を中心に風が強まり、羅臼町で34.7m/s、仙台市でも28.4m/sを観測。
関東は暖かい空気が残り、東京都心は19.4℃まで上がり4月中旬並みの陽気。
暦の上では春の訪れでも、まだ冬が終わるわけではなく…
午後は北風に反転し、夕方以降は気温が急降下となりました。

春の陽気

北日本で猛吹雪

冬型へ移行

日本海の低気圧に向かって暖かい南風が流れ込み、暖かい節分。
静岡、和歌山、徳島などでは15℃超えとなり、3月下旬の陽気。
朝九州で降りだした雨は、夜には東海地方まで広がり、九州では激しい雨のところも。

くらげのような雲

東~西日本で昇温

北日本は等圧線が混み合って風の強い状態が続きましたが
東~西日本は移動性の高気圧に覆われて、スッキリ晴れました。
熊谷市で15.4℃、東京都心12.6℃など日中はポカポカ陽気。

岡山市内も青空

移動性高気圧

昨夜の雪は止んで、関東も朝から青空が広がったものの、
水戸市で3cm、つくば市で1cmなどの積雪。
成田空港では着陸機が誘導路で滑って脱輪というアクシデントも。
冬型の気圧配置が強まり、北日本中心に風が非常に強まりました。(羅臼町で30.0m/)

茨城方面で積雪

南アルプスと八ヶ岳

鳥取も標高300m以上で雪化粧

冬型強まる